5分で作れるアシストフック

2016803tp111

私はメタルジグを多用するので、アシストフックは欠かせない存在。

”サビ”はどうしようもないので、タックルの中では一番消耗度が高い。市販の物でもサビるもんはサビるし、”フック”としては数の割に高い存在に感じる。

──「自分で作れるもん!」と自作をはじめてから、ノット組むより早く作っている気がする。

スポンサーリンク

自作アシストフックに必要な物

必要最小限では「釣り針」「結ぶ糸」「熱収縮チューブ」──カン付きの針ならこれだけでも作れます。

でもこれだけでは結び目が大きくなるし、スッポ抜けと接続に問題があるので、”最低限”として次に挙げる物を用意します。

チヌ・ヒラマサ・マダイ用などでゲイブ幅2cmくらいの物
強靭な糸 ケプラーノットなど
結ぶ補助糸 ミシン糸でおk
瞬間接着剤 100均でおk
熱収縮チューブ 内径5mm前後
溶接リング スプリットリングでも可

詳しい手順は他力本願するとして簡略し、かいつまんで説明すると──

1.アシストフック全体の長さを決め、必要な物を用意

ダブルの場合には、ケプラーノットの長さはルアーの2倍くらい。長いほうが微調整がしやすいです。

今回は『9cmのメタルジグ』に使う物を作るので、だいたい15cmくらい。

針はチヌなら10号、マダイ・ヒラマサだと13号を使っています。このレベルになると曲がる前にメインラインが切れるので、トレブルで気にする”刺さり”や”強度”などを考えるのは野暮です。

熱収縮チューブは2cmくらいで2個カット。

針と結ぶためのミシン糸は20cm×2くらいでカット。

リングは直接ルアーに繋げるならスプリットリングに通せばOK。私はスナップに接続するので溶接リングのみです。

瞬間接着剤を使えるようにして……これで下準備は終了!

2.熱収縮チューブを通してから針と糸を結ぶ

先に溶接リングを付けるほうが、全体のイメージをつかめやすい。

熱収縮チューブは先に通しましょう。「このっ…」と針を通せないこともないですが、だいたい破れます。

2016803tp112

かなり端折ってますけど、イメージとしては伝わるかと。

ケプラーは針の内側に必ずくるようにしてください。そうしないと力が伝わりにくく、あわせでへにょります。

針と糸はミシン糸を編みこむことで接続します。まあ「フライタイイング」をするようなものですね。

バイスやボビンホルダーなどの器具は必要なく、手で持ってなるべく隙間がでないようミシン糸を巻くだけ。画像は仮止めをしている時で、ここで瞬間接着剤をチョンと。それから1~1.5cmの幅で編みます。

編みこんだら再び瞬間接着剤を染み込ませ、コーヒーでも一口飲んで、少し乾燥させてから余分な糸をカットして熱収縮チューブを炙って固定。

2016802tp113

※乾燥せずすぐにチューブを入れると白く変色してパリパリになるし、乾きにくくなるので注意。

3.リングを付け長さを調整しつつ完成

2016803tp114

リングは糸を二重にして通し、リングを引き抜く感じ。チチワのサルカン結びみたいなもので、「パロマーノット」を知っている人にはピンと来るでしょう。

同じ長さ”にしたければ中央で結び、”段差にする”ならズラすだけでOK。

ここまでで下準備も含めて、慣れれば5分程度で終わります。

接着剤の乾燥を考えると、2セット同時進行が望ましいかな。

自作アシストフックのメリットはサイズを決めれること

市販の物は2セットで平均『\500』くらい。

高いわけでもないですが、それよりも”長さ”と”針の大きさ”が気に食わない物が多く、「自分の欲しい物が無いから自作せざるをえない」っていう経緯があります。

特にルアーが8cmを超えると、フックの位置が半分より前になる物が多いんですよね。

2016803tp115

上は「ただ巻き用」、下は「よく動かす用」です(アバウト)。けど正直どっちも変わりません

アイを含めて『9.5cm』あるスメルトダックスだと、市販のものではフロントに付いている物と長さが対して変わらない。そうなるとリアのトレブルが必要に感じてしまうし、そもそもジグにトレブルはバレやすくなるので要らないくらい。

市販でも『ロングタイプ』があるんですけど、外洋ジギング向けになるから針が大きくなりすぎる傾向があります。

ショアからではゲイブ幅2cmもあれば事足ります。

そして何より低コスト!

先に用意した物の合計金額は「\1500」くらいです。

これを”単価”にするといくらになるかなーと計算してみます。

針:がまかつの伊勢尼13号13本入\200。1本辺り15円を2本なので”\30”。

糸:YGKシーハンター5m\540。15cmずつ使うから33セットを作れる。1m辺り108円なので”約\17”。

熱収縮チューブ:オーナー製の内径5mm0.7m巻\270。計4cm使うから”約\16

接着剤とミシン糸は100均製。”\100×2”として計算に入れても大勝利(大本営発表)なので、人件費として私の缶コーヒー1本\100を追加しましょう(時給にすると\1200円)。

5分で作ったアシストフック1セットの費用は『\233』です。

人件費をなしにすれば、市販の半額くらいで済む計算になります。値段は別として、本当に欲しい物を作るには自作が手っ取り早いといえます。

ちなみに今までスッポ抜けたりしたことはないですね。10kg超えのアカエイでも毎回耐えてますし。強度的には問題ないです。

自作する手順で参考になるサイト

作成の過程はここよりよっぽど参考になります(震え声)。

それでは良いジギングライフを!

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

5分で作れるアシストフック
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク