【駿河湾ショアジギング】レンジで攻めるおすすめメタルジグ選

2016711tp191

駿河湾のようなショアで水深20mを超える場所での”横の釣り”は、水深を刻んで魚を探していくレンジ攻略が鍵になる。

メタルジグなら沈めることは簡単なものの、横に引くとなるとこれが難しい。

刻むテクニックは””もあるが、それを限りなく「ゼロ」に近づけるためにも、そのレンジに向いているルアーを選択するという重要性は高い。

スポンサーリンク

ナブラとシイラには表層を攻めれるタイプ

メタルジグで表層を通すのも非効率的。しかし、向いているタイプは存在する。

シマノの「ブルースプラッシュがそれに当たるけど、今は在庫を探すほうが難しい。

シーライド』は深いところなら中層上、浅いところなら底をゆっくりと巻けるので汎用的。

ジャークはきびきび、フォール時はスライド、表層をわりと遅く通せるのが魅力。浅い箇所でも使えるので、サーフで使う分には選択肢がかなり多い。

トップで厄介なシラスパターン

シラスが表層に沸くと、海面が振動している感じに見える。このナブラだとシラスの可能性が高まる。

こういう時に効果を発揮するのが、細身のメタルジグ。

シラスパターンでは現状「TGベイトスリム」が30~100gと種類が豊富かつ実績もある。

ボートキャスティングならクリアタイプにラメのプラグという選択肢もあるけど、ショアからでは難しい。

こういう時にわりと効果があるのが「ゼブラカラー」だったりする。ルアーより小さく見せるのも、カラーの重要な要素である。

全層で万遍なくあたるルアーはフォールよりもスイムが命

メタルジグはリアフックを付けない場合はスイングする動きになりやすく、付けた場合にはウォブリングになりやすい。

これはフックが水の抵抗を受けるためで、簡単にいうと”フックは無いほうが動きが大人しい”ということ。利点はジャーク時のレスポンス向上と、フォール時の絡み防止に繋がる。

この二面性を上手く活用できるのが、実績も高い「アフターバーナー」になる。

テンションフォールならローリング、フリーならスライドも混じるフォール姿勢は、魚のレンジが下から上へと変化しやすいマヅメ時に効果を発揮する。底に落とすまではフォールで、着底したら早めのジャークで誘い出せるのがこのタイプ。よって釣れる魚種も豊富になりやすく、場所も選ばずどこでも楽しめやすい。

駿河湾のショアジギングでは、青物とタチウオどちらに分があるかとなると青物になる。逆にオフショアではタチウオに有利と、持ってて損はない1品。

ショアなら20~40g、オフショアでは60g以上がおすすめ。

駿河湾でこれを取り扱ってない釣具屋はまず無い。「うわっ!ルアー忘れたかも…」なんて時でも、簡単に見つけることができるのも魅力。

濁りがあればピンクや黒に近い色、透明であればフラッシング重視でホロ付きや青系のベイトカラーがおすすめ。

底狙いにはレスポンスの差別化重視でロングタイプかスロータイプの二択

駆け上がりが急なので、ちまちま底を巻くと根ズレがひどくなり、ラインの消耗が激しくなる。

なので”抵抗を受けず早く動かせるタイプ”でそれを回避するか、”いっそ底をずるタイプ”で掛けた魚を引き剥がす攻め方が求められる。

前者では細身のロングを、後者では幅広の丸い物がそれに当たる。

遠浅サーフでも最終兵器に使える細身タイプは全層OK

細身のジグは”動かしてナンボ”。

逃げる小魚を演出するのに長けており、リアクション狙いでの鋭い動きが得意。ジャカジャカ巻いてスーッと落とすの繰り返しでも反応は十分に来る。

「活性が低そう」と感じた時、私は”5回早く巻いて2~3秒テンションで落とす”をこれでやっているけど、他のジグで来なくても反応が出る時は多い。

細身は低活性時にも効果的なので、1本は持っておきたいところ。

細いジグで40g以下は耐久が乏しくなるため、数がありそうで実は少ない(100g超だと多い)。

イワシなど自然色に近づけた方が反応がいい。

低活性とフラット・根魚狙いに底狙いのスロータイプ

活性が低い時や底物狙いに効果があるのがスロージギング

フォールの「1秒1m」を「1.5秒1m」に変えるだけでも、食わせの間を長く取れるようになり、バイトの機会は増える。二枚潮の時は若干使いにくくなるため、30gと60gみたいに重量を一回り変えれるようにするといざの時に困らない。

選び方のコツとしては、「スナップを接続する側が細く薄い物」。トレブルフック付きは水の抵抗が増してリフトしにくくなるので、”スロー設計”としては駄目な部類になる。

本当にクリアなら水深20mでも底まで太陽光が届きはするけど、夏場はプランクトンが多くなりささ濁りが多い。冬場はこの逆になる。

底を通す場合にはちょっと派手な色や、白系のチャートカラーを忍ばせておきたいところ。

潮流の早い地磯などで使える100gクラス

駿河湾内であれば潮流を気にするほどではないが、伊豆南となると話が別になる。黒潮本体が当たることもあるため、駿河湾東岸は比較的潮流が早くなりやすい。

だがそれ故に大型魚のビックドリームも待ち構えている。

そんなところで使うのは最低でも60g以上が目安で、平均すると100g前後になる。

『マサムネ』は、ハイピッチからスローまでこなし、キャスティングジグでは定番。ショアからの大型青物の実績も高い。

底をとってからジャカジャカ巻きでもいいし、中層を「ポーンポーン」と横に引くのもいいし、シンペンみたいに流れの中を巻きで使うこともできる。

センターバランスと腹側が厚い恩恵で、この重量でも”泳ぎとフォールを両立している”のも魅力のひとつ。

磯場では「イワシ」と「キビナゴ」がメインになりやすいので、細身からはじめるのがおすすめ。

駿河湾内でも20cmくらいに育ったイワシがベイトになることもあるので、ジグもそれに合わせたサイズも必要になることもある。なのでショアジギングという括りでは100g前後を扱えるロッドがあっても損じゃない。

関連記事:

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

【駿河湾ショアジギング】レンジで攻めるおすすめメタルジグ選
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク