駿河湾ショアジギングのレンジ攻略の考え方

2016715tp121

水深がいくら深くても、魚が居る層というのは限定されている。

魚群探知機を使用した船釣りを経験した人は”体験で理解している”だろうけど、岸からしか釣りをしたことがない人は、水中ならばどこにでも魚がいると信じてやまない。

魚探に頼れない以上、魚の生態を知ることでおおよその予測は立てることは可能です。

水深が深いショアジギングで”探りながら”は効率が悪い

駿河湾のショアジギングで体感するのは”時間の大切さ”。

投げる→底に落とす→回収する」。一連の流れだけでインスタントラーメンが出来上がるくらい時間がかかる。ストラクチャー打ちのボートフィッシングなら、3回以上は打ち直せるくらい。

マヅメタイムを30分と仮定したら、投げ直せる回数は”いいとこ20回前後”くらい。

……毎回着底まで待っていたら、それだけで30秒近く浪費されるので、やきもきすることが多い。

なので時間を無駄にせず効率的に攻めるには、段階を踏む必要があります。

ルアーが沈む時間から水深を知ること

メタルジグはリアバランスのほうが落下速度が速く、重いほど速く底へ到達する。

最も遅いのは”センターバランス”。水の抵抗を全体で受けやすいためで、いくら重くしてもリアバランスには敵いません。

リアバランスの40gでおおよそ秒速1m程度。1kgのオモリ(300号)でも秒速4mくらい。

センターバランスは形状にもよるが、これらより8割から6割程度の沈降速度になります。

ちなみに、鉛よりタングステン(TG)は比重があるので、若干ながら着底までの時間は短縮されます。

決して”間違いではない”けれど、釣り人は経験から、そう答えると思います。

たとえば上空1kmから1円玉(1g)を地面に落としたとしても、地面が陥没するようなことは起こりません。

何故そうなるのか説明すると──。

重力によって1円玉は常に加速を続けています。しかし、空気抵抗による摩擦も加速度に比例して大きくなります。そのため、摩擦力の減速と重力の加速度が釣り合い、ある一定の速度で等速運動をはじめます。

これを「終端速度」といいます。なので、ガチ理系なら公式で水深を算出することも可能になる。

特定の魚が居る場所を効率的に探る

投げて落としてただ巻くだけでは、ティップからルアーまでの三角形以内だけしか探れない。

最長投点からのフリーフォール後、底付近を巻いてくる」のが、最も広範囲を攻めていることにはなる。

ここからフリーフォールのカウントを短くすることで、三角形の面積を狭くしていき、魚が居る場所を特定していくのがショアジギングのコツになる。

フリーフォールさせずにラインを張った状態で落とすと、緩やかに手前に向かってルアーが落ちます。

その分、中層を長い時間横に引けるので、タチウオやイカの居場所を探るには効率的です。

着水から回収するまでどこでアタリやすいか

総合すると「フォール中」など、ルアーを一時的に止めた時が圧倒的に多い。

あとは魚種別に回遊しやすいレンジが決まっているので、そこを理解した上で意図的なアクションをしたほうが、結果はでやすいはず。──ということで、”投げてから手元まで、どこでアタリやすいか”を図から説明します。

2016714tp193

①水面下5mまでのレンジ

突き上げているナブラが出ている時は着水から5カウント以内が効率的。

水面がもやもやしているだけのベイトの塊は、下で待っていた魚も音で気付いて上がってくる可能性もあるため、多くて10mくらいから動かしはじめるのがいいです。でもこのケースは魚達の「活性が高い時」にほぼ限定さます。

シイラは上層を回遊するため沈めなくても良く、先の”活性”には左右されない。

②中層から底までは気が抜けない

ヒット率はここが最も高い。

ヒラヒラ落ちてきた魚に気づいて、「あいつ死んでるのかな?」と思っていたら、急に動き出して思わず口を使ってしまった──というパターンかと。

中層下は沈んでいるベイトの更に下を回遊している青物とタチウオがメインになり、着底前ではヒラメとマゴチが居れば喰ってきやすい。

捕食タイプの魚とはいえ、四六時中小魚を食べているわけでもなく、栄養を取るべき時に食べるのが普通。なので”マヅメ”など、釣れやすい時間帯が存在します。

小魚は中層くらいで停滞していて、下に天敵が居る場合に上へと移動します。

なのでベイトが見えることはどちらかといえば”稀”であり、見えない場合は②を攻めるのが効率的になります。

③駆け上がりに沿って通る魚を狙い撃つ

平坦よりも坂になっているほうが魚は居着きやすいし、通りやすい。これはどんな場所でも共通すること。

波の発生点からそれを把握することは容易。けれど、駿河湾のような急深では、波が立ちにくい。なので実際に海底を探らないことには把握できない。フリーザ様の変身みたいに、だいたい3段階くらいでドーンと沈み込む箇所が存在します。

駆け上がりを判別するには重いルアーで底をずり、引っかかるような感触がある箇所を見つけること。

ただし途中で根ズレしやすいのでほどほどに。

先の方法で駆け上がりを把握している場合、最大投点から「①、②、③」を通すこともできます。

けれど、「③」はただ横切らせるだけになってしまうので、その地点を狙って投げ落とし、「②」を重視したほうが効率的。荒れているほうが遠くなりやすいので、穏やかな時は最初から全力ではなく、30m内から探り出すのもいいでしょう。

三保だと30m地点と70m地点くらいに駆け上がりがある感じですね。そこから先はどんどん深くなっていく感じ。

反応を得るまで同じことを繰り返さないこと

完全にパターン化として決め打ちするならそれでもいいです。

海の状況というのは刻一刻と変化します。「昨日はこれで釣れたんだけどなぁ…」ということはザラ。

まずは水深を知ること。水深と形状を脳内でイメージできたら、あとは要所に魚を配置して、それを「どうやって釣ろう」と考えるのがポイントです。

見えない魚を釣る場合──特にルアーフィッシングで重要なのは、魚がそこに居ると仮定すること

エサとは違い魚を待つのではなく”探しに行く”気持ちが肝心。

居ると決めたら次は”どのように食べてもらうか”を考える。

速く動かしてダメなら遅くやってみる。中層でダメなら底に当ててみる。一回一回違うことを試して、その日の答えを見つけ出せたらこっちのモノ。なので毎回全力で投げずに、徐々に手前へ投げていく変化も時には有効です。

ルアーのカラーとタイプは5種類ほど、サイズと重さは3種類くらいあれば、活性による対処はしやすい。

ベイトは「イワシ(表層)」「アジ(中層)」「ヒイラギ・キス(底)」を意識して、ルアーをチョイスしてみればいいかと。

週イチでワンシーズンを過ごせば、持っていくルアーも絞れやすいけど、初見でなんとかしたいとなると──やっぱり最低10個くらい欲しいですね。

関連記事

失敗しにくい駿河湾ショアジギングタックルの選び方

駿河湾ショアジギングでレンジ別に攻めるおすすめメタルジグ選

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!