駿河湾も生しらす販売は負けてはいません!【用宗港なぎさ市】

2016520tp11

静岡県で”生しらす”というと、舞阪が挙げられますが、駿河湾も負けてはいません。5/22(日)には、用宗港で「なぎさ市」が開催されます。

実のところ、全国への流通ルートは駿河湾の方が広く、知名度も高い。

スポンサーリンク

用宗は春、吉田では夏頃に開催されている「しらす祭」

もちむねみなと(用宗港)なぎさ市 5月 ~長田の新鮮野菜・用宗生しらす※天候による~|静岡新聞SBS

駿河湾の強みは海鮮市場が充実しているところ。

もしも天候不順で中止になった場合でも、他にも”買える”選択肢は存在する。

用宗から近いとなると、焼津か清水の鮮魚売り場が近いかな?

用宗港へのアクセス|イシグロ

「こんなの観光案内じゃないわ、ただの釣り場案内よ!」

用宗港は「焼津IC」「静岡IC」どちらからでも時間は同じくらい。でも焼津ICからのほうがわかりやすい。

サーフルアーメンは沼津方面への遠征&観光はいかが?

駿河湾の奥ではぼちぼち幼ブリがあがっていて、シイラは早いけど青物狙いのショアジグ時期にはなってきたようです。

「釣れるかわからないのにクーラーが必要なのかい?」──という「釣れたらその時考える」スタイルの人もいると思いますし、その場合には”生しらす”の持ち帰りは若干困難になります。

じゃあその場で食べていけばよくない?

ショアジギングのメッカである”千本浜”から東へ少し。リバーシーバスでは有名な狩野川河口からは近く──。

静岡のルアーフィッシングでは有名所の二箇所からのアクセスも容易で、沼津の魚河岸も楽しめる場所にあるしらす専門店。

朝マヅメが終わって、新鮮な魚介ランチを経て、上げ三分のゴールデンタイムを狙えるという、完璧なスケジュールが組めます。

釣れなかったら沼津港で干物をおみやげに帰りましょう。

キンメダイの干物はオススメですよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

駿河湾も生しらす販売は負けてはいません!【用宗港なぎさ市】
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク