わけのわからない魚に好かれた日in大井川港付近&奥浜名湖

2016619tp111

ゴンさん”の絶妙なくねりは撮れ高最高!気温も上昇!釣果減少。

外道シリーズ」のためにニベを釣りに来たのだが、はたして──

とことん相性が悪い利右衛門

釣り人は思いの外少なく、そして続々と帰っていく。

あ、これダメなパターンや

そう思いつつ、「やるまではわからない」精神で、広範囲を投げてはサビく……。

結果、クサフグよりはマシなヒイラギが2匹。

濁りは適しているんですけどね、お魚さんが壊滅的に少なそうです。

こういう”何も釣れなさそうな時”は、ルアーの泳ぎチェックをするに限る。

メタルジグのフォール姿勢や速度なんかは、こういう時に見ておくと、浜インした時に役に立ちます。

上下に動かすのが主体と思われがちですけど、ただ巻きでの動きも、それぞれ特色があっておもしろい。

エサとルアーはあきらめて、穴掘りをしてみるも、こちらも反応がない。

友人が釣ったセクシーなゴンさんをサムネに使おう。俺が釣らなくとも誰かが釣れると信じ、”他力本願モード”に突入する。

しかしながら、一応目的は持っていた。今のところここでしか釣れていないアイツを釣ろうと。

わからない魚を知ろうとする楽しみ

タイムリーにネタで浮上してきた「ヒゲダイ」。

そういえば相方がここで25cmくらいのを釣ったことを思い出し、あえて狙ってみることに。

すると……。

2016619tp112

本当に釣れてしまった。

手にチョコンと乗る大きさだったので、ネタ要員として撮ってサクッと帰そうとしていたら、ピントが仕掛けに合ってんよ~(指摘)。

2016619tp113

20cm後半のクソロイとコラボすると、こんな感じになります。

ニベもキスもマゴチもいないようで、穴掘りもろくにアタリがこないから、おやつタイムころに(実質)帰ることに。

浜名湖へ行きますよ~。

他で不振の時にここに来ると釣れる説in奥浜名湖

日が落ちるまでのルアーはウロコが釣れただけ。

今日は人も多く流れが速かったので、ウキではなくブッコミです。手返しが面倒だからね、仕方ないね。

ルアータックルのスナップに天秤をつけて、ハリス60cmくらいとって針結んで……。簡単でしょ?

エサからルアーに入ると、こういう切り返しができるのが……役に立ったりならなかったりする。

普段ウキが届く範囲より少し遠目にブッ込み、ドラグをゆるゆるにして、あとは待つ。ブッコミのアタリを取るには、穂先を眺めたり鈴をつけるよりも、こっちのほうが死兆星を探しつつ釣りができるので良い(?)。

ここでの時合は、日が落ちてから3回ほど訪れる(経験則)。

それは20時と22時と0時過ぎの計3回、なんとなく理由的なのもわかるのだが……。

日が落ちて辺りが真っ暗になる──、その1回目(20時頃)。

竿がバインバイン跳ねてるんだけど」といわれ、まったりドラグを締めてあわせると、手の平大のキビレ

釣り人が帰りはじめ、喧騒も落ち着き静寂が訪れる──、その2回目(22時頃)。

ドラグが「ジャーッ」と出てビクッ、上がってきたのは30cmあるないのセイゴ。

◯時までアタリがなかったら止めるか」とフラグを立てる──、その3回目(0時頃)。

私は空振り、友人は同じ大きさのセイゴ2匹を立て続けに釣る。

……ぶれないなぁ。

誰だお前は!?

そんな中で、友人が今まで見たことのない魚を釣る。

2016619tp114

二人「!!!!????」

ウミタナゴ……とはちょっと違う。いやむしろ淡水の魚ではないか?もしかして温かい海にいるやつなのか?

──様々な憶測が飛ぶ中、答えは現地で出なかった。

さて、答え合わせです。

スズメダイのどれかと思っていたが、「クロサギに似てない?」といわれ、そこから画像検索で似ているヤツをチョイス。

「こいつじゃない?」と提案して、背びれのトゲを数えてもらった結果──。

導き出されたのは「ダイミョウサギ」でした。

大名だけど詐欺とかもうよくわかんねぇな」という感想を持ちつつ、他にも「ツッパリサギ」もいるようで、名付け親はウケでも狙ったんじゃないかと勘ぐってしまう。

何年やっていても、はじめて釣れる魚というのはあって、その度に魚を覚えていく。

違う釣りをすれば違う魚が来て新鮮だし、同じことをやっていても、環境変化で魚も変わっていくのも、自然は変化していくものだと感じ、また面白くもある。

やはり知識をつけるには実践だな、と感じた1日でもありました。

2016619tp115

塩焼きにしておいしく頂きましょう。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!