お船のガチ知識運営から学ぶブログの読ませかた【艦これ】

「さすがにもう…」と斜陽を迎えようとしていた「艦これ」は、本年度からPSVitaとアーケードなど、コンシューマにて新たな客層を狙う。

アニメは終わったが、劇場版が16年秋に公開予定──4/23でサービス開始3周年を迎え、大きな市場へ抜錨する。

軍艦マニアも黙る”擬人化”に成功した、数少ない成功モデルケースである。

※一応釣りクラスタなので、例えとしてそっちの方向性を使っています。

なので、釣りを知らないブロガーには意味不明かもしれませんがご理解ください。

スポンサーリンク

正史を辿るが故に、妥協は許されない

DMMゲームの中で圧倒的な登録者数を誇り、NHKのビッグデータにもたびたび登場する「艦これ」は、TV特集も多くゲームを知らない一般にも知名度は高い。

艦隊これくしょん(艦これ)は、第二次世界大戦時の大日本帝国海軍の軍艦を”擬人化”したゲーム。

歴史をモチーフとしたゲームは多く、はては神話も取り上げられることもあるが──

艦これは現在から100年以内という、映像としても残っている歴史をモチーフとした稀有な存在。

ノンフィクションを扱う場合、整合性というのはユーザーから問われやすく、些細な齟齬があるだけで物議を醸し出す。

”あら探し”とも受け取れるが、事実を捻じ曲げればフィクションにすぎないし、詐欺とも受け取れる。

気を使う=勉強・教養』のようなもの──、

しかしながら艦これは、ガチの軍艦マニアが作成・監修し、このデリケートな問題を軽くあしらうクオリティで世間に認められた。

「困ったらwikiればいい」程度の知識では、これは駄作で終わっていただろうし、ユーザーにもあきられていたと思う。

イラストや声優の力も大きかっただろうけど、ゲームとしてユーザーに受け入れられた肝は”レスポンス”だと感じている。

簡素なUIにハイレスポンスな動作、運営が課金を推奨しない無課金でも遊びやすいシステム、ゲームとして簡素こそあれ、レスポンスの良さはブラウザゲームの中でも随一を誇る。

艦これがヒットした後、様々な”似せゲー”が生まれたが、艦これに続く(超える)ゲームは生まれなかった。

闇に消えたゲームに通じる物は、わざわざユーザーに分かり難いインターフェイスを導入したり、派手を選んでレスポンスを悪化させたりと、悪手で自滅しているケースが多い。

──そう、ブログにも”レスポンス”はとても重要なのである。

ブログのレスポンスは集客率を飛躍的に向上させる

たった10年くらい前に主力だったISDN接続(64kbps)は、現在の通信速度と比べて最大でおよそ2万倍の差が生じている。

ADSL(50Mbps)と比べても、光通信(FTTH)は最大で20倍以上の差がある。

それに伴い、インターネットのウェブページは”静止”から”動的”へと進化を遂げてきた。

”読ませるページ”から”魅せるページ”へと移り変わることにより、ウェブページはたった10年間で別物として生まれ変わった。

それは視覚効果が高く、簡単にインパクトを与える優れた技術なのだが……、

弊害として、データ量の増大とCPUへの負担が増えてしまい、通信速度の革新にデバイスがついてこれず、思ったよりもレスポンス(恩恵)を得られなくなった。

ウェブサイトにおいて、リンクを押したらすぐ読める程度のレスポンスは非常に重要である。

近年ではデスクトップに比べて、CPUとメモリがどうしても貧弱な、小型モバイル機器(スマホやタブレット)での閲覧が多い。

このデバイスで動的なウェブページを見るには、デスクトップよりも重く感じやすい。

そのため、読み込み前に「ハイサヨナラ」とされるケースが多いのも事実である。

無料ブログでもスマホ対応は当たり前になったけれど、軽量化できるはずのソースコードを削除できないので、真の意味での軽量化は難しい。

文章のみで構成されたブログなら、レスポンスとしては最高効率を発揮するが──

しかし、”魅せる”という単純かつ効果的な手段をみすみす逃すのは悪手である。

そのために様々な最適化が存在する。

Googleの検索順位を決める基準には、ページレスポンスも対象になっている。

「すぐ読める」というのはユーザーにとっての利便性を高め、利益になることは間違いない。

ブログ運営者は、自分のページ読み込み速度を測ってみると問題点がわかっていいと思う。

PageSpeed Insights|Google Developers

これに自分のウェブページを入力して、スコアが60以下であれば要注意。

Googleから「このページ遅くね?」と指摘されているようなもので、丁寧に指示してくれる改善点を参考に修正を考慮してみるべき。

私のとこは余裕でクリアしていますが、WordPressのプラグインとテーマによる力が大きいですね。

ちなみにアフィリエイト広告って、多く貼るほどレスポンスを悪化させているんですよ。

どのみち広告でゴテゴテしたサイトは、ユーザーに好まれないし、Googleの評価対象外となって検索順位も落ちますけどね。

SEOに強いブログサイトを作るには、盤石としたウェブサイトの理解が必要

サーチエンジンの検索順位上位にしてもらう条件に、”ユーザーの利便性”は注視すべき事柄である。

ようするに、自己満足で作ったページは受け入れられづらいということ。

自分も見るから便利といって、ウィジェットに潮時表とか天気予報とか、レスポンスを悪化させる余計な物は一切いらない。

それはただページを遅く(重く)するだけで、集客という観点では悪手になる。

アフィリエイトを活用する場合、検索流入を取り入れることにより、恒久的な収入が見込まれる。

検索ページの1位を勝ち取れば、アクセス数もアップするが、それなりの対策は必要になる。

その対策がSEO(Search Engine Optimization)と呼ばれていて、”検索エンジン最適化”というもの。

検索エンジン最適化(SEO)の利点と対策について

これに関して細かくいうとキリがないのでざっくりいうと──

利点としては、それを目的としたアクセス流入が増え、結果的に広告収入が生まれやすいこと。

サーチエンジンのキーワード検索1ページ目になるだけで、クリック数・訪問者数が増え、ページ当たりのアクセスは飛躍的に伸びます。

欠点としては、狙って取ろうとするとドツボにハマることと、即効性がないこと。

SEOにも限界があり、最近では「効果がない」といわれることも多い。

1ページ目を勝ち取るのはそれほど難しいことではないが、そこまで到達するには時間を必要とする。

新規作成したブログは順位が上がりやすいけれど、アクセス数が伸びなかったり、ユーザーの利益にならないと判断されると、順位は下がっていく。

無料ブログなど、ドメインを間借りしているサイトでは、ドメイン内での競争になるので、SEOの効率としてはかなり悪い。

これを解決するのが”独自ドメイン”ですが、ブログをこれからはじめようって人には敷居が高い。

SEOを簡単に最高効率にするには、「長く続けること」と「特定の分野に特化する」こと。

ブログでは「100記事3ヶ月」くらいを迎えたところで効果が現れる程度、だから時間がかかる。

特定の分野に特化するのは、検索語句を自然と充実させて、キーワード検索の対象比率をあげることにある。

特化させることにより、ユーザーの欲求への導線が自然と生まれ、また種類と目に付くことも多くなる。

ブログで収入を得るのなら、”キーワード”とは、棚に陳列している商品なのです。

海を統べる運営から学ぶ”知識”を武器にしたブログのつくりかた

お船の運営から学ぶべきことは、「盤石な知識を基にした有力な情報を発信する」こと。

釣りブログでいえば、「はじめかた」「釣りかた」「使いかた」など、”教える”を基にした記事になる。

これらはブログで稼ぐことには向いてないが、副収入を得ることには長けている。

”基本”を伝えるコンテンツは、情報が古くなってもあまり不利にならない。

ITなど早い分野ではこうもいかず、とにかく情報の鮮度が勝負になるため、専属にでもならないと消耗戦になってしまう。

「知識を与える」というコンセプトでは、「1冊の本としてブログを完成させる」ことが目標になる。

そうすることにより、印税のように広告収入を得ることができ、それを複数運営していくほど伸びていく……。

多くの”稼いでる”という人がとっているのがこの手法です。

得意分野で攻めることは武器になる

ネタ系で継続した集客を望むには、同様のコンテンツを充実させていく必要がある。

エンタメとして仲間同士で繋がる、旧来的なサイトを目指すのも、SEOに有利な被リンクも増えるため、それも間違いじゃないかもしれない。

釣りの場合は”釣り方”や”場所”など、検索する機会が多い語句を狙った戦略をするのが賢い。

継続は力なり」という言葉は、実生活のみならず、ブログを含むウェブサイトでも効果を発揮する。

サイトは店であり、記事ひとつひとつは商品となる。

コンビニやスーパーは一見”雑”だが、人の流動と行動統計に基いて、最も効率がいい配列となっている。

雑貨やアパレルなどは、売りたい物にPOPをつけたり、目につくようにしたりと”魅せる”ことを重視している。

大きな物を扱うカーディーラーなどは、空間に余裕を持たせて緊張感を生まないようにしている。

サイトの第一印象という”陳列棚”は、管理者の感性が問われる。

自らの利便性だけを求めるならば、同じ感性を持つ人しか興味を持たず、それよりも多く集客することは難しい。

アフィリエイトで稼いでるといわれるブログは、どれもデザインが似ていると感じたこともあるはず。

だってそれが、もっとも広告クリックの効率がいい配列と構成と、世界でもデータが証明しているから。

狙ってアクセスを稼ぐためには、統計に足を踏み入れるべき

統計学は、世界で最もアツイ学問といっても過言ではない。

マーケティングは日本において今まで軽視されてきたこともあるが、近年ではコンサルティングを介して、認知度は高まってきた。

少しの工夫で売上を伸ばせるなら、企業もそれは放ってはおけないポイントだろう。

”平均値”を割り出すことで、該当ジャンルから50%以上の集客を得ることができるのだから。

ジャンルに陽をあてるのは、やはりユーザーの口コミが強い

口コミは今でも健在で、宣伝としての機能は即効性があり、浸透性もある。

艦これはやっていなくても、「島風」は知っている、見たことがある人は多いと思う。

爆発的に浸透したのは、キャラクターもさることながら、正史という身近な題材を二次創作側が扱いやすかったためかもしれない。

戦時には様々な逸話があり、フィクションにも取られかねない事実が潜んでいる。

「事実は小説よりも奇なり」とはよくいったもので、それは”永遠の0”がヒットした理由にも通じると思う。

戦争における悲劇は、今なお人の心を震わせる。

艦これは、長年トップを走り続けた「東方Project」をコミケサークルジャンル率で追い抜いた。

日本で最も”瞬間的かつ最大の市場”としてのコミケでそうなったことは、二次創作というカテゴリで頂点を獲ったともいえる。

現在では登録者数が400万人規模となり、クラスや会社に1人は提督が紛れている計算にもなる。

メディアミックスも成功しており、グッズの販売効果も高く、果てはモデルとなった艦船のプラモデルの売上も伸ばした。

ゲームだけではなく世間に与えた経済波及は、最大規模かもしれない。

世には様々なノウハウと成功例が散らばっている。

成功するためにはまず、成功例を知ることが大事だと、私はそう感じている。

成功例という知識を集約して精査することにより、少なくとも”追いつくための過程”は格段に省くことができて、いずれトップに並ぶことは不可能じゃあない。

偉人伝という書物がこの世に多いのは、そういうことなんです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

お船のガチ知識運営から学ぶブログの読ませかた【艦これ】
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク