遠州サーフの天気を見極める【初見遠征攻略2】

201612tp121

週間予報を信じることはある意味、『お天気お姉さんをどこまで信じれるか』と同義。

先の予定で天候が不安な時は、「あの子が雨っていうなら、しょうがないな~(照)」くらいの余裕で、お天道様を睨もう(半ギレ)。

スポンサーリンク

天気を読むには、リアルタイムで天気を知ればいい

遠征予定を組んだけれど「天気があやしい…これ(釣り)できんの?」というシチュエーションは多い。

特にサーフでは波があるため、天候にかなり左右される釣り場になる。

気圧が下がれば波だぱうねり、台風が洋上にあれば一週間おあずけ、寒気が入れば逃げ場の無い爆風の中で帽子が飛ばされ……。

あげくには膝から崩れ落ちるハメになる。

気象予報”は釣り人にとっては密接な難題。

「じゃあ俺が予報士になる!」──よりも、今の時代は”IT”を駆使して海況をどこでも知ることができる。

いつも私が参考にしているサイトなどを紹介します。

海況を知るために、YAHOO波予測・MICS・ライブカメラの神器

まずは天気を知る|YAHOO天気

数ある天気アプリの中では登録地点へのアクセスが容易で、動作も軽い。起動即天気が見れるのは意外と便利。

週間予報はどこのサービスも変化はあまりない。気象庁のスパコンからの予測でも、めちゃ美人なお天気お姉さん(気象予報士)発のデータでも、どこの情報も似たりよったり。

天気図を読める人なら、「tenki.jp」の天気図が時間毎の情報が豊富なためオススメ。

台風の予想進路ではアメリカ海軍のデータ(JTWC)のほうが”予測”として信頼度が高い。

天気図の読み方は義務教育でも習うので省略しますが──低気圧と高気圧で風向が違い、高気圧から低気圧へと風が流れることを覚えていてください

西高東低の冬型の気圧配置の場合、私の住む東海地方ですと、日本海側から太平洋側へと風が吹くことになり、北西(西寄り)の風が吹きやすくなります。

風力は等圧線からも読めるため、天気図を読めるほうが、釣り場の風速を予測することがしやすくはなります。

予想天気図の説明|気象庁

各地の風速予測は、釣りにとってはあてにならない

これは場所により、観測地が海沿いではなく内陸にあるため

そのせいで現地との誤差が生まれやすく、地域の予報で風速2mの予報だったのに、海沿いに来ると爆風とかはよくあります。

特に駿河湾沿岸では騙されることが多く、例えば焼津ですと、発表数値の2倍近くの風が海沿いで吹いていると思ってくれていいです。

海沿いの風予報である程度正確な情報を得るためには、”ウェザーニュース”の「マリンch」が参考になります。

これは海上での予測なので、陸地とはまたちょっと違いますが、外洋側で釣りをする場合は波高の目安にもなるので、情報としては貴重です。

全国の沿岸部の風速を調べるに「MICS」は外せない

海上保安庁が提供する”MICS”は30分毎で更新されていて、沿岸の風速を調べるには最も正確でしょう。遠州灘沿岸の第三管区内では、「御前崎・舞阪」の風速を調べることが出来ます。

御前崎の風速がたまにヤバイことになったりしますが、これは丘の上で計測しているせい。吹きさらしなので沿岸よりは若干風速が強めに表記されます(もともと強い地域ですけど)。

舞阪の方が波打ち際の風速としては正確ですね。

伊良湖岬は別サイト(伊勢湾海上交通センター)で表示されており、これで「御前崎・舞阪・伊良湖岬」と、遠州灘沿岸の最西端から最東端までの、おおよその風速と風向を現地に行かずして調べることが出来ます。

YAHOO波予測は現地の潮流・風速・風向を加えてようやく正確になる

視覚的に波高がわかり、予測もあるため非常に便利なのですが、”正確か”となるとそうでもない。

これは気圧配置からの予測なので、沿岸部の風向が潮流とは逆になると、発表数値より波は低くなりやすい

ここ最近は「波高2m以上」がずっと続いています。

北西の風が6m以上吹いている状態では風が波を抑えつけるため、沿岸部で波高3mでも、波の向きと逆に吹く風速によっては、波高1m程度に感じることも多々有ります。

沿岸部の潮流は黒潮の蛇行次第もありますが、東から西なのがほとんど。なので西寄りの風が強ければ潮流も若干弱まります。

東寄りになると流れが速くなり、うねりが発生しやすくなるため、釣りがしにくくなります。

これは太平洋の沿岸部ではある程度どこでも共通する事項。

ドM基準の「ここまでなら釣りができる!」と感じる風速と風向

北~北西(10mくらいまで余裕。それ以上は寒いダケ)

西~南西(西は8mまで、南西は6m)

南~南東(6mで悩むレベル、2m程度なら無問題)

東~北東(4mが許容範囲。それ以上はルアーの重量を2倍に増やせばなんとか…)

低気圧が近付いていることを予感させる東風が絡むと、波だぱでルアーもガンガン流れて一気に釣り辛くなります。

南風が絡む春~夏は5m内が無難。秋~冬の”北寄り”が釣りはしやすいけれど、水温が常に下がる恐れがあるから、タイミングが難しいです。

こういう場合は吹き始めから1日開けたほうが無難。

波の高さから考えると、東~南が絡めば3m以内でも寄せ波が長くなり、サーフルアーは結構きつくなります。北~西になると3mでも風速風向によっては可能──てところ。

ただ2m以上になると、いくら慣れてても釣りをするには少々キツイものがあります。

そういう時は磯場や瀬が多い箇所で、サラシに潜むシーバスとかを狙うほうが無難になる。

安心安全に釣りをするためには、風速が4m以内、波が2m以内が無難かと思います。

ライブカメラは波高を知るのに最も最適な方法

津波監視カメラは各所に備わっており、一般公開されているのもあったりします。

御前崎灯台カメラ|MICS

袋井湊地区カメラ|袋井市役所

磐田市福田港カメラ|磐田市役所

天竜川河口|国土交通省

小松原海岸付近|王寿園ライブカメラ

赤羽根港|田原商工会

もちろん夜は見えませんのであしからず。

天気予報の数値と照らしあわせて普段から見ていると、「この時はこんなもんなんだな」というのも判るし、波が落ち着くタイミングも計れるので、定期的にみるのをオススメします。

最強はサーフィン波情報サービスに軍配があがる

沿岸の気象情報から波予測まで、さらにはライブカメラ……。ここまで書いた全てがひとつに備わっているのが「波情報BCM」。

有料会員登録は必要ですが、全国のサーフ状況を網羅できるため、遠征のみならず普段からも非常に心強いサービスです

あとはスマートフォンアプリの「波伝説」かな。

スマホで海況が簡単に見れるし区分も細かく、今から入りたいサーフの状況を知るためには欠かせないアプリになるでしょう。

釣りではタイドグラフと潮汐アプリは充実していますが、海況を知るアプリは無いに等しいです。

あってもサーフィンのに負けるし、ここまでの事を実行していれば必要ないくらいだったりします。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

遠州サーフの天気を見極める【初見遠征攻略2】
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク