足で広範囲を探る(だが車だ)in湖西~豊橋サーフ

2016719tp201

梅雨明けからの一発目はベッタベタかと思えばそうでもなく、人も少なく快適だった。

……魚が居ない以外は。

鳥さんを見つけるのは得意

最初に入った湖西で鳥山に出会う。

なんかあそこイワシが沸いてそうやなーと、しばらく観察していたら鳥さんが飛来。誰もいないしすぐ近くだから狙えないこともない。だけどギリギリ届かなそうだったので、狙うのをサボる(怠慢)。

ボッコボコに沸くタイプじゃなかったので、まあいいでしょう。

狙い所が今一ないので、適当にシャクっていたら何か遊びにくる。

日曜日に散々遊んだ20cmくらいのサバくんだった。イワシを追いかけていたのは君か。

その後、10cmくらいのカタクチイワシがソロで打ち上がったので、元に返しておきました。豊穣の海にはなっているけど、部分的にボイルも起きず、本命さん達が全然いない感じがする。

希望がなさ気だったので、様子見ついでに豊橋までちょこちょこ移動。

2016719tp202

どこも似ているシャローんとした地形。瀬の切れ目をちょこちょこ狙っていくも何も起こらず。

大潮は時間との勝負だけど、朝イチのナブラをスルーしたのが痛かったか。

サボるとロクなことにならない。

これを反面教師として、明日からのマヅメを楽しむ人達には少ないチャンスをものにしてもらいたいものです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!