強風のキスパターンにおすすめの「鉄PAN LONG」

2016924tp201

これからの遠州灘サーフは11月頃まで”キスパターン”が見えてくる。

海底を這うように泳ぐ魚なので、必然的にHSミノーやレンジバイブなど、重めのプラグで底を通すことになるけれど……。

それらよりもJacksonの「鉄PAN LONG」が安くておすすめ。

スポンサーリンク

底を舐めるようにリトリーブする練習にもなる

バイブレーションプラグは上に引っ張られる時の抵抗力で本体が震えるわけで、それを感じさせないようゆっくり巻くと振動しない。ということは、その境界線で巻けば任意のレンジを通すこともできるわけです。”レンジバイブ”といわれるのもそういうこと。

HSミノーもメタルジグも実は浮き上がりやすく、底を舐めるように巻くとなると結構難しい。なのでこれらのルアーでは、「ストップ&ゴー」がメソッドとして推奨されやすい。

そうすることで、底から”付かず離れず”でリトリーブしやすいから、ヒラメのレンジから外れにくくなる。

鉄PAN LONG」は”35g”と重めだけど、おかげで底を取りやすい。

波動もドギツイほどじゃないにしろ、”巻いている感覚”は解りやすいので、「あっ、これより巻くと浮かびあがりそう」の感覚を鍛えるのに向いています。なので真横に通せることに慣れると──、

2016924tp202

ボトムの凸凹がわかるようになります。巻きで「ぶるぶる」する物であれば、メタルジグでもわかりやすい。ハードプラグでこれがわかりにくいのは、比重が軽く伝導が悪いから。あとはリップのせいともいえる。

ゴロタ石が眠る場所などでは、ただの自滅行為。そういう場所で凹凸を調べたいときは、フックを外したメタルジグか”ただの鉛”がおすすめ。

重ければ飛ぶってもんじゃない

鉄板バイブは重量バランスが前寄りになるから、重さのわりに意外と飛距離は伸びません。それを補う利点は、強風時でも同サイズのプラグ系ルアーより飛ぶ点。これが実は宝刀にもなる。

遠浅で11cmのメタルジグを使う場合、だいたい”80g前後”になってしまう。それだと底を叩きすぎるし、動きも早くなりやすく、見切られにくいが食わせにくい。また同じ大きさのプラグだと、風の抵抗で飛びにくいし、ラインが煽られて浮きやすい難点がある。

鉄板バイブなら、プラグよりはまだ風の抵抗は受けにくく飛ばしやすいし、ラインが煽られても”浮くのを”ルアーの特性が抑制してくれるので、荒天時には”伝家の宝刀”になります。

そういう時は”ラインのたるみ”をコントロールするだけで、「浮かさず沈ませすぎず」もできちゃったりする。

レンジをコントロールすることに慣れると、非常に使い勝手が良くなるのが、”鉄板系バイブレーション”といえます。

でも弱点は”横風”です。真横からの風では、バランスが崩れてフックがラインに絡まりやすくなったり、思うほど飛ばなかったりする弊害があります。地味にこれが「イラッ」とくる。

秋~冬サーフのシーバスとヒラメに対応できる

晩秋では産卵に向かうシーバスを、上層の早巻きで引き出せやすい。

この時は丁度季節風が強くなりだす時期なので、鉄板バイブ系は大きさ問わずに仕込んでおくと幸せになれます。

これから冬にかけては、15cmくらいベイトが大半になりやすく、それに伴ってルアーも大型化してもOKになる。

ヒラメの場合はまず底につけるところから、「ゴリゴリッ」と早く巻いて落とすの繰り返しや、等深をまったり引いて待つのもアリです。先に紹介した方法で底の形状を知っている場合、駆け上がり部分では「ゴリゴリッ」と早めに巻くほうがいいです。

・(Jackson)鉄PAN LONG

・weit 35g length 115mm

なんといっても、低価格帯なのが嬉しい。

でも鉄板バイブばかりケースに入れると、めちゃ重くなるだけなのでほどほどにしておきましょう。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

強風のキスパターンにおすすめの「鉄PAN LONG」
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク