【誰得】焼津市にふるさと納税をするとグソク(活)がもらえるぞ!

2016219tp12

つい先日、鳥羽水族館で一皮剥けたダイオウグソクムシのおかげで、にわかに活気立つ”グソクラスタ”。

活きたグソクを愛でてみたい!」という方に朗報。焼津市のふるさと納税で、活きた”オオグソクムシ”が返礼で貰えます。

スポンサーリンク

「キモカワイイ」と巷で人気のダイオウグソクムシ

ダイオウグソクムシ”と”オオグソクムシ”の違いは、見た目上そんなに変わらなかったりする。

しいていうなら、生息深度と大きさが違うくらい。やっぱりダイオウは格が違うのだ。

ダイオウには及ばないが、一般人でも飼うことのできるレベルの”オオグソクムシ”は、探せば販売ルートがあったりします。

その中でも比較的お手軽(?)な手段が、焼津市へのふるさと納税で実質2000円でもらるオオグソクムシくん。

注意書きにもありますが……

※ご注文をいただいてから漁を行うため、発送まで3週間ほどいただくことがあります。
※飼育のための環境や器具などは寄附者様がご用意ください。飼育できる環境が整った上でお申込みください
ダイオウグソクムシではありません。お間違いのないようご注意ください。

ダイオウグソクムシではありません

コメント欄を見ると、注意書きを見てないと思われる人が多い。”飼育できる環境が整った上”と書いてあるでしょう? そりゃそこを配慮しなければただの殺生でしょうよ。

ちなみに味ですが、カニやエビに似て結構おいしいらしいです。

グソクを飼いたい人のために

オオグソクムシは深海生物ですが、加圧とかする必要もなく、わりと飼いやすい生物。ただ水温と光には気をつけるようにとのこと。

ふるさと納税でも大人気の山陰・島根のノドグロなら→【シーライフオンライン】

市場に流通させるほどメリットはないけど、漁をすれば結構獲れるみたいですね。グソクくんを愛でたい人は、水温を10度くらいに保てる環境と海水を用意しましょう。

……日本の夏は厳しそうですねぇ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク