iPhone7の防水機能は釣り人が思っているほど役に立たない

2016912tp201

『iPhone7』の機能の中でも「防水・防塵機能」が注目を浴びています。

ガラパゴス化した国内ではポピュラーな機能ですけど、この防水機能を未だに”勘違い”している人が多いと思う。

Apple側もそれを見越してか、ある規約も設けています。

スポンサーリンク

防水とはいったが完全防水とはいってない

”言葉遊び”みたいだけど、「防水・耐水・完全防水(耐水)」の違いはこんな感じ。

防水・耐水:ケース内に水が入らないとは言ってない

完全防水:ケース内に水は絶対に入らない

防水・耐水では端末内に液体が”侵入する”、完全防水では”侵入しない”──の違い。

防水だから海ポチャしても大丈夫だぜ!」、ってわけじゃないんです。

……ここを勘違いしていると、高くつきます

iPhone7の防水防塵性能はほぼ最高ランクのIP67だが…

「IP67」のうち、防塵の”6”は「砂漠でもオッケー♪」と塵すら通さない最高値です。

けれど、防水の”7”は最高よりひとつ下です。

防塵は別として、防水の”7”と”8”にはかなりの差があり、ここが「不完全」と「完全」の境界線。

”8”は端末内に水が侵入することがない「完全密閉」であること。

”7”はある条件下(一定の水圧と30分以内)で水の侵入を限りなくゼロにする不完全密閉」であること。

『iPhone7』の防水性能は、「水深1m以内に30分間浸けても大丈夫(かもしれない)」という意味。ホームボタンを感圧式にしたこと、イヤホンジャックを廃止したことで、耐水能力が向上したのでしょう。

──まあようするに、「完全防水」でない限り、水に浸けるのもかけるのもいいけど、あまり望ましくないとはいってるよ?(メーカーの代弁)、ってわけです。

Apple「水濡れによる損傷は保証の対象になりません。」

製品紹介ページの注釈にある言葉です。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。

メーカーでは”耐水性能”と明記されているように、「防水になった!」と情報が出回っているのは、完全なる先走りといえます。

”耐水”は「水をかけるくらいなら(ある程度)大丈夫だよ?」な程度で、これも防水とはまた違う意味になります。

……ややこしいけど、「完全防水」でなければ水が原因で壊れる可能性は十二分あるってことだけ覚えてください。

なので安心してくださいケースメーカーさん!釣り人に対しては完全防水の需要はまだあるんですよ!?

大きさも『iPhone6』からコンマ1~2mm大きくなった程度なので、6のケースなら流用も可能かと。

釣りで大敵なのは「塩」

個体の塩が端末内部に入ることはないけれど、接触部は剥き出しなので腐食には注意。

従来のiPhoneに比べれば、釣行後に”ざっと水洗いして即乾燥すればOK”の方法もとれます。

でも一緒にお風呂に入って、「今日のこと日記につけちゃお♡」はNGです。あと雨の中で剥き出しってのも無理でしょうね。

……別に難しく考える必要はありません。

以前よりちょっと水属性寄りになった」程度で、本質的には”水は大敵”であることには変わりがないわけです。

こちらの記事をある程度参考にしました。

かなり詳しく書かれているので、”防水性能”を信じすぎている人は熟読しておくといいかと。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

iPhone7の防水機能は釣り人が思っているほど役に立たない
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク