とある目印をもとにサーフでヒラメ・シーバスを狙い撃ちやすくなる方法

2016431tp201

ポイントの説明は簡単だけど、そこからどこを狙えばいいのかを説明するのは難しい。

あくまで”狙いやすくなる方法”ですが、自分が培った経験を基にした”目印”について話します。

これからはじめたい人、下見をする人には有効じゃないかな?

スポンサーリンク

地形変化を見抜く様々な方法

サーフ(砂浜)のポイントで重要なのは、”地形変化”であることは周知でしょう。

しょっちゅう通っている人は海面を見ただけで解りますけれど、これからの人にはわかり辛い。

じゃあ目印があればわかりやすいんじゃね?」

と思ったので、簡単すぎるワンポイントを教えます。

とある目印とは──?

サーフでは浅い箇所と深い箇所が存在していて、それを判断する要素は”波の発生点”です。

サムネ画像を見てもらうと、左では波が立っているのに、右では波がないことがわかるかと。

波が立つ箇所は、海底が山のようになっていて、それが波を発生させている要因です。逆にない箇所は海底が平らで、立つ場所より深いです。

この2つの違いをわかりやすくする目印とはなんでしょう。

あの画像でも一目でわかるのですが──、サーフには我々よりも海に近い人がいます。

ピンと来る人にはわかったでしょうけど、答えは”サーファー”です。

では何故彼らが目印となりえるのか……。その理由を書きましょう。

サーファーが居る場所と居ない場所の違い

サーフィンは波が立たないと競技が成立しません。それでサーフィンのベストポイントってのも存在しているわけです。

検索すれば全国津々浦々と出てきますが、その場所はいい場所に波が立ちやすい地形と条件があります。簡単にいうと、”岸から離れた場所に波が立ちやすい=長く乗れる”てわけです。

あとは車が停めやすいというのも重要。

サーファーの有名ポイントは遠浅で、それに含まれない箇所はドン深になります。

「波が発生しやすい=地形変化が豊富+海流があたる(魚が入りやすい)」

という式が成り立ち、こちらにとっても一級ポイントとなるわけです。

彼らを目印にヒラメとシーバスを釣り分ける方法

正直な話、目印を参考にしてもどっちも釣れるわけですが、時間帯での狙い方にも違いがあるので、それが関係しています。

朝マヅメはこちらのゴールデンタイムですが、彼らにとっても、日が出てからがゴールデンタイムです。

これからの時期は、サーファーとの場所取り合戦が繰り広げられるわけですけど、大体彼らが入る場所は決まっています

ヒラメの場合はマヅメに居ない方を選び、日中は居る方をランガンする

魚が口を使いやすいマヅメタイムは”居ない方”が釣りをしやすい。

彼らが入る場所はほぼ決まっていて、夜明け前から投げていても、いずれそこの沖にでるのでトラブルの原因になります。

これは釣り人がビッシリいても関係なく、またこちらが独占する理由も、自然においてはないはず。

なので事前にサーフをぐるっと見まわって、居る場所と居ない場所を覚えておく。すると、居ない場所を選ぶほうがストレスなく長い時間投げれます。

またサーファーが居ない場所は、ほぼ手前から波が発生しやすいドン深なため、手前に魚が居着きやすく、軽い仕掛けでも狙いやすい。

浅い箇所は地形を狙わざるとえないため、どうしても”飛距離”が必要になります。

日中(昼ごろ)以降になるとサーファーも釣り人も減り、探る釣りがしやすくなります。

この時には波が立つ周辺を、飛距離に物をいわせてトントンと撃っていくほうが効率がいい。

時間帯はそれほど関係はなく、魚がそこに居れば食ってきやすいのがヒラメです。

シーバスは日中にサーファーが居る場所を覚えて夜間の潮変わりを狙う

波が立つ場所はサラシができやすく、海中酸素濃度も高くなり、プランクトンとそれを食べる小魚がよりやすい。日中でもルアーの違和感を消せやすいため、シーバス相手では一級ポイントです。

サーファーが乗りやすい波は、”高さが均一で長く続く”のが条件で、長く続くほどサラシはできやすい。

なのでサーファーの一級ポイントほど、サラシができやすく、シーバスを狙いやすいということ。

シーバスは夜間のほうが活性が高く、ルアーの違和感も消せるので、狙うとしたら基本的にマヅメか夜間になります。

障害物があれば居着きやすく、日中でも狙えるのですが(ヒラスズキとか)、外洋のサーフにおいて、障害物は人工物以外ほぼありません。なのでサーフではサラシを積極的に狙いたいのですが、これからの時期、日が出てからそこを狙うのはほぼ無理になります。

だって、サーファーの活性も最高潮になっていく時期だから……。

ということは、日中にサーファーが居る場所を下見しておいて、夜間に狙うという方法が成立する。

でも夜間では海面状況もわかり辛く、これからの人では判断が難しい。そこで、夜間でも確実に地形変化・サラシを狙い撃つために、サーファーが居た場所を覚えておきましょう。

初見で「ドン」と入る方法としては向いていませんが、波乗りポイントを検索して、そこに行けば間違いなく”いい波”が立っています。

海の中を一番知っているのはやっぱりサーファー

ベイト状況を知るには、目で確認しないとなんとも判断できない。

固まっていればわかりやすいんだけど、そもそもそんな状況も滅多にあるものでもない。

今日はベイトが居たのに釣れなかった」、それを見ても釣ってもいないのに、そう判断するのは早計ともいえる。

ならどうやって確認すればいいのか──、サーファーに聞くと(いい人なら)教えてくれますよ。

海の中魚だらけっすよwwwあれ?釣れてないんすかwwww」というパターンもあります。

固まっていないけどベイトが確実にそこにいた」という証明をしてくれるのも彼ら。

案外釣り人って、憶測と経験で色々語るクセがあります。確実な情報を得るためには、サーファーと仲良くなっておいたほうがいいですよ。

(釣れました情報は釣り人を寄せるだけなんだよなぁ)

おまけ(浜への降り口もポイントのひとつ)

あと、駐車場から降り口がめちゃくちゃ遠く不便──という場所も人は少ない。こういう場所はサーフ以外でも”お魚パラダイス”になっていることが多い。

降り口は無数に存在しているけど、その真正面が一番良い波が立ち、海流もあたりやすい。

昔からそこが良いポイントだと周知されていて、獣道みたいだったのがやがて普通の道になり、今のような状況になりました。なので地図から降り口を見つけるだけでも、こちらが狙いやすいポイントは判断できたりします。

でもそういう所はアクセスも容易なわけで、競争率が高い。こういう所は日が落ちてから、波を見つけて、シーバスを狙うに限る。

あ、別に夜間でもヒラメは釣れますよ。ただ”光”があるほうがルアーを見つけてくれやすいので、月光か常夜灯があると有利ですけどね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

とある目印をもとにサーフでヒラメ・シーバスを狙い撃ちやすくなる方法
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク