かっ飛び棒が待ちきれない人にオススメのコンタクトAENO

201635tp19

かっ飛び棒”を待ちきれない人、それはわたしです。

予約通販も無事全滅していたので、なんかねーかなと物色していたら、気になるのを発見。

タックルハウス」というと、”ローリングベイト”と”K-TEN”のイメージが強い。でも老舗ゆえに種類は結構多い。

結構パクられ品も多く、性能としては申し分ないけれど、いかんせん取り扱い店舗が少ないし、品数も多い方ではない。

流通の難点を、ルアーの本質である”釣らせる力”とイミテート品としての”芸術性”では、ありあまる力で他を凌駕している。

スポンサーリンク

ありそうでなかったジグミノーのカタチ

CONTACT AENO”のカテゴリとしてはジグミノーになる。

海鱒向けのルアーとしてこういう形は多いが、スリムで遠投が可能なルアーはサーフで使える存在。

飛距離では”かっ飛び棒”に負けるが、フォールとスイムのアクション部門では負けてはいない。

タックルハウスのルアーとしてはわりと廉価な方。130mmで30gなので、同型のメタルジグでは重すぎるって場合に使える物。

ベイトにサヨリやマイワシが入っている時にはハマるルアー。

スポンサーリンク