釣りが終わったならご飯を食べればいいじゃないin遠州灘沿岸【遠征攻略3】

201613tp121

釣りが終わったあとに仲間でダベるのは通例。遠州サーフの場合、ファミレスでやカフェでダベりながら腹ごしらえ……近くには少ないんだなぁこれが。

でもどうせなら、ここだけでしか食べれない物を選んでみたくない?

スポンサーリンク

新鮮な魚介類を楽しめる沿岸ならではのオススメ店の紹介

場所によっては全然飲食店がないので、”沿岸部”となると「袋井~浜松辺り」しか充実していなかったりする。

──でも安心してください。

お一人様で「スィー…」と入って済ますなら手っ取り早い「すき家」なら満遍なくありまぁす!

でもどうせなら、沿岸ならではの新鮮な、地域特産でもある”海の幸”を楽しんで頂きたい。

浜名湖グルメの新定番「牡蠣カバ丼」

浜名湖周辺で露骨(褒め言葉)に推している”牡蠣カバ丼”は、牡蠣をうなぎの蒲焼のタレで味付けした物。

これがご飯に合わないわけがない!朝マズ後の空きっ腹には最高の贅沢。

茶漬けにするのもまたオススメ(ひつまぶしかな?)。

駐車場に余裕もあるし、浜松サーフから近い『浜菜坊』がオススメ。

浜松といったら「うなぎ」じゃない?

うなぎ屋の難点は値段ではなく、営業時間だったりする。11時から2時間ちょいで閉める所もあったりするから、事前に営業時間を確認しておき、そこを基準に予定を組むのがベスト。

休日は開店待ちもザラで、駐車場に余裕もない場所が多く、1人1台ではなく乗り合いで迷惑をかけないようにしよう。

人気店は限定数で昼の部のみで終了したりするので、電話連絡しておくと吉。

浜松No1とも言われる「炭焼うなぎ 加茂」|北区三ヶ日町都筑

湖奥の名店「清水家」|北区細江町気賀

街中の有名店「あつみ」|中区千歳町

沿岸のファストフードといったら「しらす丼」でしょ

静岡県内での”生しらす”の水揚げは舞阪港が多く、各漁港の近郊では新鮮な生しらすを食べれる店が多い。

特に”釜揚げしらす”はプリプリした食感で、初めて口に運ぶと「しらすって、こんなに甘い物だったんだな…」と衝撃を受けるかもしれない。

早くて美味い、そしてハズレが少ないのが良いところ。

磐田・袋井サーフからのアクセスは抜群の「漁師のどんぶり屋」|福田漁港内

湖西サーフを展望できる「道の駅 潮見坂」|湖西市白須賀

海鮮丼ランチとしらす丼が合わさり最強になる「ぶんぶく」|磐田市大原

迫力の揚げ物丼ぶりを撮ってSNSでちょっとバズってみない?

こればっかりは沼津の「魚河岸丸天」の”バベルの塔”が静岡No1でしょうけど、こちらだって負けてはいない(絞りだす声)。

大きければいいってもんじゃないんだからねっ!

2段ボリュームのかき揚げ丼をかっこめ!「味匠 天宏」|磐田市見付

30cmはあるジャンボエビフライで有名な「磯亭」|御前崎市御前崎

愛知沿岸は「大アサリ」の浜焼が定番だが「どんぶり街道」も捨てがたい

大アサリ”は愛知県内なら比較的どこでも食べれるのが魅力のひとつ。

個人的には夏の街道沿いに、屋台で焼いているような店がグッド。ロケーションも相まって数倍美味しく感じられます。

定食として楽しみたいのなら、伊良湖の「灯台茶屋」かな。

渥美半島の”どんぶり街道”は、遠征ついでにコツコツ寄っていくのをオススメ。「1日で全部周ったる!」は胃袋に宇宙をしこんでいても無理かと。

こちらは海鮮丼に拘らずとも、愛知県は豚肉でも有名なので、カツやソーセージをおみやげにするのも良い。

スタンプラリーのチラシを渡されたけど、無理ゲー感がハンパなかった思い出がある。

……

”釣り後”を考えると、難しいのが営業時間です。

朝マヅメ組であれば、大抵の店に立ち寄れるから、よりどりみどり。夕マヅメ組となるとほとんどが21時前に閉まってしまうため、万全なスケジュール調整が必須になる。

仮に夜の部を逃したのであれば、御前崎の方が地魚提供してくれる居酒屋が多くオススメ。

冬期では”とらふぐ”を楽しめる店が多くなるから、予約入れて宴会オフもいいんじゃないですかね~。

浜松近郊で同条件となると、やっぱりラーメンになるかな。

こちらは24時間、食べるところには困らないよ!

でもどうせなら”生しらす”が手に入りやすい春先に来てほしい。釜揚げしらすも悪くないが、生しらす丼は安いしめちゃウマですよ。

あ、おみやげで持って帰る場合には鮮度には気をつけてくださいね。冷蔵庫でも1日──むしろ半日経つだけで”苦味”が出始めるから、保管する容器と保冷剤の準備はぬかりなくするように。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク