長いロッドのメリットは飛距離を伸ばすだけじゃない

201662tp191

「ルアーロッドはエサに比べて種類が多いのはなぜ?搾取するため?」

店頭に並ぶ似たようなロッドを眺めると、知らない人にとっては”そう思える”かと。

──何故多いのだろう? よく”飛距離を伸ばすため”とかいわれているけれど、ただそれだけじゃない。

魚種よりも場所に合わせるのが重要で、手前の障害物をかわすために必要なのです。

スポンサーリンク

ルアーロッドは魚よりも場所で選ぶべき理由

サーフルアーにおいては、ルアーロッドでも長い部類の『10ft以上』が推奨されている。

飛距離が重要”と口うるさくいうメディアは多く、間違いじゃあない。遠くに投げれるだけポイントも広がるから、魚に出会える確率は相対的に上がる。

それは色々な所で説明されているので省くけど、語られていないこともある。

それは、根ズレによるライン切れの防止

「サーフで根ズレとか寝ぼけてんの?」、なんていわれそうだし思われていそう。これに関して言及している人は、ほぼ見ない。

薦められた物を至上として使うだけで、思考を停止していませんか? ロッドの選び方は、”魚種よりも場所”ですよ。

サーフで短いロッドが不利な理由

サーフで短いロッドは個人的に『7ft(2.1m)』以下。よく推奨される『10ft(3m)』との差は1m程ある。

7ftでも釣れないことはないし、やれないこともない。ただし、10ftに比べて不利な点が多くなるだけ。

そのひとつ、「ラインの根ズレ防止」について説明します。

これは満潮時のサーフをざっくり絵にした図。

201662tp192

図のように、波打ち際ではなく海の中に入る人はいくらなんでもいないと思けど、危険なのでやめましょう。

201662tp193

ほとんどの人は、波が寄せた時に足が被る程度の、この位置で構えるはず。

”波高1m”と仮定すると、立ち位置から手前の駆け上がりまでの距離が、およそ5mくらいのはず。

ようするに、立っている位置から5m先まで陸地ということになる。

ここで”三角定規”を思いだして欲しい。

ロッドとルアーを繋ぐ斜めの線上には陸地が存在する。ルアーを引き寄せるほど、手前でラインが擦れやすいとわかる。

201662tp194

サーフルアーで長いロッドを扱う理由としては、その陸地にラインが当たらないよう、根ズレから守る役割がとても重要。

重くデカイ魚ほどラインが擦れる可能性が高まるため、いざの時に備えるために長いロッドは必要というわけ。

7ftでは10ftより1m短くなる──だから、短いロッドほどサーフではラインが擦れる危険性が高まる

波が高ければ立ち位置が下がるし、それだけ手前でラインが擦れやすくなる。

砂は柔らかいイメージが強いだろうけど、もともとは石ですよね? なのでラインを砂に当てて摩擦させるのは、石でヤスリをかけているようなもの。

サーフにおけるラインブレイクの要因に、これを考えていなかった──。という人も多いのではないかな?

堤防(波止)でも竿の長さは重要

「浜名湖今切口の堤防」を例にすると、ここは手前に沈みテトラがあり、堤防際から6m先まで沈んでいる。

……ということは、磯竿のポピュラーな長さである『5.4m』でも長さが足りません

「それだとちょっと潜られたらアウトじゃ…?」と思う人は冴えている。なので”わかっている人”はある対策を考えた。

そこで生まれたのが、6mを超える改造竿

この長さで”リールを使える竿”となれば、市販品がほぼ無かったりする。なので常連たちは、アユやメバル用の延べ竿を改造して、7m超のリールを使える竿にして、使用している。

場所に対応し、釣り人が知恵で編み出した、”ポイント特化型のモデルケース”かな。

201662tp195

ウキを使うことで短い竿でも、同じように探れることはできる。

けれど魚がかかった場合、手前のテトラに擦れやすくなるのは変わらないし、ランディングに持ち込むために仕掛けを太くする必要がある。

足元に障害物が多い箇所では、それより長い竿を扱うほうが楽ってわけです。

水面までの高低差がある高い堤防でも、水面近くに穂先を持ってくることで、アタリが取りやすくなったり風でラインが煽られにくくなる。

長いロッドを扱うメリットは、エサ釣りのほうが多いかもしれないですね。

魚がかかってから根ズレを回避するためのテクニック

ロッドからルアー(魚)までの”角度”によって生まれる根ズレの危険性について、だいたい理解して頂けた──と仮定して。

ここからは、それをある程度回避するための技術について。

1.前に一歩でも進む

特にサーフでは有効な手段。

手前に障害物になりえる物があるのなら、回避するために前に出るのが最も簡単な方法になる。

しかし海に近づくほど危険性は高まるので、長いロッドを使うほうが楽なのは事実。

2.ロッドを立てて腕を前に出す

腹部にリールがあるなら、それを目線の高さにすれば、三角形の頂点が50cmは高くなり、手前の障害物を回避しやすい。

一歩前に進めない状況でひねり出す策……という感じ。磯では活用したいテクニックのひとつ。

スピニングのほうが楽だけど、ベイトでもできないことはない。

波高の時や大きい魚がかかった時、これを意識するとラインが切れるケースは少なくなるでしょう。

ロッドの選び方は、まずポイントを浮かべること

ウェーディングで長いロッドを使うのは構いません。ですが、取り込みに苦労します

サーフで短いロッドを使うのは楽。ですが、デカイのが来ると苦労します

4m程度の磯竿を今切口で使うと、ラインを切られやすいです

ボート向けに短いロッドが多いのは、遠くに投げる必要がなく、キャストに精度が必要だからです

……以上のように、ロッドの長さというのは、”場所に合わせた選び方”をするのが最善。ハマり込むとそういう選び方ができるようになっていると思う。

これからはじめる」って人は、場所と予算を告げてから、店員に提案してもらうのが無難。

メディアで紹介されているタックル構成は、「…このくらいなら誰でもどこでも万能だよね?」という平均だから、対象魚種がいやすい場所に平均して対応できる感じと覚えておくのが無難。

オススメの万能ルアーロッドの選び方

岸から投げる前提なら、ルアーロッドで”万能”を選ぶと、『8~9ft』の範囲。このくらいなら誰でも振りやすいし、種類も多く価格帯も選びやすい。

「色々な場所でやってみたい1本」の相棒を選ぶなら、この範囲で選んでみましょう。

ルアーマチック」と「リバティクラブ」なら、世に出ているほぼ全てのミノープラグが扱えるし、メタルジグなら30gくらいは余裕。

このくらいが一番使いやすいし、汎用性がある。磯はキツイけど、港湾やサーフなら問題ないレベル。

値段としても入門用だし、このロッドを折らずに1年使えたのなら……、ワンランク上に進むことを考えてもいい時期。

この価格帯のロッドは比較的頑丈で、それに比べると高いロッド(ハイエンドモデル)のほうが折れやすいです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

長いロッドのメリットは飛距離を伸ばすだけじゃない
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク