アイゴを釣りに来ましたin表浜名湖

2016827tp201

野締めと血抜きも完璧な締め方では、身の味は変化するのか?

を実際に試してみたいと常日頃思っているわけですが、いまひとつ機会がないので、真面目に数を狙ってみようと。

そんなわけで釣りやすいアイゴくんを狙いにきました。

雨に怯える釣り

昼からゲリラ的に降る予報だったので、雨が降ることは覚悟していた。

むしろ逆に涼しくなるし、「よっしどんとこい」の気分。

──でも昼過ぎまで雨が降る気配はなく、たまに日が差して”まだ夏”アピールが止まない。

胴付をテトラの先に落とすと、アタリは頻繁に来る。

潮も緩めでエサハンターが多く、オキアミではワンパンされてしまい食い込ませることができない。

極小のイサキ(ウリ坊)から、ベラ(キュウセン・ササノハ)にロリイシダイと、エサハンター達の素性を暴くことには成功した。

アイゴを釣りにきたわけですが

自分の場所にはどうもそれらしいヤツは居ないらしく、アイゴプロの友人は1箇所で2枚釣り上げていた。

わりとどこでも居ると思っていたけど、これはエサハンターより先に見つけてくれないパターンかな。

オモリを軽くして上を狙うとロリイサキ、中間はロリイシダイ。

重くして底を取るとベラ達と、釣り上げた分を全部持ち帰ればそれなりに大漁なんだけど、手乗りサイズが多いし掛かりどころがいいのでリリース。

25cmくらいのキュウセンはナイスサイズだったので、キープはこれだけです。

ちょっと浜インしてみる

タイ系が結構うろついているぽいので、ワンチャン狙いで浜イン。

うねりが入ってくるので多少やりづらいけど、私としては全然問題ないくらいで、いい感じの流れもあって、雰囲気だけは釣れそう。

サンダルもウェーダーもないけど、濡れても”さしし的にはオールオッケー”なのだが、波を読めば濡れるはずがない(フラグ)。

回収時に何故か波打ち際に生えているロープに引っかかり、波が引いていれば濡れないという神の試練みたいな位置。

そしてこんな時に限ってうねりがドンドン来ちゃう。──ハイ、浸かればいいわけですね。

ロープごと引っこ抜こうとしたら抜けず、仕方なしにプライヤーで引きちぎって脱出。膝下まで浸かってニッコリ。

雨が近づいてきましたよ?

三ヶ日の山がどんどん霞んでいき、とうとう雨雲メールも到着してヤバイなと。

雨が降っても涼しくてラッキーくらいなのだが、レーダーをみると「ゴパー」と降るタイプだし、釣具の補充も兼ねて15時過ぎにヤメ。

……したらそこだけ全然降らないというパターン。

そして釣る気マンマンだと逆にそれだけ釣れないパターン。

明日リベンジしてやるんだからねっ!

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!