タイドバイブスコアから学ぶスナップをアイに繋げやすくする方法

20151228tp11

タイドバイブスコア”のアイは、スナップの繋げにくさがレンジバイブの中でもトップクラスだと思う(不名誉)。

四苦八苦したものですが、同じようなやり方を紹介されてた方がいたので便乗してみる。

スポンサーリンク

スナップを通すのではなく、引っ掛ける発想

タイドバイブスコアの嫌らしい所は、スナップが大きすぎてもダメ、小さすぎてもダメな所。

「通しにくいぞチクセウ」とお悩みの方、スナップの”ひっかける部分”の膨らみから入れようとしていませんか?

20151228tp112

タイドバイブスコアは、ここから入れようとするとまず入りません

他のルアーでも汎用できるオススメのやり方は、スナップを”棒”と考え、ひっかける先からアイに通していく方法。

20151228tp113

ここがアイにぶっすり行けば、ぐるっと回して針金を通していく感覚でするするーっと入っていきます。

先のサイト同様に、”知恵の輪感覚”が表現としては適切。

先っぽさえ入ればアジングに使うような小型のジグヘッドでも、容易に通せるようになるのでお試しあれ。

この方法であれば、スナップの形状は特に制限はないですが、軸が通らない物は無理です。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

タイドバイブスコアから学ぶスナップをアイに繋げやすくする方法
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク