俺に散らせない魚はない(メンナク)in御前崎・地頭方港

2016118tp10

好天を荒天に変え、「釣れてるよ!」を「釣れねぇよ…」に変える能力を持つ男。

それが『とある浜松アングラー』のさしし君であった。

ぽっかり空いた日曜日

渥美のガチャ浜でウォーキングをしようと考えていたが、御前崎に行くという友人に便乗。

釣具屋情報の煽りがヒドイ中、釣り人の集中は必死だろう。

どうも「コイツを連れて行くと荒天になる」のを予想してお呼ばれされたらしい。

俺のアビリティはトラップカード、全てを悪い方向へと変化させるチカラさ!

爆風になってくれるほうが人が少なくなる──という展望だったけれど、

トラップカードとしての私は「好天」を選択することにより、釣り場の無い状況を作り出すことに成功した。

ズラーッと人が並んでいる鉄くず前で、しばらく眺めていても、釣れてる気配はない。

……アカン、ここでパーフェクトゲームをしては、釣り場に「さししお断り」とか書かれてまう。

エサ調達ついでに生きた情報を求めに行ってみる。

「一昨日までは良かったんだけどねぇ。昨日からサッパリで、今日は全然みたいだよ──」

この後3組くらい別の釣り客に同じセリフをいっていたので、「RPGのNPCかな?」とツッコミたくなった。

とりあえず自分でも”釣れていた”と知る場所……は入れなかったので、見える位置ではじめて様子を見てみることに。

ウキフカセスタートでコマセを撒いても特に寄らず、エサはなくなるがアタリがでない。

ということはグーフーさんか(確認済)。

鯉のぼり状態で釣り上げていたりする人がいるけれど、堤防上でもごくごく一部の場所だった。

あまりにも希望がない場所だったので、1時間ちょいで切り上げて地頭方へと移動。

やっぱりサビキは最強やね

こっちはグーフーじゃないやつが寄ってくるけど、針には乗らないサイズ。

心中キメようと惰性で撒いていたら、光物が寄ってきた!これで勝つる!

サビキに切り替えてもイマイチ反応が得られない。

アミエビを針に1個ずつ付けて「トリック仕掛け(内職タイプ)」を投入、寄ってくるヤツを狙ってみたら、正体はシータナゴでした。

その後は2人してちょくちょく巡ってくる光物相手に、「どのようにして狙ったらいいか」を模索した。

・ウキを付けたサビキには無反応(つまり動かさないと食わない)

・トリック仕掛け(内職タイプ)を入れるとグーフーさんにやられる

・サビキが落ちる瞬間に好反応、群れに通すと大抵かかる

正解はリアクションバイトだった。

しかし、そこに魚が居なければならず、こんな時に限って偏光グラスを忘れているワイ、完全敗北である。

完全にワンテンポ遅れる釣りになってしまったので、釣果的には2倍ほどの差が生じた。

何が釣れたかというとサッパくん。

2016118tp102

一応カタボシイワシ(小)も釣ったので、マじゃないけどイワシが居るには居たことになる。

3時間くらいで2人分40匹くらい。

完全敗北は免れたが、サビキも突き詰めると難しいものだと感じます。

状況によって針の大きさやスキンの色、オモリや集魚板、アミエビに反応するならトリック仕掛けなどなど、こだわると答えを出すためには3セットくらい試す必要があるなぁ。

一応”疑似餌”ということもあり、ルアーの選択となんら変わりませんね。

月曜日は全国的に荒れ模様となり、火曜日以降は冬の海が待っていそう。

木曜日くらいには水温も落ち着いてくれているといいな……。

ちなみに小魚を追っているヤツが居る様子はちょっと感じられませんでした。

場所とタイミングによってはブリもあがっているみたいですけどね。

夕方くらいに1箇所鳥山ができていたので、そこならワンチャンあったかも──水柱はなかったけど。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!