『炙りとろマグロ缶詰』を検索したらキャットフードが出てきて笑う

2016329tp12

牧之原SAで『炙りとろマグロ缶詰』を見かけて、その時はスルーしたんですけど……

翌日になんだか気になってポチろうかと検索したら、ぬこ様の高級ディナーが前面に出てこられました。

昨日は2食カレーを食べたけど、きっとその単価よりも1缶のほうが高い。

猫様のほうが俺より良い物、食ってる

以前マグロを食べたのはいつのことだろう……、シーチキンなら2ヶ月前くらいに食べている気がする。

小腹が空く夜中に、資料として「旨そうな写真」を眺めながらこの記事を書くのも、拷問めいていた。

「もう辛抱たまらん!」、ポチるっきゃねぇと検索したら、楽天市場ではこんな(↓)状況だった。

2016329tp122

ネコちゃんが選ぶマグロの缶詰TOP3”とか、ちょっと興味ある。セレブのネコちゃんとか、きっと俺より食費が高いのかもしれない。

それはさておき、今回見かけたのは[ミホミフーズ]の”とろ鮪”。

1缶あたり500円で保存が効いてなおかつ旨味なら、これは非常食としても優れているんじゃないかと思った。

めちゃくちゃひもじい時、もしかして災害でどうしようもない時──

こう”天使の梯子”のように、私の暗雲めいた気持ちにひとときの安らぎを与えてくれるのかもしれない(壮大)。

静岡県はマグロの缶詰生産日本一!

静岡の名産といえば、”お茶”と”うなぎ”が代表とされている。

今回着目したのは”マグロの缶詰”。

実のところ、静岡県は天下の[はごろもフーズ]を筆頭とする缶詰業者が多く、日本の総生産の9割を超えていたりする

平成26年における全国のまぐろ類缶詰の生産量25,338トンです。そのうち、静岡県の生産量は25,323トンで全国1位となっています。

ふじのくに 静岡県公式ホームページ より]

──それもう100%でもいいんじゃないですかね?

そのおかげか、焼津と清水では独特の臭いがして、たまに行くとひどく懐かしい感じがする。

そして”とろ鮪”の[ミホミフーズ]も[はごろも]同様、清水に本社を置く有名所である。

鮮魚では沼津が有名だが、加工物では焼津と清水が群を抜いていたりする。

ちょっとした高級缶詰(保存食)ブームが訪れているらしい

東日本大震災で国民の防災意識が一新され、防災グッズや非常用の飲料水など、備蓄できる物がよく売れるようになった。

経済状況の好転により、わずかながらも”高級志向”が受け入れられる世ともなり、その両立が可能な高級缶詰はニーズにあった品といえる。

ちなみに”とろ鮪缶詰”の賞味期限は3年。あれからを考えると、丁度いい塩梅で保存食を一新するサイクルが訪れているおかげもあるかもしれない。

でも飢えの極限状態で、こんな美味しそうな缶詰を開けられたら……

2016329tp123

隠れて食べられたら、「私が町長です」といわんばかりにしらばっくれそうでもある。

半月に1度のぜいたくとしても、1年楽しめるぜ!

シーチキンギフト|はごろもフーズ

今夏の中元はこれにしてみようかなぁ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!