計算が苦手な人もフォローするリール下糸巻き量の算出方法

2016530tp111

リールにラインを巻く際に、自分でやろうとすると困るのが下糸の量。いったいどれだけ巻けばいいんだ……?

これは『割合計算』で算出することが可能。ついでに「数字に弱いから…」という人向けの方法もまとめてみる。

何故下糸が必要なのか

リールには『糸巻き量』が表記されています。これはスプールに「この号数であれば◯m巻けます」の意。

これ以上巻くとはみ出てトラブったり、少なすぎてもキャスト性能が悪化する。

何故下糸が必要なのか”は、市販のラインは「100m」もしくは「50m」刻みでの販売が多い。ルアーフィッシングではせいぜい”100m前後”が最大飛距離。だから市販の糸は”150m巻きが主流”。

売っているのは150mばかりなのに、400m巻けるリールに巻くと、スカスカになるやん?

それを解消するために、250m分を補う役目を果たすのが、下糸です。

こまかいことは抜きにして、とあるリールを例に説明すると

PEラインを巻くのに適している”浅溝スプール”(例:ヴァンキッシュ3000HGM)では……

2016530tp112

PE1号なら220m巻けることになり、150mを買って巻くとすると70m足りません

同じ3000番台の”ステラC3000HG”は……

2016530tp113

PE1号なら400m巻けることになり、150mを買って巻くとすると250mも足りません

下糸は”安い”ナイロンラインで十分。浅溝では”1号”、深溝では”3号”もあればいいので、1000m巻で販売もされているから、多用途できる。安い物であれば、PEの半額以下。

下糸は太すぎると段差が生じやすく、本巻が綺麗に仕上がらないため、なるべく”3号以下”を選びましょう。

計算はお手の物!数式で算出する理系タイプ

下糸は補うための物”で「ピン」と来る人は多いでしょう。[A号]で[Bm]巻けるリールに[Cm]足りないのであれば、それを『割合』で算出できる。

例として、ステラに「PE1号150mを巻きたい!」時、下糸をナイロン3号と仮定して計算してみましょう。

『PE1号で400m』が100%の状態。なので400mから150mを割り、スプールにPEが巻かれる割合を算出します。

150m÷400m×100=37.5%

下糸には残りの62.5%が必要とわかりました。つまり「ナイロン3号を62.5%巻けばいい」ことになります。

ナイロン3号では150m巻けるので、150mの62.5%は93.75──。

このリールの下糸は、「ナイロン3号を93.75m巻けばいい」と判明しました。

表記にない号数を下糸に使いたい場合の計算方法

ステラを例にすると、「ナイロン2.5号で180m、3号で150m、4号で100m」です。

「ナイロン2号はあるんだけどなぁ」……そんな時は、1つ上の参考数値を使います。

先に算出した62.5%を基本として、ナイロン2.5号の下糸必要量を算出すると112.5m。

これに号数(2.5)を掛け、使いたい号数(2)を割ります。

「(2.5号×112.5m)÷2号=140.625m

ナイロン2号では140m必要と判明しました。

スプールに◯m巻くためにはハンドル1回転の糸巻き量を参考にする

”93.75m”を巻きたいとわかりましたが、何を基準に長さを判断したらいいのでしょう。これはハンドル1回転での巻き取り量を参考にします。

先の画像にある右端の数値が該当し、これは「cm表記」なのでmに換算して計算します。

「93.75m÷0.88m=約106.53回転

下糸を巻く時にハンドルを106回ほど回してから、PEを150m巻けばいいということになります。

数字に弱いが完璧にこなしたい文系タイプ向けの方法

これが最も確実ですが、面倒な方法になります

……説明は簡単、「実際に巻けばいい」。これだね。

空のスプールへPE1号を巻いてから、その上に下糸を巻く。それらを解いて下糸から巻くと──。完璧じゃありませんか。

ただし「巻いて巻いて解いて解いて巻いて巻いて」の作業になるため、時間がかかります。この方法は”高速リサイクラー”のような糸巻き機を持っている人におすすめ。

ちなみに実際試してみたところ、空ボビンに手巻きで回収して巻きーのしたら、完成に20分ほどかかりました。

完璧に出来るのはいいけれど、「何故俺はあんな無駄な時間を…」という喪失感に悩まされます。

「頭空っぽでも糸巻ける」豪腕タイプ向けの方法

全て巻いてしまってもいいのだろう?」、”背中で語る系男子”はこの方法。ようするに、下糸とか関係なく一気に巻いてしまえばいい

キャスティングではもったいないですけど、降ろす釣りになる船では一般的です。

下糸をするメリットとデメリット

メリットとは?

1.ラインの反対側を再利用する作業が楽になる(効率がいい)

2.下糸を決めてしまえば、同じ号数のPEは簡単に交換できる

3.結果的には節約に繋がる

理由としてはこのくらい。ラインを”節約できる”のが強み。

「1号400m巻きに高品質のPEを全部巻け」。そういわれたら、いったいいくらかかるのだろう。

これは”デメリット”ですが、PEだけで巻いた場合、大きな魚や根掛かりなど”負荷をかける”と糸が下にくい込みやすい。

キャスト時にそこで引っかかったり、一気に放出して絡まったり、トラブルの原因になりえます。細い糸ほどなりやすいので、その層は(船は別)なるたけ少ないほうがいい。

それか毎回巻き直せばOK!

デメリットとは?

1.(ひっくるめて)作業がわずらわしい

2.”エコノマイザー”でよくね?

感情論だコレ。

エコノマイザー”とは、深溝スプールを浅溝にする”嵩上げアイテム”のこと。購入時に付属されていたり、別売りがあったりも。

下糸が綺麗に巻けない」「計算が面倒」「エコでありたい」、であればおすすめします。

まとめ

計算で算出することは可能。しかし、糸の太さは統一規格ではなく、硬度にバラツキがあるため、計算と現実のズレがどうしても生じる。

巻く際の負荷も一因になるし、数字からはじき出した”ピッタリ”は、かなり曖昧である。

シマノの”AR-Cスプール”は、ピッチリで計算すると溢れやすい。それから10mは削るほうが無難かも。

リーダー結束の編みこみで徐々に短くなるから、巻量に関しては個人の好みです。

「俺は最大のパフォーマンスしか求めない」みたいな、1回毎に交換するよくわからない嗜好の人は、エコノマイザーのほうがいいかと。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!