電池要らずでコストも安い!アングラー標識灯の新しいカタチ

2016112tp20

昨年12月にパズデザインから発売されている、蓄光マーカーのナイグロー・トリプルテン

夜釣りやマヅメ時のトラブル防止に、さり気なく付けておいてもらいたい一品。

スポンサーリンク

『ナイグロー・トリプルテン』の素晴らしい所は──

10分間光に当てると、

10時間発光して、

なんと10年間も使用が可能!

3つの”10”が『トリプルテン』の由来になっているそうです。

そして安価であり、アクセサリーとしても申し分ないデザイン。

フラッシャーライトは何故かこの3倍近い値段がしたりする。

……防水・防錆処理しているとはいえ、ちょーっと盛りすぎじゃないですかねぇ?

『ナイグロー・トリプルテン』は小型で(人差し指の第二関節迄くらい)、光を当てれば当てるほど、夜間の標識灯としては申し分ない光量がある。

でも常時生活灯に当てている場合は、それほど光らない。なので釣り前に、ある程度強い光に当てておく必要はある。夜なら自動車のライトにしばらく当てておくとか、ヘッドライトに当てておくとか、使用前にちょっとした事前準備が必要。

そこは吸盤を付属のリングに通して、自動車のヘッドライトにペタッと──。

そんな風に、手放しで蓄光できるようにカスタムしておくのをオススメ。

見失いやすいキーホルダーに付けておくのもいい。停電の際に役に立ちそうだし、”防災”としての観点もアリ。

樹脂ルアーの中身を全部コレにして、夜行ルアー作ったらタチウオやイカで流行りそう。

夜光塗料はありますけど、効果時間が短いのが難点。一度充填したら長い間投げ続けられるというのは、手返しの利点がありますね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

電池要らずでコストも安い!アングラー標識灯の新しいカタチ
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク