これが爆風?俺にはそよ風だね(震え声)in渥美サーフ

20151230tp10

納竿行こうぜー!」と友人をそそのかして、初の浜へと降り立つ。

いや……それにしても、風強くね?

スポンサーリンク

鳥山はあるけど魚はどうだろう

あまりにも風が強かったら大アサリを食べて帰ろうというスケジュールで、渥美半島へと行ってもらった。

転々と状況を確認しながら、多少なりとも可能性がある場所でやろうと、朝マズ組が帰る頃にでっぱつ。

昼前くらいに赤羽根港からちょっと離れた所で海を眺めると、港近くで鳥山──というか”群”がテンション高めでバッサバッサしていた。

今までに見たことのない鳥の量で(カモメでは)、否応なしに2人してテンションうなぎのぼりだけど、近くで見ても魚が突き上げている感じではなかった。

かなり浅い場所なので、返りシラス程度の小魚を岸へ追い込んで食っている模様。

とりあえずキープということで、別の場所を見てみることに。

恋路ヶ浜手前の展望で、堀切辺りでも鳥山が出来ていることに気付く。

ちょうどやってみたかった場所なのでココにしよう──ということで、今年最後(になるかも)の浜イン。

風は北西からの8m以上ってところ。

北西になることは予測済みで、誤算だったのは6mを超えてくれたという所。

天気図を見た限りで午後から多少マシになると思ってたんだけどなぁ。

追い風なら10mでも頑張れる

遠州サーフによく行く人ならわかるのですが、北西の場合はほぼ追い風なので、風速10mでも特に気にならないんですよ。

ただ砂がめっちゃ飛んでくるので、何も考えずフィッシュグリップをぶら下げていると、使う時に砂を噛んでいたりするので注意。

準備している時に砂の上に落としたので、使う前からガリガリになって少し凹む。

鳥さんがいる方は友人に任せ、私は逆から適当に探ってみる。

メタルジグぶん投げて、ミノー投げて、大体の水深と状況を把握すると、ビットブイがここで効果を発揮するのも納得の地形。

青物が周ってきやすいのもわかる気がする、なるほど……ショアジギングにはもってこいの場所ですね。

鳥さんも1時間くらいで消えさり、けっこうカニ歩いたけれど、ここもベイトに魚が着いてない感じか。

魚を散らす男の呪いはいつ消え去るのだろう。

友人にはご希望のナニカが一応釣れて、「お…おう」という感じでここを切り上げ、先の鳥山の場所へと行ってみる。

着いて海をちょっと眺めた所、こちらも沿岸で鳥山が出来ていた。

今回は突き上げるスプラッシュ付きで、ようやく「釣れそう(迫真)」という状況下──だが、

こういう場合、用意している数分だけで消え去るパティーンが大半なんだよなぁ……。

それほど大きくないからメッキだろうけど、サクサクっとラーメンが延びない程度の時間で準備して浜へ降り立つ。

──わかっていた、わかっていたよ。

数分の間に結構横へと移動していたので、先ほどの場所は取り残された鳥がぷかぷか丸しているだけだった。

シャローにも程があるけれど、ブレイクの所で何度かコンコン来たので、よっぽど小さい奴が残っていたのかも。

日も落ち始め、風はいっこうに止まず、今年もドMな浜インを続けてきた自分も泣きが入る冷たさだったのでここで終了。

まともなの釣らせてあげたかったなぁ、まさかモンゴウイカの子供みたいのを釣り上げるとはなぁ。

「イカ釣りたいイカやりたい」とはずっと言っていたので、一応望みは叶ったのかもしれない。

……

その後はとある釣具屋で、オールウェイク105を一応ダメ元ということで予約注文。

初回1000本とかまず無理ゲー感があるので、『ミライを注文したら何故か数カ月後に納車された』になることを祈りつつ待ちます。

もしダメだったらその時はその時で、ヤフオクでも覗いているでしょう。

来春からは装備を一新するつもり。

サーフはワラサを掛けるまでは通うけれど、今夏は浜名湖ボートに挑戦してみたい。

20151230tp101

締めは「浜松最強」と看板に書いてあるラーメン屋で。

ゴールデンディナータイムなのに客が全然いねぇ時点で、「本当に最強なのか?」と恐る恐る入ってみたら……普通の家系ラーメンでした。

うーん、普通? 可もなく不可もなく、塩とんこつを選んだけど、ベースからして味噌とんこつが当たりだったかもなぁ。

最近お通じがすこぶる不調なので、にんにくてんこ盛りしたかったから丁度良かったです。

ところがカマシすぎて、今までにんにく盛ったラーメンを何度か食ってきた仲なんですけど……

「車の中ニンニクくせぇんだけどwww」と初めて言われたので、どうやらカマシすぎたらしい。

これで納竿にするつもりでしたけど、30日のほうが風が止むのは事前にわかっていたので……

この記事がアップされる頃には、もしかしたらインしているかもしれませんね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

これが爆風?俺にはそよ風だね(震え声)in渥美サーフ
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク