ルアーを入れたまま洗えるケースはいいぞ。

ruleara

釣行後にする儀式(塩抜き)でルアーを1個ずつ丁寧に洗いつつ、「今日はありがとね」と釣行を振り返るのも……キモイイイ。だけど、「もっと早く済ませたい!」って時にはコレ。

んな細けぇことはいいんだよと、俺は数時間後にまた行くんだよ? と。

水抜き穴のあるケースは、ルアー以外でも釣具をまとめて洗うのに便利です。

私はこれで3日連続釣行も乗り切りました。

スポンサーリンク

ケースに物を入れて洗うだけ!米を洗うより楽やぞ!

私は釣行時、使用したルアーを水抜き穴があるケースに入れている。

終わったら水でガシャガシャ3回くらい大雑把にゆすいでから、1個ずつ流水で洗う。なので片付けも早く終わります。

このケースはまとめて洗う時に便利。おまけに他の釣具にも使える。

フックだけとかスナップだけなど、小さい物をまとめて洗う時にも重宝します。……海にケースを「ぽちゃん」して、中身を全部洗いたい時とかね。

あとはブンブン振って水切りして、ダンボールの上で部屋干し。ダンボーは水を吸ってくれるし、繰り返し使えるからダンボー優秀。

でもフックが錆びやすいのでは?

そんなこともないです。

ただ、トレブルフックは錆びにくいのと錆びやすいのがある。だから一口にいえない理由もある。錆びやすいのは釣りの最中でも錆びるし、水洗いしようが錆びるもんは錆びる。なので完全な予防策は不可能に近い。

がまかつ』の防錆はさすがに錆びにくいです。ちょい値が上がるけど。『カルティバ』はコーティングが剥がれなければ結構持つ。

出処がよくわかんない安物のメッキ調、ダイ◯ー品とかは問答無用に1回で錆びる。

波ざっぱーんと全身かかると、ベストに入れているケースがなんだかんだで海水が入っていることがある。

スナップやアシストフック、スプリットリングとか入れている物に海水が侵入して泣きそうになったこともありましたが、水抜きケースのおかげで一気に洗浄できるし、小豆あらいチマチマVer.みたいにせっせと数個ずつ洗うこともありません。

定期的にざっくり洗いたい時には、底が深いタイプで水抜きできるケースがあると便利かも。

MEIHOが安いし種類も豊富で機能的だからオススメ。imaのは同種でも1k近いです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

ルアーを入れたまま洗えるケースはいいぞ。
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク