干物を釣りにいく釣行in焼津

201659tp111

GW土産に「3000円で山陰の干物買ってきて」と頼んだら、クール、クーラー、クーレストの宅急便でもっさり届いて驚く。

──その干物達を見て、何かピンときたから干物を釣りに行った(?)。

干物はなぜ美味しくなるのか

旨味成分であるアミノ酸が、たんぱく質の分解酵素の働きにより大幅に増加・濃縮されるため。

干物の歴史は古く、奈良時代では献上物としての記録がある。冷蔵設備がない時代には、干物や塩漬けは保存するうえでの知恵であり、流通品としても重宝されていた。

知恵と歴史が培ったソウルフード、それが干物である。

干物の種類

一般的な「生干し」。朝においしく頂く「一夜干し」。めんどいから「丸干し」。一手間かける「煮干し」。

──など、途中の工程こそ違えど、どれも”干す”ことには変わりはない。現代では、大気汚染や高層建築物で満足な日照が得られなかったりと、環境がそれを難しくさせているところはある。

でも釣り場って、広くて風通しもよく、絶好の干物ポイントだよね。

干物にとって天敵は、『高温・高湿・日照不足』。よって”これからの季節”は、ちょっと向いていない。

乾燥して風もある”冬の晴天”が最高だけれど、今の時期でも午後から干せば、帰る頃には一夜干しレベルにはなるだろう。

そのためには午前中である程度釣らなきゃいけない……。

干物を釣ってみよう!

勝手知ったる場所なので、根魚狙いの短期決戦。ロックフィッシュ一個師団がいて、「今日は難しいかな」と思っていた。

けれど、ここそこあそこ──と、だいたい3時間くらいで十分なくらい確保完了。

201659tp112

22cm前後のカサゴ4匹に、25cmのムラソイ2匹。同じくらいのがもう4匹くらい──。そこまで必要じゃないし、かかりどころが良くすぐ外せるのは、いつもほとんど逃がしている。

問題は、締めるのには十分だけど開くのには小さいナイフで、これらを処理しなきゃいけない所……。

特にムラソイくんは生命力がハンパなく、活けで捌くのに素手は大抵こちらがやられる。

だが そんなのかんけい ないね!

201659tp113

干しました。作業が完了したのは午後1時過ぎくらい。

友人談では、近くにいた釣り人が「すげぇ…あいつ釣りながら干物つくってるよ…」とかいっていたらしい。

私もこんな場面に遭遇したら、「ナニモンだあいつ…!?」と思ってしまう。

本来は殺菌(気休め)のために酒を使ったり、真水で塩気を調節したいところ。「これが本来の干物よ」と、昔の人をリスペクトして、全て海水で行った(辛そう)。
──とまあここまでは簡単なんだけど、”味”については後日になるのは仕方がない。

釣りの反省点はないが干物の反省点はある

15時くらいから曇りはじめ、風もうまく当たらず、乾きがちょっと甘かった。日照は十分だったが、岸壁に干したから、風通しが悪かったせいかな。

都合よく、物干し竿的な木が「ニョキ」っと生えていればいいけれど、残念なことに背面は岩肌と崖しかない。

特に”干す方法”を見なおさなければならないようだ。

帰りは”釣りをしながら干物を作る”ための改善点を話し合う(何話してんだこいつら)。

釣り場の環境に左右されやすいが、小型化して持ち運びやすく、効率的に風を通せる──そんな方法をある程度は導きだした。

「答えはきっと、100均にある」

あそこの商品を組み合わせると、なんでもできる気がしてくるんだ。

よし、今夜食べよう。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!