当たり障りのない「クセのない白身」というコメントを解き明かす

20161021tp111

クセのない白身”ってなんだろう……。それって「味がない」ことじゃないのか?

よくいわれる「クセがなく美味しい!」というコメントは、「特に褒めることがないけど体裁として褒めたい」時に使われる感じ。

「えーあー、うん、美味しかったよ(泳ぎ目)」となる、”印象に残らない味”が該当すると、個人的に思っている。

でもマズイわけじゃあない。

こちらから手を加えることによって、いくらでも美味しくできるのが、クセのない相手の柔軟なところ。

でも……そんな魚居るのかい?

そうGoogle先生に聞いてみたところ、意外な魚が登場することとなる。

スポンサーリンク

近年のベストオブ・クセのない白身魚は”パンガシウス”

パンガシウス」とは、ナマズ目で特に東南アジアで養殖が盛んな淡水魚。

1mを超えるほど成長するため、切り身となると単価が安く手に入りやすい。

日本では主に「白身魚のフライ」に使われ、往年の謎魚「メルルーサ」にとってかわる、”よくわかんないけど美味いフライ”の代表となっている。

安価な弁当に使われる”白身魚のフライ”は、タラ目とナマズ目が大半を占める。

どちらも「クセのない白身」の代表格であり、生鮮として見かけることは少ないが、加工品として主に流通している。

ちなみにマクドナルドのフィレオフィッシュには、”スケソウダラ”が使われている。

逆にクセのある白身の魚って?

身は白いけど血合いが多い「青魚」が該当する。「サバ」「アジ」「イワシ」とか、「サンマ」や「サワラ」もそれに当たる。

これらは目を瞑っていても、食べ比べることができるほど特徴がある。

味のクセを決定付けるのは””。

天然物のほうが脂肪分が少なく、知らない人にとっては淡白に感じて、おいしく感じないかもしれない。

養殖物は脂肪を蓄えやすく、脂の多さで一口目のインパクトは絶大だが、量をとるとクドく感じる。

20161021tp112

これは天然と養殖のマダイを食べ比べるとわかりやすい。

刺身では歯ごたえのある天然だが、煮たりする加熱調理となると、脂のある養殖のほうが美味しく感じやすい。

なので「釣った魚」であれば、最も最適な食べ方は”刺身”になるかもしれない。

釣り人は”脳死プレイ”のように刺身にしたがるが、それは特権ともいえる。

とはいえ、絶対的なプロに敵わないのが、単純にみえる刺身の奥深さでもある。

中年男性の2大悩み!ズキズキ・ドロドロをケアする【糖通打破】

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク