サーフで魚を見つけたい人にお薦めする、大石浩史さんのエクリプス・テスターレポート

eclipse-surf

エクリプスのテスターである大石浩史さんの釣行レポートは、業界人としては珍しく感じる”技術的なレポート”が多く含まれている。

「そこまで書いちゃっていいのん?」と感じることもチラホラあるので、興味のある人は見てみるといいですよ。

スポンサーリンク

知らない人は目からウロコ、知っている人は復習を。

文字で情報を得ることは今昔から簡単──。”ポイントの見つけ方”は魚を釣ることを常に模索し続けている人なら自然と気付けることだけど、実際に見てみないとわからないことは多い。

◯◯のルアーを使ってゲット!」とか、業界人のブログ記事はどこも同じに見える。まあ上記の記事内容は、雑誌のコラムでも使えるレベルなので、余計に珍しいともいえる。

お魚さんと記念撮影したテンプレ文面に沿う記事は正直、もうお腹いっぱい。

文字から得られる情報は意外に少なく、しこたま「離岸流」の知識のみを詰め込んでも、実際探すと「わからない」という人は多い。「変化」といわれても抽象的な表現なので、言葉の裏を読まない女子的思考を持つ人には理解されにくい。

これは「流れを表現するうまい言葉がない」に尽きます。

離岸流を見つける手っ取り早い方法は、「流れを見れること」です。

離岸流と変化を読むための練習にうってつけなのが実は、河川。同一方向にほぼ同じ水量で流れているため、「流れとは何か?」を知るにはもってこいの場所なんです。

底の変化に流れがあたってモワモワしているとか、水上に出ている石の裏はなんか淀んで見えるとか、よく見ると水面の速さに違いがあるとか──、これらは全て、河川でもポイントになるんです。

そうなるのは何故だろう……と考えると、海も川も似てはいます。

釣りをしなくとも、川の流れを見ているだけで、他の何かに役に立つ知識は眠っているものです。

ムック本も知識を入れるのに有効です。しかしながら、道具の宣伝が露骨な本も多いので、中身は吟味しましょう。

ブログのように、”個人”が纏めている本は参考になりやすいです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

サーフで魚を見つけたい人にお薦めする、大石浩史さんのエクリプス・テスターレポート
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク