メタルジグをシンペンにするとこうなる…を体現した「メタフラ」

2016905tp121

「Maria」から発売されているフラペンシリーズの新顔である「メタフラ」。

発売前から犬と猫のファーストコンタクト並で「なんだコイツ?」という感想でしたが、実際に触っても「なんだコイツ!?」としか言葉がでない。

今まで出会ったことがないタイプのルアー。

……なんだけど使い方は簡単。巻けばおk

スポンサーリンク

どれに似てるかといえばメタルバイブ

見た目からしてそうだけど、使い勝手としてもメタルバイブ(鉄板バイブ)に近い。

メタルジグと鉄板バイブを融合させて、いいとこ取りをしているかと思えば、そういうわけでもない(溜め)

メタルジグの視点からすれば──

弱点である泳ぎのアクションを克服し、フラップのおかげでなるたけ水平を維持しつつローリングを発生させる。

メタルバイブの視点からすれば──

波動が強すぎて魚を散らすイメージが強いけれど、これはマイルドなので初手に使うのも全然アリ。

見た目と触った印象は「メタルジグ」、投げると「バイブレーション」っぽく、巻けば「重いシンキングペンシルかHSミノーかな?」と、どれでもこなす平均的なオールラウンダーといえる。

懐のエッジはなんのためかと思ったら、フラップを可動させるためか。フラップが機能しないのではないかと疑っていたけれど、これがないと……フックが多いただのメタルジグになる(それはそれで)

人は未知に出会うと、言葉を失ってしまう。「よく考えましたなコレ」としかいいようがない。

ぶっ飛び君より下、スピンビームより上のレンジを狙いたい時に

大きさは62mmで、重さは32g。ひとことでいえば「”よくある”大きさ」

あらゆるフィッシュイーターに対して、大きさもレンジも合いやすい。ドン深ならば上層を通すこともできるし、ナブラに集まる青物も余裕で射程範囲になる。

飛距離もあいまって、広い空間で力を発揮するタイプ

特にサーフでは、例に出したルアーの対極で、ボーッと巻くだけで、それでは狙いにくいレンジを通せる

浮き上がりが早いから、数回巻いて1秒止める感じでレンジキープするといい。

40cmくらいに育った1年生のチーバスくんと、いろんな場所で戯れたい場合に持っておくのもあり。

余計なことを考えずただ巻いてメタフラを愛でよう

ロッドで動かす操作より、巻きのアクションであるローリングだけで十分に真価を発揮できるタイプ。だから、初心者にも扱いやすいメリットがある。

「適当に投げるじゃろ? ……数秒待って、このくらいで巻けば(たぶん)釣れるよ!」くらいで説明は十分なほど。

ジャークなど下手にアクションさせるとフラップが邪魔をするので、ねっとり巻いたり、速く巻いたり、メリハリよく動かしてあげたい。

「ジグ並の飛距離が欲しい場面だけど、レンジはなるべく上を通したい…」

そういうシチュエーションに答えるので、足場が高い港湾や、磯場のおヒラ様相手に用意しておいてもいいと思います。

アイの位置がもっと前だったら、”駄作”になっていたでしょうね。

デメリットは水洗いだけでは済まないメンテナンス

フラペンシリーズの難点は、なんといっても要のフラップにある

海水で使うと可動部が錆びやすいのは当然。長く使うためには、水洗いして乾燥後に注油して頂きたい。

リールのついでに注油する感覚でいいんじゃないかな。

仮にフラップが使えなくなったら、それを脱ぎ捨てて「ヒラ打ちメタルジグ」として利用しましょう。

【おまけ】MariaのHPが動的でイイ

スマホ閲覧が多くなった今、HPはどちらかといえばシンプルにまとめるほうが見やすい。

商品を紹介することを考えると、写真や動画を駆使した、動的なHPが情報を一度に集めやすい。

──が、デスクトップ向けになる。

釣りメーカーHPの中でもかなり丁寧に作られていて、デスクトップ表示は見やすい。

◯イワはシンプルなくせに、動的なここよりもクッソ重いのをなんとかしましょうYO。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

メタルジグをシンペンにするとこうなる…を体現した「メタフラ」
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク