道具を持ちながら釣りをしない哲学釣行in大井川周辺

2016823tp191

台風後で外洋だっぱだぱ、港内に潜む奴を狙い撃つぜ!

などと思っていましたが、予想に反してベタ凪だったので散策に切り替えた結果──

気がついたら浜松に戻っていました、謎。

フラグを立てていくスタイル

到着してみたら風はないしうねりもなく、濁りもほとんどなくて非常に静か。

その代わりゴミが多く小魚さんも沈んでいる模様……でも「無理そう」と判断した要因は、あるべき常夜灯がついていなかったこと。

高潮で乗り上げたゴミがスメルを放ち、ヤブ蚊にモテそうな環境が整いすぎたため、別の場所を模索することに。

焼津港も大井川港も概ね普段通りで、狙い所が絞れず「浜名湖のほうがマシそう」という結論に至る。

出戻りなら朝マズになるので丁度いいかなと錯覚したけど、運転疲れを考慮すると、ここらで本当に水草を釣っていたほうがマシな気がしてくる(水草も高いんだよ!)。

駿河湾もあまり波立ってないので、これなら河口周りでいけるかなと、ちょいちょいポイントを覗いてみたけど……。

こないと解っていても精神衛生上よろしくない雷雲

往路の時に掛川辺りで気づいたけれど、空がたまに「ピッカー」していた。

雨雲レーダーを見る限り、伊東にしかそれらしい雨雲はなかった。でも、なんとなく嫌な予感はしていた。

とうとう俺は雷すらも呼べるようになったのかと(ラムウ感)。

前からやってみたかった相良のポイントが、かなーりいい感じでやりたかったのだが……河口となると駿河湾を一望できるわけで、自然と雷が目に入ってくる。

駿河湾口辺りの雷雲なのでここには影響はないはずだけど、嫌でも目に入ってくる光はどうしようもなく不安にさせられる。

むしろ焼津からでは雷雲に近づいているので、自ら死地へと飛び込む上陸作戦みたいな感じだ。

……よし、帰ろう。帰ればまた来られるから。

遠州サーフはできないことはないけど今週一杯は波高

台風10号が停滞しているため、あれをなんとかしないと波高の状態が続く。

高いといっても2.5mくらいまでなので、できないことはないけど場所を選ぶ。遠浅は濁るし波足早いしで厳しい。ドン深では波しぶきで漬物にされる覚悟が必要。

無難にやるなら河口か消波ブロックがある所かな。

駿河湾は今朝でも十分できるくらいでしょうね。

10号が雲を引き連れているので、木曜日辺りまではゲリラな雨に悩まされることでしょう。

衛星画像では熱低らしいのが2個くらい南のはるか海上にあるので、来週辺りにまた台風が発生するんじゃないかなぁ。

去年は毎月万遍なく発生して苦労したというのに、今年は集中的に発生して困ります。

それにしても北海道が狙い撃ちにされすぎですね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!