サーフゲームの強~い味方、進化したショアガン”エボルブ”の賢い選び方

201619tp201

アンリパ”のロッド”ショアガンシリーズ”は、廉価ながら性能は抜群で信頼性も上々。

ショアキャスティング向けルアーロッドの時代をリードするかのように、このたびモデルチェンジをショアガンが、”ショアガンエボルブ”としてデビュー済。

メバルから10kgブリすらもカバーするモデルの多さは、ラインナップを見るだけでもワクワクする。

スポンサーリンク

ShoreGun EVOLV|PALMS(Angler’s Republic)

ショアガンエボルブは、これからのサーフゲームをどんなロッドがリードしていくのか……

それが垣間見えるモデルが多い。

アングラーズリパブリック(以下アンリパ)”はルアーも発売しているが、サーフゲームにおいて有効なルアーが多く、最近はショアスロージギングを推している。

ヒラメ・マゴチのみならず、”なんでも(どこでも)釣れる”がウリのメタルジグを操作するのに向いているモデルが特に多い。

紹介するのはショアガンシリーズの最新モデル。

サーフだけに拘らず、港湾などの中小物メインでも使えるULロッドもあるし、全モデル揃えれば「沿岸において対応できない所はない」と謳っていいくらい、”ショアガン”に遜色ないモデルが揃っている。

……逆に多すぎるのが曲者で、「何を選べばいいの?」と感じる人も多いでしょう。

なので、サーフを限定としたオススメのモデルを紹介。

遠浅からドン深までカバーするショアスロー向け|SFSGS-992・SS

9ft.9inc.   2pc.   Power:2   20-40g Lures   6-20lb MAX Lures   PE0.6-2.0号   Rod Wt.205g

去年からサーフゲームの様相が変化している。

「スピンビーム」の釣果が猛威を奮ってから、メタルジグを使う人がかなり増えてきた印象がある。もともと飛距離が重要なポイントであるし、メタルジグが主流となるのも当然といえば当然。ミノー1個に対して3個くらい買える廉価もウリのひとつ。

比重があるため早い誘いになりがちだが、ショアスロージギングはその弱点を利点に変える。

SFSGS-992は、メタルジグを扱う必要最低限のちょい上を行くモデル。同型ではパワーバランスが1~3と3種類あるのだが、これはその中間。

潮流がぶち当たる磯場など、流れが速い所で40gまでしか使えないのは心許ないけれど、汎用性としては群を抜く。

20~40gのメタルジグをアクション主体に使いつつ、たまにプラグを投げたい人にはコレ。

ショアスローはタックルが重いとかなり疲れる。SFSGS-992のロッド自重は200gで、かなり軽い部類

ミディアムなパワーバランスで、ティップでルアーを跳ね上げる操作をするにはもってこいのモデルです。

ミノープラグ主体で攻略したい人に向いているモデル|SFSGS-103M

10ft.3inc.   2pc.   Power:M   10-35g Lures   8-22lb MAX Lures   PE0.8-2.0号   Rod Wt.199g

サーフモデルとしては基本のスペックになる。

これから始めたい人に向いている汎用モデル。沿岸ならば、ある程度どこでも対応できる感じ。

SFSGS-103Mは、ワラサのような大型相手となるとパワー不足だけど、ランカーシーバスと座布団をあげるには丁度楽しめるクラス。

初心者向けのロッドには利点があり、”万能”ゆえの”汎用性”が大きな武器になる。遠州サーフの全域で魚を選ばず戦うのならこれかな。

代わりに持っていくルアーが増えちゃうけど。

ショアガンといえばフラットフィッシュエディションでしょ|SFSGS-98M+・FL

9ft.8inc.   2pc.   Power:M plus   10-45g Lures   8-22lb MAX Lures   PE0.8-2.0号   Rod Wt.194g

前作より若干ロッド重量が増したものの、ルアー適合重量は40gから45gにパワーアップ。スピンビームTG42など重めのルアーを主体に扱うならこれ。

SFSGS-98Mはショアスロー用と考えると向いていない調子。

だけど、対フラットのメソッドでカバー出来ないアクションはないようなモデル。なのでサーフのフラットフィッシュ相手に隙がない。

ジグからプラグまで満遍なく扱いやすく、9.8ftは取り回しもいいちょうどいい長さ。

浜辺をピンポイントで探り歩くためのアキュラシーと、疲れにくさを重要視している人に向いている。

フラットのみを追い求めたい人の相棒にピッタリです。

ヘッドシェイクが強いマゴチには、こういう胴から曲がるロッドが有効。

ここで紹介する中で最も、魚とのやり取りが楽しめるスペックかもしれない。

青物の鉄火場と水深がある場所を戦いぬくために|SFSGS-106XXH・BL

10ft.6inc.   2pc.   Power:XXH   40-120g Lures   15-60lb MAX Lures   PE1.5-6.0号   Rod Wt.369g

これより更に”ギアを1段上げた物”があるけど──。ドン深から魚を引き剥がしたい時や、走らせないことが第一の青物祭会場において、白い目で見られないようなモデルがこちら。

SFSGS-105XXHはショアジギングとしてはかなり上位のスペックになる。5kg以下はねじ伏せれるモデルだが、限定的な扱いが求められる。

駿河湾沿岸みたいな急深のところでは、とりあえず浮かさないと手前でラインが擦れて切れやすいので、こういう無茶な要求に答えるパワーがあるロッドをオススメします。

100gのメタルジグや30号オモリを使った弓角など、ショアのブルーランナーを楽しむためにはもってこいのロッド。

鉄火場で相手に主導権を与えず、パワーで魚を獲る選択をするなら、こういうスペックのロッドが欲しいところ。

キャスティングをするならリールは6000番までが妥当かな。

耐久に重点をおいたセッティングだし、このクラスのロッドで糸抜けを気にするのも野暮ってものだろう。

去年の秋は10kg近いブリが伊良湖で乱舞していたのもあり、初夏の回遊で性能を試してみてはいかが?

これからのサーフゲームはメタルジグがメインになる

スピンビームが釣れると話題になってから、ジグを買っていく人が多いとの談なので、これからもメタルジグがサーフルアーのモストルアーになりそうな予感。

近年までのサーフロッドは、せいぜい30gがリミットのシーバス向けロッドの延長上だった。ところが40g上までカバーするモデルが多くなってきている。

メタルジグのみならず、あらゆるルアーを飛ばす能力と操作性を兼ね備えた、そんなロッドが増えてくる。

サーフにバサーみたいに何本もロッドを持っていくわけにはいかないから、”ロッド1本であらゆる状況に対応する必要”があるわけです。

なんだかサムライみたいですね。

──そんなわけで”アンリパ”の”ショアガンシリーズ”は、これまでもこれからも、ショアゲームをリードしていくロッドになるでしょうね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク