セルテートオーナーには朗報のキャンペーン【マグシールド100万人の証】

2016623tp111

マグシールド搭載リールがななななんと、”100万台出荷”につきキャンペーン中!

その影で、セルテート13&16モデルが対象のお得なメンテナンス情報も。

毎週末開催しているスクラッチは「やっておいた方がイイヨ」ってことで──

それよりも、「セルテートWキャンペーン」が気になった。

本当に特をするのかな?と。

スポンサーリンク

16セルテートメンテナンスキャンペーンは保証感覚

16セルテートオーナーは、web登録することにより、初回メンテナンス手数料が1,000円になります

これは3年間有効で、確かに得といえば得なのだが──

Amazonプライムに入るほうが得だよね?」と感じるレベル。

あくまで”手数料が1,000円”だからね?

リールのメンテナンス(オーバーホール)の作業料は、最低料金が3,000円です。

2016623tp113

最大で4,000円程度なので、差額を考えれば『1回分はお得!』になる。

パーツ代含めて1,000円”ならばぶっ飛んでるお祭り設定。だけど、そういうことじゃあない

発売から半年経っていないリールに対してのサービスとしては、保証も考慮すれば「当たり前じゃない?」と思える感じに収まっている。

シマノの「OHキャンペーン」よりは割安感がある……。

だけどマグシールド搭載モデルの中でもセルテート、おまけに最新モデルだけ優遇されるのも、なんだかなと思ってしまう。

ハイエンド機種は全て対象にしてあげてよぅ……。

本命はこちら、13セルテートカスタマイズキャンペーン!

2016623tp112

カスタマイズする──してやるといったが、”タダ”とはいってない

そういうオチが見えるけど、「これは効果があるのか?」と疑問に思うかもしれない。

なので、「もし最新エアローターとATDに換装したら?」を考えてみましょう。

セルテートの13と16モデルの重量差はあまりない

2506H”を含めて他も調べたら、総重量はほぼ同数だった。ある意味「13セルテートが完璧すぎる」といえる結果。

だからこそ最新のエアローターに変えることで、何が変わるのかと疑問に思うでしょう。

AIR ROTOR|DAIWA」

ローターの軽量化、ならびに空力抵抗を軽減は、「いわれてみればハンドルが軽くなったかも?」と感じるでしょう。

これは巻き心地にも影響するから、やらないよりやるほうがいいです。

ATD化で何が変わるんだい?

ダイワのドラグについて個人的な感想は──

・ATD前は「設定値で滑りだす」感覚。

・ATDは「設定値に向けて滑りだす」感覚。

例えば2kg設定にした場合、”2kgで滑る”か”2kg前に滑りだす”かの違い。

ぶっちゃけ、ATDで”普通のドラグ”になったと感じてはいる。

ローターに比べれば、こっちのほうが恩恵は大きいはず。小物でも滑らかにドラグが出るので、ライトゲームでも気持よくなるでしょう。

中古の13セルテートはこれからが買い?

”16モデル”との大きな違いは、メインギアとボディの剛性くらい

それならば、中古で13モデルを買って「なんちゃって’16」にするのも悪くない。むしろ賢いと思う。

人気モデルなので弾数は多いが、内部がヘタっているのに当選するのは避けたいところです。

キャンペーンと合わせてベアリング換装も行えば、16オーナーも「なにこれやべぇ(小並感)」と感嘆する巻き心地も実現する。

軽量では”イグジスト”に負けるが、ショアで使うスピニングとしては現在でも高性能の部類。

予算4万くらいで最新モデルと遜色ないリールを手に入れるには、このキャンペーンは乗っかったほうがいいかも。

(程度のいい中古品が3万以下であれば……ですが)

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

セルテートオーナーには朗報のキャンペーン【マグシールド100万人の証】
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク