「充電式ヒーティングインナー」は待つ釣りでも極寒から手足を守ってくれるよ!

201616p11

今冬は初春のような暖かさで、苦行の夜釣りも「それほどでもない」とまだ謙虚でいられる自分。

でも朝方の冷え込みがヤバイのは安定している。そう、前回の釣行で再認識した。

冬期の釣りが苦行たる理由は、「魚が掛からないと体温が上がる要素がないよね?」なスポーツだからである。

動かず待つ釣りだからこそ、自ら発熱して、ぬくもりをサポートしてくれるアイテムは必須

手足は血流が届かず温まりにくい。だからこそ、『ヒーティングインナー』で温めると、あったかあったか。

モバイルバッテリーを持ち込んで、電気毛布にくるまるのもいいかもしれない。

スポンサーリンク

体温を奪われる冬の釣行はドMでもきついんだよなぁ

「なんで釣り行ったの?」なんていわれそうなドM釣行が多い私でも、気温0度は拷問。

北海道の人は「…は? 魚でピトン打てるようになってから本番だけど?」とかいいそうで怖い。

それはともかくとして、この時期は防寒のため重ね着を強いられるから好きじゃあない。

重ね着しすぎるのは動きを阻害するからNG

ベストやウェーダーを着用した状況では、1枚上に着ているのと同じだし、これも防寒対策にはなっている。

それを考えると、USB給電の電熱ゲームベストが出たら、防寒として最強になるかもしれない。

釣りのアイテムを運べるし、自ら発熱して防寒効果もある……なんだそれ、最強じゃない?

比較的温暖な静岡県は、北の寒冷地に比べればまだ対策が緩くてもなんとかなる。

寒いものは寒い……特に指先・足先は温かくする行為が難しい。いや、まてよ──

「温かくしにくいのなら、温かいので包めばいいじゃない」

文明の利器である充電式電熱ヒートが活躍するのはこれから

防寒対策で最も難しい手足の保温と保湿

グローブで「指を出すor出さない」論争するのも、気温が低すぎると大差はない

それは何故か。

手と足の先は血液の終着点である。

熱を運ぶ血液も、わずかな静脈に通るだけなので、体温として下がりやすく上がりにくい難点がある

オマケに糸を結んだりと細かい作業をするため、何かで包んで温める対策が施しにくいから、ヤラしい部位になる。

私はルアーの交換を優先し、「指出し」を選んでいます。ええ、気温5度以下ともなると、余裕でマヒしちゃいますね。

指を出さないタイプは針が引っかかりやすく、時間がかかってしまうから面倒。

針が刺さればボロボロになるし、交換の時はいちいち外さないといけないし……。

指先の部分がセパレートして、「くぱぁ」するのもある。

それをめくるのも面倒だったものぐさメンは、ここだけは「利便性>防寒」を選んだ。

手足の防寒対策はバイク乗りに聞け!

冬期の防寒が完璧なのは、バイク乗りかもしれない。

冬空の下で風を感じちゃうのだから、釣り人にとっては風速10m以上の海で、ジーッと穂先を見つめる仕事をしているようなもの。

手袋には分厚い革手を使う人もいれば、近代兵器のヒーターグローブを使う人もいる。

なので知り合いにバイカーが居れば相談してみるといい、かなり拘っているから、釣具屋の店員よりも頼りになる。

電熱線を通せば自作も出来るが、企業製品のスマートさは失われてしまう。

このような技術を用いて、電熱ヒーターの防寒具は作られている。

【まとめ】ヒーターグローブはインナータイプを選ぶのが重要な3つの理由

ヒーターグローブも随分安くはなったけれども、「丸洗いが難しい」の難点がある。

電気式では仕方ないこと……でも魚やエサはお世辞にも、いい匂いとはいえない。

だから絶対的なコストパフォーマンスは普通のグローブより劣ってしまうこと。

電気式のグローブを選ぶにあたり、心得ておく点は3つある。

防水対策されたヒーターグローブは当然高価

針など鋭利な物でグローブ部分はボロボロになりやすい

魚や餌などを触ると臭いがつくため、上記を満たして1つだけで運用しても「クサイ」がつきまとう

──あれ? 実はいいところなくね?

なので、インナーの上に大きめのグローブを選び、重ねて使うのが賢い

ヒーターグローブは指先に電熱線が通っていないタイプも多い

手の甲だけでも十分マシにはなるが、そこだけ温めるなら専用のカイロがある。

冷え性で指先がヤバイ人ほど、ホットインナーブローブをオススメしたい。

足の防寒にヒーティングソックスもアリだけどこちらはカイロで十分

理由のひとつが高価でありつつ対費用効果が薄い

グローブ洗いにくい問題があるし、なにしろこちらは体臭でヤバイスメルを発してくれる。

足は手に比べてインナーで調節できるため、カイロで十分。

足用のカイロは手とは違い、足先に貼れるし安価なのが最大のメリット

1万円以上のヒーティングソックスを大事に長く使うか──

1釣行あたり100円の足元カイロを使うか──

1シーズンの冬期に100回行くとかプロでも無いでしょう。

週2回程度ならカイロを30個くらい買っておけば、冬期をゆうにしのげるかと。

一番お世話になるのが衣服に貼るカイロ

温楽さん冬期のベストパートナーである

貼るカイロは貼る部位によって効果が違い、『腰と下腹部』が効果的。

これをしっているだけで全然違います。

朝マヅメ釣行ならせいぜい2時間だから、カイロでも十分(我慢できれば)。夜釣りでタチウオとなれば、電熱式の何かは欲しくなります。

船上ではバッテリーもあるから、体を温めるため電気毛布なども使えますね。

堤防の釣りでは、テント張りつつ発電機回すか焚き火したり、アウトドアな楽しみをしつつ過ごせるのも魅力かな。

知っていると思うけど、火を使う際は条例の確認と、後始末はしっかりやりましょう。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

「充電式ヒーティングインナー」は待つ釣りでも極寒から手足を守ってくれるよ!
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク