いやー驚くほどなんもないですね!(投げやり)in袋井サーフ

2016112tgp19

釣り人は正直というか、釣れてない所には足も踏み入れない。

今日入るここの東と離れた西では釣果があるものの、ここだけは長い間ポッカリ気味だったから、投げて巻くだけの練習には丁度いい。

夜明け前からやれるけど、あえて調子がいい所の中間くらいに入ってみた。

スポンサーリンク

希望がない海

その証拠に、連休後だというのに足あとや轍すらない。

漁船もここだけ回避している感がして、逆にわくわくしますね。

夜が明けてぐるっと見渡しても、両手で余る程度のアングラー勢。

寒いっすからね……。

大潮のおかげで水温が下がり気味だし、予想していたのは16度なのに、ずいぶんと低かったのでこんなものだろう。

シンペンも真っ直ぐ帰ってくるってことは、流れも何もないわけか。どんな所でも、数カ所は粘れそうな場所があるもんだけど、今日に限っては”変化”を見つけるほうが難題だった。

うん、これは冬の海になってきた感じがする。ボラすら跳ねないのが寂しいけど。

暗い内に見た感じ、3箇所くらい魚が来そう(願望)なワンドがあるので、夜明けまでは定点打ち。

明るくなってくると、何故かここ周辺に人がいるという不思議。

魚が”居そう”な雰囲気だけはあるから、ここを選ぶ理由はなんとなくわかる気がする。

右ハンドルのリトリーブは慣れてきたので、今日はトゥイッチのれんしう。……思った通りに腕が動かないのがすごくもどかしい。

アタリっぽいのに合わせたとき、「ビシッ!」じゃなく「のそーり」なので、まだまだ時間がかかりそうですね。

疲れるのも左ハンドルの数倍は早いし、スイッチアングラーへの道はまだ遠いなぁ。なれたとしても、大したメリットもないわけですけど──。

左ハンドルのスピニングを使いつつ、背中に右ハンドルのベイトを背負えばいいわけか!(名案)

1km以上は探り歩いたけれど、魚が触れた感じなのは片手以下ほど。シラスが居ることは確認していて、ボイルっぽいのは2回くらい。魚をかけないと、あわせの練習もできないと薄々気付きはじめる。

もうルアーを超効率厨仕様にしようかしら。この時期になると、ぶっ飛び君が3色くらいあればそれでいい気がしてくる。

あ、かっ飛び棒待ってまーす。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

いやー驚くほどなんもないですね!(投げやり)in袋井サーフ
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク