梅雨入りしたということは…in浜松サーフ&表浜名湖

201665tp191

理想「雨が降って釣り人が減るし魚の警戒心もガバるな!

現実「全然降らなくて暑いんすけど……

先手:浜松サーフ

予報では北東の風。いいうねりが来てるかと思い、シーバスを拾いに(形容)行こうと思い立つ。

本当は5時に起きるつもりだった。……今は7時過ぎ。まあ、ね?

現地に着いて見渡せば、ただの波高うねりは皆無。雨はポツポツ中途半端に落ちつつ、やるとなれば特に問題はない。

でも釣り人がほぼ居ないってことは……、あっ(察し)。

ボラすら跳ねない魚っ気noneの状況。そしてポインツに嫌な濁りが入っている。

一応あれやこれやと通して反応なし、周囲をジグでちくちくやっても反応なし。うん、これは射程内に居ない感じですねわかります。

……浜名湖に浸かるほうが無難とは思っていた。

でも今日は大潮だし、下げが重なるからなぁ(片付け)。

どうしようかなぁ……(国1ブーン)。

201665tp192

水綺麗だなぁ……(到着)。

──やるか!(ザブザブ)

後手:表浜名湖

水温は21度、浸かるのにはいい塩梅。子ハゼが「ワーワー」逃げまわるのをよそに、えっほえっほと進んで駆け上がり30m手前。

潮流に乗った多量のアオサが、「じゃあの」と過ぎ去っていく……。

どんなルアーを通しても、ここの顛末は見えている。

流速があるし、底でひっかかる要素は海藻くらいなので、まずは底を転がしてみることに。

何回か入れなおすと、不意に根がかったような感触に襲われた。「んー、こんなとこで?」、そう思っていたら……、ズズズと動いていく謎の物体X。

引っ張ると微妙に持ち上がるが、明らかにエイ(魚)じゃないし、これはいけない物に掛かった予感。

流れに乗ってズズズィーとドラグが出され、このまま進むと、通りすがりの船か橋脚にラインをワンパンされかねない。

トレブルフックなので曲がってくれないかと、ロッドとラインを真っ直ぐにして耐える。が、リーダー結合部がスッポ抜けるという初の事態。

流木の感触じゃなかったなぁ(根掛かりソムリエ感)。

──FGで結び直し、気をとりなおして再開。

(ベイトの意味で)魚っ気は十分。アオサっ気は山盛り。小魚は上にいないし、中層下を狙うべきかな。

中間を探り終えて無反応。今度は上層で動かしつつ、誘い出してみようと画策する。

すると、潮流が本筋とぶつかる箇所で「ゴッ…ズン」ときた。

魚の力より、潮の流れで魚が流れている感じがする。常に水面に出ている感じで、暴れないし飛び出さない。

流れに反しているから浮くのは当然か?不意に見えた銀色の細い体は、浜名湖トップウォーターキラーのあいつか!

201665tp193

60cmくらいのダツ、引かないとやっぱスレているものです。地味に浜名湖のルアーではじめて釣ったのもコイツである。

だいたい狙いどころは絞れてきた。

潮がぶつかるところでルアー落とすと、たまに「ゴン」と来る。けど乗らない。

小鯖は多いと聞いているし、ルアーを小さくすると(8cm前後)あたってきやすいので、それかもしれない。

ウトウトしていると肩パーンされる座禅めいた釣り。たまに「ゴン」と目を覚まされ、時が過ぎ……

13時過ぎの潮止まりにメタルジグを投げようと思っていた。他の釣り客である”泳がせ”のボートが結構いるわりに、アオサ以外あげてないので察した。

もともと上げ潮に”いい流れ”が来る場所だし、ダツくんが遊んでくれただけでもよしとしましょう。

浜名湖も草が生えて、そして流れる季節になったんだなぁと実感する。

これが外洋に出て行くと考えたら……うっ、頭が。

ちなみにラインが切れた原因である物体Xの正体ですが……

再び同じ条件に遭遇したところ、今度は草モリモリで抜けてきたから、おそらく毬藻のように固まった海藻だと思います。

あんなのアンカーにかかったら面倒だろうな。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!