釣れないブログでも意外とアクセスと収益はあるんだよ?

2016818tp191

WordPressに移行してからぼちぼち1年が経とうとしています。

今日は当ブログのアクセス数や収益などを報告。第一段階の目標は越え、次はどこを設定するのか考え中。決算報告かな?

同じ釣りブロガーでも「運営がうまくいかないよぅ…」みたいな悩みがあると思うし、経験上から参考になりそうなこともおまけで書いています。

スポンサーリンク

月9万PVでまごまごしている状態

アクセス数は平均して1日2500PVほど。

6月くらいに月9万PVを記録してから、「10万越えるかな?」とワクワクしていたけど伸び悩んでいるところ。検索流入がこのうち3割を占めていて、思っていたよりそれが少ないのは、固定で見てくれる人が多いようで嬉しい限りです。(ランキング経由はブログ村以外ほとんど)ないです。

当初に設定した目標は達成しているので、10万20万と伸びていくには方法を変えなければいけない。

釣りブログとしては、まあ単純に週イチで毎回なにかしら釣ってアップすれば、これと同じくらいは余裕で達成できると思います。

あまり釣らずにウンチクだけでここまで伸ばせたのも、地味に驚いているところでもあります。

私の記事はツッコミ所を極力排除して、”考えさせる”ことをしないので共有されにくい。

ポイントも広義だけど書いていますしね──その点を意識的に改革していけば、月15万PVまでは伸びることができるんじゃないかなーと感じます。

ただね、「釣れる場所教えて♡」といちいち聞かれるのは面倒なので、釣行記に関してはこのままです。

当たり前のように釣れる釣りって、ただの作業と思うんですけどね。知らない場所で考えながら釣るから面白いじゃない?

テーマを変えたのは「まごまご状態」を抜け出したかったから

俺はまごまごするだけじゃないぞ、モシャスもできるんだぞ~と。

そうしてテーマを変えたらものの見事に設定がぶっ飛んで、一週間のアクセス解析は闇の彼方へ、収益は前月の30%減と、逆にまずくなっているんですがこれは……?

これが企業なら記者会見でヅラが取れるくらいお詫びするレベル。

現在のテーマにしたら持ち直したので、結果オーライ!

収益は月2万行かないくらい

AdSenseが月9千円くらいで、ショップリンクが合計で1万円ちょいくらい。──なので月2万円くらいです。

みなさまのおかげで月々のサーバー代を賄えつつ、釣りの経費の足しになるくらいになっています。あわよくば駿河湾のレンタルボート代を叩き出そうともしていますが、なかなかそこまでは行けないですね。

もともと「これでks高いスマホ料金払えればいいや」的な考えだったので、収益面でも当初の目標は達成しています。

経験のうえで知った釣具を売る方法

実際に魚を釣ったルアーを紹介したところで、バコバコ売れるわけでもないと実感しました。

インプレのような使用感を前面に出すほうが、リンクに触れてくれる確率はあがっています。これは「購入するのに悩んでいるけど、ネットで感想が欲しい」というレビューアーのほうが需要があるといえるかと。

実際自分でも、買う前にはまずカタログスペック以上を知ろうとするし、意図的にそう戦略していくほうが伸びるでしょうね。

なので「商品名」を検索して上位に表示されるほうが有利になります。むしろそのほうが恒久的に収益を得られるので、積極的に狙うべきかと。

──この辺はさすがに”情報系サイト”のほうが早いです。毎日のように釣り業界の関係者をストークする勢いならば、個人でも運営することもできるでしょう。けれどライターにでもならないと消耗戦になるだけで疲弊してしまいます。

使用感を書くうえで「ネタの鮮度」は必要なく、感想文としてこちらは負けてはいけません

不思議だったのは「ヴァンキッシュ16」の記事。これは自分の「無駄に長文を書ける能力」がハマった記事といえます。

ステラと比較したのが良かったのかなーとも分析できますし、「こんなの発売されますよ」だけの記事より情報量が多いので、初見に十分な情報を与えた結果としてGoogle先生のお眼鏡に叶ったのかなとも感じます。

これが検索で人気記事になったのは正直以外でした。(触ったけど使ってはないし)

ブログで稼ぐのは楽じゃあない

ここと同じ規模のブログを10個運営すれば、単純に考えて月20万ですね。

ブログで息をするように稼げる才がある人もいれば、マーケティングなど戦略で稼ぐ人もいるし、それらを真似て影も踏めない人もいます。

どんな人でも”稼げる”に到達するまで、下準備は行っているわけです。なので”楽して稼ぐ”と考えると、広告費でジュース代を捻出するのも難しいと思います。

文章を書けるほうがSEOとして有利ですけど、現在は「メディア」を利用するほうがアクセスは瞬間的に集めやすい。

SNSを駆使してコミュ力だけでフォローを稼ぎ、アフィリエイトをPONと載っける手法も間違いじゃない。でもこの方法だとかなり忙しく感じるでしょうし、片手間だと時間がかかりすぎるんじゃないかな。ただ「ブログ」を運営するだけが、その方法とは限らないってこと。

むしろ「自分の持っている情報にどれだけの価値があるか」を試す場に、ブログが向いているといえます。

起業」と似たようなものだなーとは実感する。

月々最低限の生活費をなんらかの方法で確保できるのなら、月30万PVくらいあれば、車中泊で全国を釣り歩くことも不可能ではないでしょうね(ちょっと目指しているけど)。

どちらかといえば、全国巡るほうがネタも増えてアクセスも伸びていくだろうし、ノマド的なアマチュアプロも不可能じゃあないと思います。

今後はどうしよう?

サーフルアーとショアジギング専門のサイトを作ろうと考えてはいるのですが、タイトルとドメインがねぇ……決まらないのよね。

ブログ形式で”専門知識”は閲覧ルートが難しいので、レイアウトの関係でも悩みどころです。

前身だった個人のよろずなブログの方を先に考え中。ここで書きたくても雑多になりすぎるから書けない──ってことが多いので、これは近日中に。

最近やってみた「検索順位で1位を取ってみよう」の戦略

意図してSEOで「駿河湾 ショアジギング」で1位を狙ってみたのですが、意外となれるもんだなぁと(検索流入はあまりない)。

これは一週間かけ数記事をアップし、誘導して最後にまとめることで”キーワード”を集中的に増やした結果です。

培った「釣りブログ」としての下地と、独自ドメインとテーマの力もなくはないと思いますが……、狙えばやれないことはない──逆に狙わないと難しいですね。

次は「浜名湖 釣り」で上位を狙ってみようかしら。近すぎるがゆえにあまり足が向かないので、ヒットandアウェイで短時間の釣りを確立できればいいなぁと下準備は進めています。仮に某グロより上位になればブチ切れそう。

企業は広告費を出している場合もあるし、抜くのは難しいでしょうねぇ。

最近の奥浜名湖は、時期的な問題もあるけどアカエイくんしか居ないようにも感じる。

対アカエイくん用にネットよりギャフが欲しいなぁと思っていたけど、よく考えれば持っているな……。焼津で座布団エイを釣り上げてギャフでお持ち帰りしていた紳士は、そりゃあもうワイルドでしたよ。

アカエイも増えすぎて困っている地域がほとんどだし、買い取って料理してビジネス化できねぇかなーと考えたりもしている。

何はともあれ、もちもち続けていきますのでよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

釣れないブログでも意外とアクセスと収益はあるんだよ?
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク