ガメツイお空の運営から学ぶ稼ぐブログの考えかた【グラブル】

201652tp201

「グラブる?」でお馴染みの、ブラウザゲーム界のモンスター「グランブルーファンタジー」。

課金でなにかと話題にのぼるが、”政府”を動かしたソシャゲはこれがおそらく初だろう。

”錬金術”とも例えられるガチャ手法は、稼ぐことを念頭に考えれば合理的である。

※一応釣りクラスタなので、例えとしてそっちの方向性を使っています。

なので、釣りを知らないブロガーには意味不明かもしれませんがご理解ください。

スポンサーリンク

ガチャに規制をもたらした2つのゲーム

最高レアが「1%以下」とか、70万使っても出なかったとか、課金額500万以上のユーザー優先にコンサート招待疑惑とか。

……金銭に絡む問題がよく取り上げられるお空の運営。

新キャラが投入されるたび、じゃぶじゃぶを超えたナニカの報告が後をたたない。

ちなみにスマホゲーム(ソシャゲ)としての顔が広いですが、PCブラウザでもできます(小並)。

「返金騒動」は記憶に新しいが、”ガチャ規制”の流れを作ったのはグラブルではなく、「FGO(Fate/Grand Order)」だったりする。

【Fate/Grand Order BANできない】の返金騒動が今やばい?50万の人も!|NAVER

FGOは「メンテが明けるとメンテが始まる」という名コラを生み出し、極悪なガチャ排出でも伝説を作った「英霊:庄司」は、今となっては糞運営の代名詞として使われている。

ガチャの規制を語るなら、FGOとグラブルは欠かせない存在である。

高確率で出ます(出るとはいってない)

新キャラは「出現率アップ中!」など、ガチャ出現率の優遇措置がとられることが多い。

だがしかし、ユーザーから「100万近く使っても出ない」という報告が多数のぼり、「本当に”確率はアップしているのか?”」を言及する。

そして返金へと移り変わっていくのですが、まともに書くとキリがないのでまとめを参考にしてください(他力本願)。

──これらの問題を受け、「日本オンラインゲーム協会(JOGA)」が「ガチャの確率表示などのガイドライン」を新たに改定。

他の関連協会もこれに賛同し、これらの加盟事業者は”ガチャの内容”及び”排出率表示”が義務化される。

青天井だった金額にも上限が設けられ、「ある一定の金額を超えると欲しい物が貰えるようにする」など、過度のじゃぶじゃぶは滅せられました。

──それははじまりにすぎなかった!(世紀末感)

お空の運営は、ガチャを回させる商売人としてのスキルがMAXになってしまっていた。

「公平感は客に与えねばならんのだ…!」

SSR排出率2倍(それでも6%)のレジェンドフェスに確定ガチャなど、回せば回すほど得をするイベントが多い。

が、キャラが増えれば増えるだけ3%から先の分岐が多くなり、”特定”を引くとなると0%以下(哲学)の確率に落ちていく。

これが青天井を誘発させ、射幸心を煽るみたいに受け取れるのですが、今は任意のキャラが貰える”確定ガチャチケット”が、様々なゲームで標準化されるようにはなった。

──グラブルは良くも悪くも、ガチャの概念を一新させた化物である。

カイジに登場する”兵藤会長”の一言は、ソシャゲ界の運営方法を先見しすぎていた。

ガチャ表記が”律”となって短いが、少なくとも”公平感”は与えられたように思える。

「基本無料」という楔は、課金と無課金にとって公平である。

課金することによってガチャは回しやすいしプレイの幅も広がるが、無課金でも時間こそかければ課金を追い抜くことだって可能。

この”公平感”のバランスが巧い運営ほど、息は続いていく傾向がある。

お空の運営から学ぶ稼ぐブログの考えかた

ブログで簡単に稼ぐには、大きくわけて2通りある。

商品を売る

広告を見せる

アフィリエイトの構造としては、「広告を見せて、商品を売る」が正しいけど、サイトを造る構成としては二分される。

商品を”売る”サイト、広告を”見せる”サイトの考えかた

前回でも書きましたが、売ることを前提にすると、見つけてもらうために目立つPOPが必要になる。

この場合にはアクセス数は絶対ではなく、いかに商品まで導くかが重要になる。

その答えがSEOになります。

SEOの性質上、単ジャンルを複数運営するほうが検索からのアクセスは伸びやすい。

釣りでいえば、大きく「海水」と「淡水」で分けられるが、対象魚となると多岐に渡るし手に負えなくなる。

なので海となれば、「シーバス」「ヒラメ」「タチウオ」のどれかに絞り、それだけのアンテナを常にはり、最新情報を誰よりも更新し続ければ自然とアクセスは増えていく。

これを3種1サイトでやるよりも、3種3サイトでやるほうが稼ぐことはしやすい。

ただ更新にかかる時間と情報量が増えるし、実際に釣ったレポのほうが受けやすいので、自分の行動範囲内に収めるほうが長くは続けれると思う。

「なら独自ドメイン内で複数サイトを持てばよくね?」と考える人は素質があると思います。

例えば、先の人気魚種3種を3サイトでそれぞれ運営して、それぞれを”リンク”させれば、3サイト間でアクセス数が相対的に伸びていく。

この被リンクの数は”ページランク”と呼ばれる「検索結果上位になりやすい指針」として、サーチエンジンに評価されます。

被リンクはSNSでいえば「シェア数」のことで、多ければ多いほど、色々な人の目につきやすくなる──

イコール、アクセス数も上昇します。

個人で複数サイトをリンクさせる場合、特にドメイン内となると、意図的な被リンク稼ぎとみなされ、ペナルティを受けやすい。

このリンクも購入することができますが、これもペナルティを受けやすくなっています。

「相互リンクおねがいします(^^)」というのは、最も安全かつ、被リンクを増やしてアクセス数をあげるのに効果的。

でも今のブログ構造だと、相互リンクを紹介するだけで「なんだかカラムの邪魔だなぁ…」となったりする。

現在での被リンク確保は主に、SNSの”シェア”と”拡散”が生命線。

ここを雑に考えると、今は成功できないといっていいでしょう。

稼ぐには感情を捨てるべし

お空の運営がやる究極のガチャ錬金術は、”ぶっ壊れ性能キャラを追加して、ガチャを回させてから修正する”という技。

修正した後、電子データ(侘び石)として返金し、ユーザーは現金で回した分を再び回せるので、得をした気分になります。

これを3回くらいやっているので、「もはやわざとじゃね…?」と勘ぐられている。

現金だけが運営に渡り、得をしているのは運営だけですね。

この手法は褒められることではないですが、商売としては上手だなと感じる(他人事)。

アフィリエイト広告は閲覧の邪魔になるし、一般ユーザーからは嫌われ、表示させないプラグインも多々ある。

表示速度が上がったことと、ネットショッピングが迅速・安価になったことで、過去よりは受け入れられるようにはなった。

が、レイアウトを崩しているような広告は誰もが嫌いだ。

手っ取り早くアクセスを集めるには反感を買えばいい

わりとあこぎに攻めるほうが、ブログで稼ぐのには成功する。

いうなれば”行動力次第”といったところでしょうか……貪欲に攻めるほうがアクセスは集めやすい。

先に紹介した被リンクを増やすのなんて、有料サービスに登録すればすぐに集まったりする。

問題は、そこに投資して返ってくるか──ですけどね。

平均的な”日給”を広告収入で叩き出すには、だいたい月30万PV以上は欲しい。

アクセスを集めやすいのは主に芸能関係で、TVニュースになるとキーワード検索が爆発的に増えるから、そこを狙えばなんとでもなる。

釣りというカテゴリはニッチすぎるので、単純にアクセスを集めるなら、炎上させたほうがはやい。

これはブログで問題提起だけして、「あなたはどう思いますか?」と答えだけを求める方法。

この方がリアクションを得やすく、SNSのシェアも広げやすいし、なにより意図的に狙えるのが強み。

ぶっちゃけた話、「リリース」「ゴミ」「いざこざ」などの”マナー”について、月一ローテーションするだけでアクセスは集まるはず。

当ブログでもその話題は瞬間的にアクセス数は伸びています。

でも書いている中の人が、燃えるのが面倒なので、完全論破系です。

成功するためには、まず目標を立てる

PDCAに則って予想図を描くのは大事なことで、明確な指標がないと進め方がわからなくなる

株をやっている人には身近な、企業広報のIR(インベスター・リレーションズ)を自分で組み立てる感じ。

これは「今期はこういう結果でした、来期はこうして業績を伸ばします」と、投資家に向けて行う指標みたいなもの。

投資家にとってはこれが投資判断の目安となります。

自己分析できない人は、正直いって伸びません。

トヨタの”カイゼン”が有名ですけど、どんな分野においても改善をしなければ、効率は良くなりません。

現状を維持するのなら変えない、現状を打破したいのなら変える。

サイトの場合、アクセス解析をみればおおよそのカイゼン目標は立てれます。

アクセス数が減ったらページレスポンスと内容を見直す。

直帰率が高ければタイトルと見出しとキーワードを見直す。

セッション辺りのページPVが少なければブログ内の導線を見直す──など。

その方法を知るのには、検索すれば簡単に知ることができる。

ここで重要なのは、飛んだ先のページで参考になったかならないかで、模範となる指針を見つけること。

貴方が「参考になったページ」は、同じ価値観を持つ人にとって”参考になるページ”になるわけです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク