寒さに負けるまで頑張る釣行in焼津

201629tp12

月曜の浜インはガイドが凍りそうな気配を感じたので敬遠策をとる。火曜は気温も上昇し、夜でもなんとか頑張れそうな気温と風。

下げ一杯が日付が変わる頃なので、上げ5くらいまでやって、行けたら浜というスケジュール。

スポンサーリンク

焼津に住むと今度は浜名湖に行くと思うよ?

23時頃に着いたけど、大潮のド干潮だけあって浅すぎて通すコースが限られてしまい苦戦中。

ボイルはしているけど、そこでかけて下に走られるとAUTOリリースになるので、ここは我慢の時……。

ここまで”ワンダー”と”トライデント”と”ぶっ飛び君ライト”でアタリはきている──けれどアマガミで乗らない。

風もあまりなく波もないし、ちょっとワンポイント的に海面をかき回す何かが欲しい。さざ波立つくらいならガッツリ来てくれるんだけどなぁ。

寒さに耐えながら1時過ぎ、ちょっと海が騒がしくなってきた。

この静寂を破る漁船が通ったところで、「いまです!」と投げ入れ、曳き波のおかげかようやくガッツリ乗る。

──で、あがってきたのがサムネの指3本タチウオ。ここの初手は何故タチウオが多いのだろうか。

それからまたしばらく忍耐タイム。ルアーをおそるおそる突っつくようなアタリはあるものの、凪すぎてやっぱり食いが悪い。

漁船さんハヤクキテー」と願い続けた午前3時──

漁に出る数隻が通り過ぎたあと、根掛かりしそうなコースに通していた時に「グイーン」としたので、焼津釣ったのかと思ったけど魚でした。

201629tp121

ようやく出てきてくれたシーバスくん、50cmくらい。

潮汐では一応時合いなんだけど、日が出ていない気温4度はさすがに厳しく、ガタガタ震えてナチュラルシェイクをしてしまう。おみやは確保したし、冷たい風も強くなってきたので、4時頃に終了。

ここから浜インすると、風邪まったなし状態だろうので、あったか飲み物をいただきつつ、素直に帰りました。

一昨日と同じ魚が釣れていて、使い回しにしか見えないんだよなぁ。

ルアーは「ニーサン・トライデント115・ぶっ飛び君ライト・ワンダースリム70・マールアミーゴ・ナレージ65」をローテしていた。

けれど釣れてくるのが何故か”ワンダー”。この状態だと、カラーローテしている方が効率よさそう。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク