【日焼け対策】喫煙者はUV対策のハードルがぐんと上がる件

201673tp111

夏はミエナイテキである紫外線(UV)対策が必須になってきます。

様々なグッズの力をもってしても、喫煙者はそれを使うほど、確実に損をしていくんですよねぇ。

──私がそうなんですけど(ブーメラン)。

スポンサーリンク

肌を活性させるビタミンCが鍵になる

ビタミンCの効果は単純にいうと、『若返るためのトリガー』です。

摂取し続けることで細胞の活性を促し、ピチピチの肌を取り戻すことも、不可能ではありません。

身体の健康維持にも必要である重要な栄養素──それが”ビタミンC”です。

バランスのいい3食ではまず”不足”にはなりにくい

ビタミンCの1日あたりの必要摂取量は、成人男女ともに最低100mgです。

”特に多く含む”ことを考えなければ、毎食サラダを付けるだけでも必要量はとれます。なるべく野菜を食べることで不足することはまずないですが、ちゃんと考えないと100mgも難しい。

多いと思われているレモン1個丸々でようやく100mgですよ?

ビタミンCは熱に弱く水溶性で、加熱調理では流れやすい。

野菜炒めなら火力でサッと短い時間で、茹で野菜なら短い時間を心がけること。

詳しくはこちらを参考に。

ピザは野菜だろ?

と真顔でいうアメリカンを擁護すると──

トマトソースベースで野菜を散りばめれば(参考に:POWER PIZZA)、3食ピザでも100mg以上は現実的になります。

でも1人で1枚になるから、摂取カロリーがパナくなりデブる可能性が増すので、プラマイゼロ……てとこ。

何故タバコを吸う人がUV対策に不利なのか

数値には諸説ありますが、タバコを吸うことで20~100mgのビタミンCが消費されるといわれています。

例えば『食後の1服』をすると、摂取した分がチャラになる──くらいに深刻。

また吸収率も悪くなるため、非喫煙者に比べて多く摂取する必要があります。

喫煙者は非喫煙者に比べ血中のビタミンC濃度は40%ほど低くなります。

これが”タバコを吸うことで様々な病気にかかるリスク”の真意ともいえます。

ビタミンCは免疫力の向上にも効果があるのです。

あ、ちなみに副流煙でも非喫煙者に影響はあります(無慈悲)。

美肌効果をフイにしてしまう喫煙

”日焼け”は皮膚のヤケドを指しますが、紫外線は肌の細胞に悪影響を与えます。

その刺激でメラニン色素が生成され、シミが発生することもありますが、ビタミンCはこれを抑制・修正する働きがあります。

ビタミンCの働きが正常であるならば、皮膚のターンオーバー(細胞が生まれ変わり角質が剥がれること)を促して、常にぷるんぷるんの肌を提供してくれるわけです。

なので健常であれば、美白を心がけることも息をすることと同意。

紫外線の浴びすぎでメラニン生成が過剰になること。大人は長く生きている分、子供より多くの紫外線を浴びています。顔や手など衣類に覆われていない部分も日焼けしやすい。屋外スポーツを好んだり、戸外で働く職業に就いたりしていてもおなじです。そうして紫外線を浴び続けると、一部のメラノサイトが暴走してメラニン色素生成が止まらなくなることがあります。

●抜粋:紫外線とメラニン、シミの関係|読んで美に効く基礎知識

年齢を重ねることによる”肌の老化”は防ぎようがない。

でもタバコは止められないし……釣りもやめられない。

そんな状況でも、悪化を抑制することはできます。

釣りをする喫煙者が真にするべきUV対策3箇条

日焼け止めクリームを塗ることは最低条件のうえでの話になります。

アウトドアではSPF30~50を推奨されています。

1.ビタミンCをサプリで摂る

過剰摂取しても排出もしくは消費されるので、食べ物以外で積極的に摂取する必要がある。

一番手軽なのは水分も同時に補給できる「CCレモン」だったりします。

レモン50個分は伊達じゃなく、美肌関連サイトでも「効果アリ」となっており、優秀です。

特に高いわけでもないので、健康を維持するためにも携帯できるサプリを持ち歩いてもいいでしょう。

2.皮膚科で処方してもらう

シミを取りたい──美白したいと思うならば、今一信用ならない市販のクリームよりも医者に相談するほうが確実です。

保険の適用もあるので、まず相談されてはいかがでしょう。

まあ……下記のことをいわれるとは思いますが……

3.タバコやめよ?

税金はあがっていく」「老化の原因」「免疫力の低下」「社会的立場が弱い」など──

”百害あって一理……あればいいね?”のタバコを止めるのが手っ取り早い。

保険で治療を受けれるので、今までタバコに投資した分を若さで取り戻すのであれば、「車1台買えたかも……」と嘆くよりは建設的な考えだと感じます。

近くの禁煙外来を検索する→すぐ禁煙.jp

おわりに

ストレスでもビタミンCは消費されるので、「釣れねぇじゃねぇか!」と思うこともOUTです。

──こうして考えると、美肌の道は若くして知識を植え付けなければ、美しい状態を保つことは難しいことであると感じます。

なので子供や若い子が近くにいるなら、「君の肌を守り続けたいんだ(イケボ)」と告げ知識を披露し、未来の美を守るのも悪くない。

タバコを吸う時点で健康リスクを負うので、”栄養をカッチリ計算してプラマイゼロ”にするか、”すっぱり止めるか”の二択ですね。

でも”ストレス”を感じるのであれば──無理に止めなくてもいいとも思います。吸い続けるならそれなりに、確固たる意思が必要でしょう。

「一週間我慢すればルアー買えるじゃん!」とか思ったら負けです。

……まあたまに、そんな気分にもなりますケド。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

【日焼け対策】喫煙者はUV対策のハードルがぐんと上がる件
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク