クロダイのせいでアサリがヤバイ【浜名湖潮干狩り中止】

201643tp19

4月2日、地元紙一面のニュースに目を疑った。

クロダイがアサリの稚貝を食べ過ぎてアサリが無くなった……どうしませう

いったいどういうことなんだってばよ……?

戦後初となった2013年の中止以来、漁業関係者は資源保持に努めだし、その甲斐もあって翌年には、普段通りに開催できる運びとはなりました。

しかしながら今回は、それを打ち砕く自然との戦いの末、敗北してしまった次第です。

──そういう理由もありますが、本当にそうなのか?を考えてみたいと思います。

クロダイはアサリを食べる?

[A.大抵の貝なら食べます]

普段砂に潜っているアサリをどのように食べるのだろう……。ブリームの”クラムパターン”?新しいなソレ。

むき身なら普通に食べてきますけど、砂泥に埋まった貝を掘りだして食べる──というのはまず聞かない。

実のところ、潮干狩り場では別の場所で獲ったアサリを撒いて維持している。「大きく育てよ~」と育成するために撒いた稚貝を、”撒き餌”と思われてゴッソリ食べられた──という可能性。

つい最近、育成場近くで変な時期に”キビレ”が釣れはじめたことがあり、珍しいと思っていましたが……アサリに寄っていたと考えれば納得。

1mくらいの水深で、砂をちょっと足で掘り起こしてから、離れた所で水中観察していると、キビレが寄ってきたりします。そこでアサリを気合で割って針につけて放置しておくと……釣れちゃうんだな。

わりとアサリ漁師もこれはやっているらしい。

他にもアサリの天敵として[ツメタガイ]や[カニ達]が存在しています。

[ツメタガイ]は駆除対策も行っており、減少傾向にありますし、食用としても美味しいほうだったりする。これが異常繁殖みたいに増えたのが、前回中止された2013年以前のこと。

今回は天敵として挙げられてはなかった[クロダイ]と、前年の異常気象によるものだという報告でした。

前年は雨が多く、それに伴う水質変化が原因であるともいわれています。ですが、アサリは塩分濃度が比較的低い箇所を好みます。

むしろ浜名湖は年々塩分濃度が上昇し、昔とは違ってブリの子供が中域まで入ってきたり、ヒラメが多くなったりと、様相が変化してきました。

これは塩分濃度が上がったためで、今までとは違う魚達が増えて、汽水湖というよりも、限りなく”海”に近くなった経緯があります。単純に考えると、雨が多く塩分濃度が下がれば、本来の”浜名湖”に戻った──ともいえるわけです。

今年のアサリ不漁の原因としては──

1.急激な環境変化に逃れる術がなかったアサリが死滅

2.追い打ちとして、希望の稚貝がタイ達に食べられてしまう

これらが最大の要因でしょう。

浜名湖にクロダイは本当に多いのか?

[A.一昨年辺りから”増えた”とはいわれていますが、水揚げ量としては平均値です]

釣りとしては浜名湖のメインですが、水産資源としてはアサリ様に叶わぬ微妙な存在。一昨年辺りから、奥浜名湖ではわりと普通に泳いでいる姿を見るし、昔よりは増えて釣りやすいけど……食べるのはちょっとな、という感じ。

今切口近辺では外洋からの流入が多く、水の循環も良いため、生食することが可能です。

ですが、汽水に近くなる奥浜名湖では、水質悪化と微生物が多くなるため、生食すると当選した事例が多いことは否めません

毎日どこかしらでクロダイは揚げられているんですけど、「減少した」と感じたことはない。

クロダイはスズキと同様、海水から汽水域まで順応するハイブリットスタイルな魚ということもあり、環境変化による減少の影響を受けにくい。ですので生き残った個体が他より多くなり、”多くなったと錯覚しやすい”のかもしれません。

しかしながら”エサ”となる生物も減少したことにより、奥浜名湖のクロダイは総じて痩せていましたね。

人はまだ水産資源量をコントロールできているようでできていない

獲るべき魚を獲るのは簡単だが、獲るべきではない魚を回避するのは難しい。

漁業に”網”を使う限り、これは切っても切れない問題点。

201643tp194

出展:http://blog.livedoor.jp/shirobakama/archives/2010-09.html

シラスのような小魚を獲る網で、他の魚が入らないわけがない。

獲らなければ増えると誰もが知っているのに、獲らなければ生活できない

漁業の頭の痛いところはここである。

アサリの寿命は8年ほどとされていて、漁獲推移をよくみると、10年サイクルで水揚げ量が変化している。

豊漁から5年かけて減少していき、5年かけて元の水準に戻る──みたいなサイクルである。

これはどの魚介類でもいえることであり、獲れば獲るだけ減ってしまうのは、命の存在と同じ。

”潮干狩り”の悪循環として、年々減少傾向にあるアサリを、他所から分けてもらうことにより、他の場所も減ってしまった事例もある。

水産業の現状は、常にコップから溢れる水だけを飲んでいるわけではなく、じわじわ増えるコップの水をちびちび吸い上げているような状態。

一気に吸い上げると、翌年には全体の量が減るわけで、消耗戦が長く続いている。

一方その頃……有明海ではアサリの稚貝が豊漁だった

アサリの水揚げ量全国一位は、愛知県だったりします。

しかしながら愛知県内でも、今年は潮干狩りを中止する箇所も多い。

”豊漁”というニュースは嬉しいですが、その後には必ず”不漁”が待っていることを忘れてはいけない。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!