「この魚なんていうんですか?」と聞かれる意外なヤツ

2016831tp121

今まで最も「この魚なんていうんですか?」と聞かれたのがこの魚。

意外といえば意外、だけど活きている姿を見るのも稀なので、知る機会も少ないのだろう。

スポンサーリンク

答えは「イシダイ」

サンバソウ」とか「クチグロ」とドヤ顔でいっちゃう人は、かなりの釣り脳である。

これらはいわゆる敬称なので、一般的な考えとしては間違った知識を植えることになってしまう。

海の賢者”とも呼ばれるイシダイは魚類でも頭のいい部類で、水族館のショーでも活躍することもある。

成魚になると釣るのも難しくなるが、まだ小型のうちは「ワーワーキャーキャー」と堤防周りで遊びまわり、エサ取りとして活発に釣れてきてくれる。

子供のうちは、どんな魚も無邪気でかわいいもの。

魚を誰よりも知ってそうで、誰よりも間違っているのが釣り人

「この魚なんていうんですか?」という問に対して私は、ムスカ風に答えている。

例:「”イシダイ”だよ。釣り人の間では”サンバソウ”とも呼ばれているがね

旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火だよ。ラーマヤーナではインドラの矢とも伝えているがね。

さりげに別名も解説してくれるムスカ大佐は、説明上手である。

出世魚の呼び方がマジでめんどくさい

静岡県は関東と東海の狭間に位置しているため、特に小さい「ブリ」の呼び方がカオス。

浜松では「アブコ」と呼ばれるし、中部以東では「イナダ」「ワカナゴ」「ワカシ」が入り乱れる。でも60cm以上になるとどこも「ワラサ」で統一される。

横に広い県のせいもあるけど、西部・中部・東部で方言も変化するため、100km離れればもう別の国の感覚。

まあ様々な名前があるわけですけど、これらは一応”和名”なので、間違いではありません。

でもテストの答えとなると、種の名前としての「ブリ」が選ばれるでしょう。

釣り人は魚を釣ることには興味があるが、魚自体に興味がある人って結構少ない。

自分のやっている釣りの範囲外はサッパリてのも多いし、メインターゲットが一番美味しい魚とも思い込んでいる。

漁師の次に密接な関係ながら、魚自体の知識がおろそかって、悲しいじゃないですか。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

「この魚なんていうんですか?」と聞かれる意外なヤツ
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク