帰宅時に豪雨パターン(3ヶ月振り2度目)in焼津

2016913tp121

濡れた道具は大事に、衣類は雑に片付けを終え、……ふと気づいた。

「デジャブ、感じない?」

3ヶ月前のログと今を比べると、”スケールがでかくなった”釣行だった(自然現象的な意味で)。

この前のリニューアルで、釣りログを「釣れた日記」と「釣れない日記」、タグによって分けています。

今回の記事でちょうど計70回。そして「35:35」とピッタリでございます。移行してぼちぼち1年なので、平均すれば”一週間に1回以上は釣りしている”結果。……意外と行っているんだなって。

いや~”釣れない”方がブッチ切ってると思っていましたけれど、イーブンとは意外ですね。

スポンサーリンク

合理的にベスト時合を待ちつつも同時に釣りを諦めようとするスケジュール管理ジツ

本日は中潮。おまけに夜間は潮が動く時期でもないので、”ベスト”となるとAM5時過ぎの下げ3狙いになる。それただの朝マヅメやん?

出られるのは早くて19時頃。23時を超えると「面倒くさい」が勝るし、わざわざ潮が止まっている時に知っている場所に行くのもなぁと微妙なタイミングのため、釣りをした場合、釣果も関係なしに気持ちよく帰れるタイミングを考える。

朝マズ突入すると雨が強いだろうし、「折角来れたのに…」とメンタルがバッキバキにされそうだから、いつも通り短時間のヒット(しない)&アウェイかな。

仮眠して日付が変わる頃に出発するのもいいけど、街が寝てからドライブしてもつまらない。そんな時間に出ても明かりが点いているのはコンビニかファミレス、めっちゃ早く飯が出てくるところくらい。

22時頃まではほとんどの飲食店が営業しているので、よくわからない道を通って、郊外でなんかよさ気な店を見つけるのが好きだったり。

自分で運転した道の記憶力は抜群だけど、助手席に乗っている時など任意で移動されると全然覚えなかったりする。

仮眠に充てる時間を読書をしたりブログをリファインしたりしてもいいのだが、逆に熱中して「釣り行くの、めんどくせえな」になったことも多々。

じゃあどうしましょうかねぇ……、『君の名は。』のOPでも焼き付けに行こうかねぇ(?)。

さししくんの完璧なスケジュール管理

(ららぽーと磐田なら、適度なドライブに東へのアクセス、濡れずに入場できるし完璧やな)

(上映終了の23時頃には雨が降っているはずだから、その強弱と行き先の状況で行くか帰るか決めよう)

(それから向こうに着けばAM1時前、3時間やって帰る、閉廷!三葉チャン訛りかわいい!!)

2016913tp122

そんなわけで3回目の視聴にきていた。

ここまでハマった要因を考えるに、ストーリーは当然のことながら、やっぱり”音楽”だろうなぁと思う。エンタメとしての総合能力が抜群に高すぎるため、家の小さいテレビにヘッドホンだと、「アジが味気ナス」と感じるかもしれないから。円盤発売に合わせてシアターセットを導入しようかなと考えているレベル。

ヘッドホンに包まれているような感覚は、やっぱり劇場じゃないと味わえない。家で体に音圧を感じる程で視聴すると、呼び鈴連打されること請け合いですし……。

あと大人ver.三葉の髪型がリアルでもとても好きなんです!(重要)

この映画を見て気づいたことは、中身は野郎だけど女性が自分のおっぱいを揉むシーン(計3回)は女性にウケているということだった。

ということは、女性の観点からしてもその行為は”可笑しく”映るってことだろうか。女性のほうが”感情表現が豊かな視聴スタイル”だからリアクションを取るともいえるけど、「ブヒィ!」とか「デュフw」など家畜ボイスが入り乱れる客層ではないのは明らかである(やだそれコワイ)。

まあ仮に姉や妹がいたとして、毎朝揉んでいたら「ぶっちぎりでイカれた女」か「あっ…(察し)」と思うでしょう。

防災サイレンが鳴ったところから、曲と映像と構成で何度でも泣けてまうわ……。

浜北サンストリートよりららぽーとの方がスクリーンが綺麗ですね。まだ見るならこっちのがいいなぁ。

雨は降っていたが磐田周辺だけだった

「さしし の あまごい !」(パッシブスキル)

外に出ると、濡れている駐車場が目に入った。

雨雲レーダーを見たら浜松~磐田にかかっているだけなので、釣りにおける自分の雨雲誘引率は”自然現象”としかいいようがない。

……これから東にいくけど、焼津の皆さん待ってて!降らせに行くからね!

焼津に着いたら常夜灯下にはアジがイパーイ

雨はまだ降っていない。けれど、時間の問題。

照らされた水中には、15cmくらいに育ったアジが無数にいる。以前にみた豆さんが育ったと考えると、時間の進みを体感する。

「サビキやってるほうがいいんじゃないかな…」、だけど今日はそれを持ってきていないので、いつも通りルアーを投げましょう。

ゴミは多いけどやれないわけじゃない。

ベイトはいるけどボイルしているわけじゃない。

……釣れる気が今日もしないけど、ヒュンヒュン竿を振る。一応常夜灯下で50cmくらいのシーバスくんは見ているんですけど、あれがどこにでも居るかとなると話が別だしねぇ。

雨がちょい強くなりだして人気がなくなった頃。

潮が流れだし、雨という音消しも手伝って、ようやく出てきてくれそうな条件が整った時──

ゴン」、おぉぅ?ゴミじゃない魚だな……、ちょっと止めてクイクイ「ゴッ、グイッ」。

いただきまーす!と合わせたらドラグが「ジャゴー」。こんなに緩くしてないはずなのに、だめっ!あの子まで力が届かない!このままじゃ取り返しがつかないことになっちゃう!!

ドラグを締める前にエラ洗いで飛び出して見事に外されたけど、せいぜい30cmくらいだったから、まあいいや(震え声)。

でもあのサイズだと、たまたまデカイアジという可能性もあるんだよなぁ。

潮がガンガン動き出す3時過ぎ……なのに今日は全然流れない。むしろさっきより止まった感じがする。

雨もいい加減強くなってきたし、希望がないから別の常夜灯をやってみよう──着いたらなんか銅像がおるぅ。アオサギ先輩だった。

そして海を見ると、あんなにいたアジ達が居なくなっていた。

先輩、口を出しましたね(物理)?

雨で前が見えなくなると笑って誤魔化すタイプ

車に戻って積み込んで着替えてからボーッとしていると、パラリンピック中継のラジオから「静岡県に竜巻注意報が──」との報。えっ?と雨雲レーダーを見ると、お家の周辺が真っ赤な雲に覆われていた。

まずいですよ!ここまでなるとは思わずほんの少し窓を開けて来たじゃないですか!突風が来ると窓パリンチャンスがあるじゃないですか!

よし帰ろう、すぐ帰ろう……!

掛川辺りから雨がヤバくなる。

60kmでワイパー兄貴の全力スイングでも間に合わないレベルに達したので、とりあえず笑う。水たまりにポンと乗ってタイヤが浮く、ハンドルが取られる、とりあえず笑う。雨が弱まって平和になる、そして真顔である

どうしようもない体験をした時、出せるのは笑顔なのかもしれない。

こんな状況だけどアゲアゲで楽しんでくれよぉ↑↑」と音楽ガンガンのパリピー体験をしていると、路面の大きな水たまりを油断から見逃して僕の時間がここで止まりそう。だから、あえて音量を上げている音楽も耳に入ってこない。仮にホテル近くで「ねぇ休憩していかない…?」と耳元甘々ボイスで囁かれても、「あぁん!?あっ、えっマジ?、アーッ!(破壊音)」となって2人の時間が止まりそうである。

今年ベスト3に入る運転時の集中っぷりを発揮していたのだが、浜松に入ると今度は雷が。進行方向なので、これは荷物降ろす時に豪雨にハマるパターンか……。

そして無事、家に着きました。けど豪雨です。これが3時間続くと川の周辺で避難指示が出そうなほど。

1時間待っていれば収まりそうだし後で片付ければいいかと、まずは室内の状況を確認。

(窓ガラスの状況から見て降り込んだだろうけど)うん、大丈夫!乾いている。

大雨洪水警報を確認してから雨が止んで、道具を降ろすついでにプラゴミを捨てにいったら、周囲が池だらけになっていました。去年の浜松豪雨では家の周りはあまり降らなかったからなぁ、ここが水没するのかとなんだか新鮮。

道中では「雨雲と時間のわりに冠水してないな?」と思っていたけど、溢れだしたのが私が帰ってきたタイミングってことか。

悪天候を呼びこむことは得意だけど、最悪な状況から抜け出せる能力も得意なのかもしれない。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

帰宅時に豪雨パターン(3ヶ月振り2度目)in焼津
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
中小企業診断士
スポンサーリンク