冬季のインナーに釣りメーカーを選ぶ選択肢はいらない

20151105topunder

冬季の防寒で重要なのは『インナーシャツ』だったりする。

釣りメーカーからも販売はされているけど、「メーカーロゴをつけて広告塔になってね☆ヨロシク」もいいとこで、実は専門より多少なりとも”割高”になる。

それでも何かに優れているわけでもなく、釣り用に耐久をあげたとか抜かすが、針を通さないインナーシャツって、それ”くさりかたびら”じゃね?

ということで、保温・保湿ならばどれを選んでも実は大差がない。

「値段に見合うパフォーマンス」を選べば登山用が絶対オススメ。

スポンサーリンク

インナーは「ヒートテック」の時代も終わった

ヒートテックはオワコン。その名は使わないが、類似品がそこら中から出ている。

どこも似たような物で、特別に良い物を探すのが面倒なくらい、おかんに「ヒートテック買ってきて!」と安心していえるくらい、どれも作りの平均値が高い。

──とはいえ、クソ安いのは速攻ほつれます。

厳寒期はただ突っ立って釣りをするだけで熱が奪われるから、「とにかくぬくい物を…」と思いがち……。

それはあまり、正解とはいえない。

体表からの発汗を上手くコントロールして外に逃がす選び方をすることが、何よりも重要なこと。撥水性がキモです。

ヒートテックを山岳ガイドが使わない理由

私は「暖かいし、ヒートテックだから大丈夫」と言い訳をした。しかし経験豊富な先輩曰く「ヒートテックを使用する場合向いていない条件がある」と言った。その条件は「気温が低い条件下で、発汗する場合」だ。それらの条件下では、非常に不向きなインナーウェアであるということだった。

ガタガタ釣り場で震えていても発汗はします。なにしろ、生理現象ですから(諦め)

極寒の地では発汗からの体温低下が命取り。ヒートテック系のインナーは、保温に優れるけれど、撥水性はあまり……なので、アウトドアにはちょっと向いていなかったりする。

ようするに「地肌に着るなら普段着にしよ?」というわけです。

間抜けなチョイスはゴアテックス+ヒートテック。汗を乾きにくい肌着で吸収して、せっかく蒸気を逃がす素材なのにどうやって外に逃がすのだろう……。

発汗からの揮発で体温低下を防ぐ、そんなインナーシャツが存在するのか?

──あるんだよなぁ。

オススメするインナーシャツ

シマノのインナーの半額な上に、速乾性と保温では好評価なモンベルのジオライン。主にバイクや登山など、スポーツ方面で使われていますが、それで使える物が釣りで使えないわけがない

こういう速乾性のインナーはオールシーズン使えるのも強み。

登山やトレッキングを主戦場とするモンベルは、そのノウハウをもとにしたアパレルを産み出し、防寒・耐久・値段のコスパは世界でもトップクラス。

釣りメーカーはこういう所に頼んで作ってもらうから、どうしても高くなるわけです。

私が釣りで使っているウェアはノースフェイス。もともとスノボ用だけど、完全に風をカットしてくれるから、 冬でもインナーを調節すれば無難にすごせる。こんな感じのシンプルなやつです。

使っているのとは違いますが、アウトレットで2万しないくらいだったかな。

厳寒期の私は、速乾性に優れたシャツの上にヒートテックもどき、その上にフリースかセーターを着て、最後にレインウェアです。

ウェーダーやベストを着るとそれだけでも温かくなるので、そういう時は一枚減らして調整しています。

冬を乗り切れ!機能性アンダーウェア素材まとめ

シマノのインナーは誰もが宣伝こそするが、良いという話は聞かないんだよなぁ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

冬季のインナーに釣りメーカーを選ぶ選択肢はいらない
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク