冬季のグローブは指を出しますか?出しませんか?

20151104top1

冬の釣りでグローブをしないでいると、「指先が死んでいるんじゃないか?」と思える時がある。

指先は冷めやすく、温めにくい。なのでラインをかけても感覚がないから、キャストする時にミスることも……。

穴開きグローブのほうがルアーの交換は楽ですが──

スポンサーリンク

冬期は「ネオプレン」と「タイタニューム」がおすすめ!

グローブの素材も色々あり、綿や合成繊維など、防寒着と似たようなラインナップです。

ネオプレン”と”タイタニューム”は空気を通しにくく、保温と保湿に優れています。

しかし釣り用の製品は、尖った物を扱うというのに触れる部分の強化が足りない。針がプスプス刺さって、たった数回で経過24時間に満たない釣行でボロボロなんてこともザラだった。

これはトレブルフックを扱うルアーフィッシングでは顕著だと思います。

なので私は”穴開きグローブ”を使いますが、エサ釣りでも、直に触る必要がないからあまり汚れず助かるけれど、洗うのをサボると「くっさ!」となってしまう。

素材による選び方は人それぞれだと思う

「”ネオプレン”と”タイタニューム”、どちらがより温かいか?」となると、実際あまり変わりません

素材の強度は”タイタニューム”が若干上かな……と感じる程度。なので素材より値段で選ぶのが妥当かと。

私は指先の感覚を少し犠牲にしてもいいから、ネオプレン系の3本出しに落ち着いた。

冬季は0度近くてもこれで戦えます。スナップ開いたりするときやノットを組む際には「ぉぉぅ…」とはなりますけど。特にノットは地獄。

個人的なオススメは”メジャークラフト”の製品。比較的安価かつ、安物(1k前後)よりは縫い目も長持ちします。

冬季で一番消耗する物って、グローブだったかもしれない。

安物はすぐ解れてきてやばいけど、「千円以下の安物なら仕方ないかな?」とも感じる。値段で温かさはたいして変わらないんだよなぁ。

4回で破れる品”と”最低8回は保つ品”。

購入頻度を考えれば、3k前後のグローブで十分だと気がついた。

耐久度を選ぶなら登山用を選ぼう

冒頭の写真は海外製の物で、いかにも強そう(確信)という作りですが、10ドルくらいなんですよ。

OEM製品はやはり安い! 日本円にすると1500円くらいってことですね。

【全品ポイント2倍!】ストレッチ効果で手にフィットし、細かな作業にもピッタリ。インナー手袋…

耐久性を重視するならば、登山やバイクなどのグローブのほうが”物を握るための強化”を手の平部分にしているため、全体の耐久にも信頼性があったりする。

おまけに釣りメーカーより安い──

この辺は外注の外注をせざるをえないから、仕方ないともいえます。釣りブランドのアパレルが無駄に高いのはここに理由がある。ウェアは強度だけ少し上げてありますけどね。

ホームセンターとか覗くと結構、代用効くし安い品があったりしますよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

冬季のグローブは指を出しますか?出しませんか?
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク