三寒四温って何だっけ?【雑文】

2016411tp191

桜が満開になるとすかさず雨が降り、散り際になれば風が吹く、いつものパターン。

もう葉桜になってしまい、枯葉と花びらがトルネードしている……そんな日でした。

静岡の桜は「平年より2日遅れ」だったみたいですが、”平年より”という言葉に、電車が1分遅れるだけで遅刻の言い訳を考えるシビアさを感じます。

今年は比較的温暖で、過ごしやすい日々が続いている。

桜が咲くと大抵1回くらいは、暖房器具を仕舞ったことを後悔するような寒の戻りが訪れるものだった。

人によって冬を捨てる境界線はあるだろうけど──

この前車道を挟んで両側の歩道に、半袖を着たおじさまと、ダウンを着た兄さんがいた。

パーカーを着てた自分が一番春っぽかった気がする。

──ここんとこ、脳味噌が釣りモードじゃなかったので充電していました。

週末も天気はよく、友人は釣りに行ってたけど私は行ってないです。

木~金曜辺りに焼津でタチウオが入れ食いモードだったらしく、土曜日は人一杯すぎたらしい。

車が停めてある状況を写真で見せてもらうと、過去に例をみない場所まで溢れててわらた。

なお、魚はいなかったらしい。

よくあることだけど、”釣れてる”と聞いてからは美味しい思いはできないんですよね。

でもその時の海況情報をメモっておくと、いずれ役に立ちます。

「上げ3分、下げ7分」のように、過去からの経験上で釣れやすい時間帯というのは存在します。

現在ホットなビッグデータに通じるものがありますが、自分で統計をとってみるのも大事です。

ホームグラウンドとして毎回通っている人は、なんとなく体感で気づいているかと。

データに基づくプログラムを組めば、条件を入力するだけで「何%で釣れますん」と表示するアプリケーションもあっていいんじゃないかなーと。

注意文に、「釣れない時もあります。ご理解ください」と足しておくのも忘れないように。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

三寒四温って何だっけ?【雑文】
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク