ドーモ、スナメリ=サン オカエリクダサイin伊良湖港

201643tp111

予想通りの波高で、予定の場所では無理だったので風裏へ。

相方はひたすら穴を掘る作業、私はひたすらルアーを投げる作業。

スポンサーリンク

いつまで投げれば、君は釣れるのか

三河湾にぶん投げながら思う。これは完全に回遊待ちだな、と。

鳥は常に旋回していて、小魚はもっさりいるのだが、追う相手はスナメリ先輩くらい。

いい感じの潮目が常にあるけれど、長潮という微妙なタイミング。湾内ということもあり、”釣れる”流れを感じない。下げから釣り人も増えはじめ、みんな潮を見て来ているんだなぁと実感する。

スナメリが港内と港外にのさばる海に、一抹の希望を持つことも捨てて、どうしたもんかと休憩タイム。

何故かボラが引っかかりやすいルアー

そんな折に、「アレを釣ってください(意訳:刺し身を食べたい)」というミッションがくだされる。

いつのまにか海面に魚雷みたいなボラがわらわらいる。「かしこまりー」と、ボラに口を使わせることで定評のある[ジプシー]を投入(経験による感想)。

さしものダイワも、こんな使われ方をするとは思っていないだろう……。

いつのまにかそこには、”ボラの回遊待ち”をするという奇特なルアーメンがいた。

何度か「ゴスッ」と来るものの、さすが鋼のウロコを持つ魚で容易に弾かれるルアー。ボラはスレを狙っていけない、口を使わせて確実にとるんだ(迫真)。

丁度ボラカラーなので仲間と思うのか、またはレンジがドンピシャなのかわからないけど、とにかくコイツならやってくれるはず。

「ドスン」と来て「オラァン!」とフッキング。よし、完璧に乗った──。あれ、ちょ、見えてた奴よりやけに大きくないですかね?

ファーストランでドラグが「シャゴー」と出て行く。

……数分格闘。

取り込める場所が限られているので、そこまで誘導するのに結構苦労して、乳酸が溜まった末に確保。

201643tp112

釣ったボラとしては過去最大で、おおよそ60cmくらい。鈍器に使えそうなイカすヘッドをしておられる……。

なにわともあれ、ミッション成功である。

もう1匹追加して、自分の分も確保しようかと思ったら、スナメリ先輩が容赦なくボラを襲う!

稚鮎だか小女子かよくわからない小魚を残し、浮いているボラが消えてしまった。いけない、完璧にやることがなくなってしまった……、仕方ないから三河湾観察でもしよう。

スナメリ「ゴパァン」

ちょっと多すぎやしませんかね?相方も探り終えたようで、日が落ちる前に退散です。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

ドーモ、スナメリ=サン オカエリクダサイin伊良湖港
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク