かつてのホームで実質敗北する奴in舞阪

2016613tp111

勝手知る、ほどでもない場所。しかし、いち”テトリスト”としての敗北は考えていなかった。

同業者が多すぎる。これは(釣られすぎて)無理だろう。……と悟ってはいたが。

スポンサーリンク

最近ロック狙いが増えていませんかね?

夕方以降は雨予報。なので雨が「ドザー」とくるまでの短時間(のつもり)。

日曜なので釣り人はやはり多い。しかし、妙に根魚狙いが多い状況で、これはペンペン草も生えないレベルで魚がいなさそうと感じた。

仕掛けを結ぶ前から敗北を確信し、「どこで魚を買おうかな」と逃げ道を用意したくなる。

「ここがええのんか?」と探っているうちの1投目、手乗りカサゴ(浜名湖サイズ)が釣れてきた。幸先、いい?

……まではよかったものの、これ以降はどこに入れてもアタリがろくない状況が続く。

大移動して先端でもやってみたものの、居ないことはないが、同じ小型しか釣れてこない。

うん、これはもうダメかもわからんね。

お土産確保まで頑張るつもり

17時頃、雨が落ちはじめる。小さいテトラのほうをやってみると、こちらはポコポコ釣れるが、”浜名湖サイズ”からのびない。

浜名湖サイズってどのくらい?」といわれると、このくらい。

2016613tp112

15cm以内のかわいらしい子達だけなので、”数は釣れてもキープなし”の予感がしてきた。

これまで8匹くらい釣っているけれど、すべてお帰り願っている。潮が速い場所に生息しているためか、焼津の個体より強く引くので、上がってくるまではワクワクしてしまう。

友人も同じ感触だったようで、何故か35cmの”アイゴ”を釣っていたり、こんなのを釣っていたりした。

(あいつまたカニ釣ってるよ……)とあがるのを見ていたら、細くてキモイやつが飛び出してきて、「( ゚д゚)…… ( ゚д゚ )‼」というアイコンタクトをした。

釣っているの見たのは多分これで2度目(穴釣りでこれは予想してなかったけど)。

落ちるところまで撮りたかったけれど、vine直だと尺が足りなかったという。

さすが”ガンガゼ”を釣ったことのあるヤツはテクが違う。

その後はしとしと降る雨に濡れ、やる気と魚信がプッツリ途絶える。

このままではおかずもナッシングだから、見えるショウジンガニを釣ろう。しかし、カニすらもスレる始末。

本当はドンコ(エゾイソアイナメ)を釣ろうとしてたんだけど、新居側のほうが多かった気もする。

丸干しに失敗したのでリベンジしたかったのだが、またの機会にしましょう。

そういや年無しクロダイがあがっていたなぁ。奥では珍しくもないけれど、ここでは50cm以上のクロダイは珍しい。

竿を曲げている人がいるとだいたいの人が、「アイゴか…」「またアイゴか…」「ボラか?」と思っている。

けれどタモを用意すると、「アイゴじゃないのか!」「NOT GEDOU!」とギャラリーが集まるのが面白い。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

かつてのホームで実質敗北する奴in舞阪
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク