【スイッチヒッター85s】よく飛びシャローもひけるかっ飛びシンペン

switchhitter85s

同重量のメタルジグと同等に飛ぶ『スイッチヒッター85S

アゲインストをものともしない飛びっぷりは、投げていて、眺めていて気持ちがいい。

干潟やサーフなどの浅場が多い場所では、持っていて損はないルアーです。

スポンサーリンク

よく飛ぶといわれるアレ並に飛ぶ

スイッチヒッターは「85mm20g」でありながら飛距離は80m前後

オヌマン監修ルアーは空力抵抗をよく考えられていて、よく飛ぶルアーが多い

基本はスイングアクション。シンペンらしい泳ぎ方だが、シャローもゆうに引ける浮き上がりの早さから、トップウォーターにも使える。

水面直下を通すのに向いていて、ボディ幅のおかげで引き抵抗もわかりやすく、シンペンながらとても扱いやすいルアー。

使ったことのある中では「ぶっ飛び君」と同様に目立った欠点がなく、万能なシンキングペンシルといえる。

浮き上がりは早いがやはり水面下がメイン

ドッグウォーク”もできるけど、無理矢理に引き起こして結構早い動きでやらないといけないから、連続はそれなりに疲れる。ドッグウォークというより、これは”スキッピング”に該当するかな。

ちなみにこれは「ぶっ飛び君」でも同様にできる。

スイッチヒッターはアクションをつけるよりも、巻きで使えるタイプです。

引き波を出したり、常に水上を意識するとなるとファスト気味で巻けばいい。

表層付近で強めに引っ張ると、ロールも加わり不規則な動きをしてからゆっくりフォールするので、リアクション狙いでは効果を発揮する。リトリーブによる使いやすいレンジを数値化すると5~50cmくらいで、普通の”ただ巻き”ともいえる1回転1m/secくらいで30cm前後をキープする。

デッドくらいになるとルアーがほとんど動かなくなるから、ミディアム~ファスト辺りでの使用がもっとも”食わせる”動きをしてくれている。

使うのに向いている場所とオススメメソッド

浅瀬と深場が入り交じる干潟が一番向いている。スイッチヒッターの武器は飛距離なので、磯場のヒラスズキにも十分使えるレベルだし、サーフにももちろん合う。

飛距離もあるし、浮き上がりとレンジキープも優秀なので、使う場所にはこと困らない。

が、最も使えるのはやっぱり干潟のようなディープとシャローが絡みあう場所かな。流れがない場所のほうが、こういう大人しいやつが合っている。

干潟やサーフなら駆け上がり先で落として、舐めるように底から引き上げる。比重があるため多少の波では飛び出しにくく、波高な場合でもそれなりに使える。波に乗った時にストップして、揉まれた小魚を演出するとサーフのシーバスでの効果は高い。

ジャークによる上下の動きはちょっと苦手で、リトリーブスピードによる緩急が基本操作になる。

海底の高低差がある箇所の高→低ならフォール、低→高ならリトリーブとそれぞれ役割が持てる。

飛距離もあり、荒天にも強い──様々な環境に対応できる万能タイプのシンペン。

「ぶっ飛び君はいつも売り切れだ! おまけに高いし……」って人にはオススメしたい、はっきりいって同等です。

あえて「ぶっ飛び君」と比較してみると──

オススメした手前、よく引き合いに出した物と比較すると──

『ぶっ飛び君95Sよりは軽く飛距離は落ちて、ライト95SSより重いが飛距離は(若干)のびる』

……といった感じ。

アクションもほぼ同じだけど、スイングの振れ幅はぶっ飛び君のほうが大きい。

ぶっ飛び君はフォールに強く、スイッチヒッターは泳ぎに強いので、同じなようでありながら性質は異なる物。

値段の安さでほぼ中間スペックが買えるんだから、スイッチヒッターはお得といえばお得。

……なんか逆にぶっ飛び君の宣伝になってないかコレ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

【スイッチヒッター85s】よく飛びシャローもひけるかっ飛びシンペン
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク