LB入門におすすめの激安リール「グレシアスピン」(と使い方)

2016511yp11

最近注目されている”レバーブレーキ(以下LB)”のスピニングリール。

ドラグに頼らず、テクニックでやりとりを楽しみたい人には、もってこいの代物。

その入門編に安い物を使い潰してみよう。

スポンサーリンク

LBは魚の動きを制御できる

リールは釣具において、”技術の結晶”みたいなもの。

ドラグは仕掛けが耐えれる重量設定にすることで、タックルの限界点を効率よく使い切ることができる。このおかげでラインブレイクも抑制され、大型の魚にも耐えるやりとりが生まれる。

それとは違い、綱引きを極力回避して全力で”遊ぶ”ことができるのがLB。

ただ、慣れないとただの”ドラグ付きリール”に成り下がってしまう。

お魚さんが引っ張るのは、危険から逃げているから

魚は”危険を察知する”と逃げるのは知っていると思います。でも、やりとりしている時に、「なんで引っ張るんだろう?」と考えたことはないですか?

人間だって、あやしい店に「イイカラコイヨ、コワクナイ」と無理やり引っ張られれば、逃げたくなります。

それと同じことが、釣り人と魚の間に起きているわけです。

LBが優れているのは、魚への抵抗をフリーにして、「あれ?安全になった?」と思わせ、動きを一時的に止めることができる。

メジナのフカセ釣りをやっていると解りやすいけれど、”居着くタイプの魚”は、住処からヒュッと出てきてエサを食べ、再び戻る。これがウキ釣りを成立させているわけです。

口に針がかかるよりも、”引っ張られる感覚”に魚は違和感を感じる。それを解消できれば、普段通りの状態に戻るわけです。

LBを使ったやり取りの例

あらかじめいうと、バラシにくくなるわけじゃないです。負荷が抜けやすいため、普段から全力で走る相手には意味をなしません(青物とか)。

ルアーフィッシングでは、上下に動くシーバスと、波の力があるサーフですかね。

シーバス相手の使いドコロ

厄介なのが”エラ洗い”です。

シーバスは下に突っ込むタイプではなく、大きくなるほど水平に力強く泳ぐので、ドラグなどで負荷をかけていると水上に向かいやすい。海面に近づくほどエラ洗いチャンスが生まれるので、そこに向かわせなければいい。

やり取りの最中に、「フッ」と軽くなる時があるので、この時が上に向かっている予兆。

つまり、”必要以上に浮かさないこと”でエラ洗いは防ぐことができます。

サーフでの使いドコロ

サーフで一番厄介なのは波打ち際~取り込みをするまで。

魚が波に乗ると数倍の重さを感じたり、負荷が抜けて外れやすかったりと、ランディングはけっこう難しい部類。

ドラグを締めた状態で、寄せ波で引っ張り、引き波でラインを出すという効率の良さではLBに軍配があがる。波打ち際のランディングでは、時間短縮にもつながります。

障害物がほぼ無いので、ラインを出しながら余裕のあるやりとりを楽しむにはもってこいの場所ですね。

値段相応の実力があるグレシアスピンSP|プロマリン

S社やD社に比べると見劣りする耐久と機能。でも”入門としては申し分ない”。

安物のリールは、「一口目はめっちゃ美味しいけど、食べ続けるのは辛い脂っこい料理」みたいな感じ。2万を超えると「家庭料理」くらいの安定感。ハイエンドになると「コース料理」。

”当たり外れ”がそれぞれにあるように、リールにもそれはあります。

恒久的に使うとなると、「家庭料理」を探すといいと思います。安物のリールは、「文句をいいながらも食べるとうまいコンビニ弁当」みたいだなと感じる。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

LB入門におすすめの激安リール「グレシアスピン」(と使い方)
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク