【Mキャロ】キャロライナリグで狙う港内タチウオのワーミング

20161024tp111

「陸からタチウオを釣りたい! ただしルアーで!」

……となれば、大抵の人はワインドとジギングが真っ先に浮かぶだろう。

これでぽこぽこ釣れやすいのは群れが入っている時くらい。時間効率はいいが、居るか居ないかわからない1匹を引き出すには速すぎる嫌いがある。

駿河湾の陸っぱりはまだハイシーズンじゃないけれど、そんな時でも結果を出しているのが「キャロライナリグ」のワーミング。

TICTのMキャロを使用した「サーベルキャロ釣法」が、にわかに流行するかもしれない。

スポンサーリンク

キャロライナリグを使うことのメリット

ジグヘッドやメタルジグなどでリグの先端を重くすると、水中での動き方はキビキビと上下に動く。これはゆっくり巻いても同じ。

ようするに、水平に巻くことが難しい。また柔らかく自然に動くワームを抑制してしまう弊害もある。

キャロライナリグは、これとは対称の性質を持ち合わせている。

ノーシンカーでするワーミングは「フィネス」と呼ばれるが、キャロライナリグはその弱点を消した物。

ルアーの前に独立した中通しオモリをつけ、先端より中間部を重くすることにより、全体の抵抗によってゆっくりフォールさせることができるし、オモリから先は限りなく自然な動きを表現できる。

最もたる利点は、水平に巻くことが可能になること。フィネスより底をとりやすく、海底でねっとりをルアーを見せることも可能になる。

”水平に引ける”ということは、均一のレンジ攻略に効果を発揮する

タチウオの習性からして、底べったりよりも1mは上に口があるから、ここでじっくり見せることのできるキャロライナリグは、有効な手段だとわかると思う。

そのシステムを簡易的に作れる「Mキャロ」はアジングにおいて、「遠くを狙うため」の物と思われがち。そして、アジだけでしか発揮しないとも思われている。

エサでもルアーでも、魚がアタックしてきやすいのは圧倒的にフォール時が多い。

その時間を長く取れるMキャロは、理に叶っているリグの1つだというのに……。

Mキャロで狙う陸っぱりタチウオのススメ

キャロライナリグを使用したワーミングの利点は先に挙げたとおり、水平を攻めることと、ゆっくりとしたフォールでの食わせ。

ハイシーズンで群れが入っている時は、とにかく口元に持っていけばいい話だから、重いジグヘッドでとっとと落とし、「ハムっ」としたところをジャークで合わせるほうが手っ取り早い。

ワインドで狙うことは、カツオの一本釣りを想像してもらうとわかりやすいかも。

Mキャロで狙うタチウオは、シーズンの境界線に有効で、数は居ないけどどこかで釣れているような時期。つまりは低活性時がメインとなる。

有り体にいえば、「カマスやシーバスを狙うついでに、タチウオを探索してみよう!」、なんて時にオススメ。

 

Mキャロはリグ全体のバランスが最重要!

キャロライナリグの押さえるべきポイントは”バランス”。

シンカーよりルアーを軽くしないと、折角の自然なフォールドが阻害されてしまう。

20161024tp112

リグの先端にかける負荷は、Mキャロの「マイナス3g前後」が望ましい。

ここで問題点になるのが、タチウオ用のジグヘッドとなると、10g超くらいしか存在しないこと。

Mキャロが4~11gのラインナップなので、ワームを含む重量は10g以下が望ましい。

ワームフックを結んでオモリをかました簡易ジグヘッドでもいい話だし安くなる。けれど、ジグヘッドを使用するとなれば──

シーバス用かこれかな。ワームフックだけを変えれる同社の「Slidin’ Head Heavy」もおすすめ。

カーブフォールが命のMキャロサーベル釣法

20161024tp113

http://tict-net.com/product/mcaro.html

Mキャロの生命線は”フォール”。

相対的に時間のかかるメソッドになるし、水深のあるポイントを狙うため、短気には向いていない。

キャスト精度が高いほど向いている。フルキャストしてボトムまでの時間を計測したら、あとは距離とレンジを刻むだけ。

100%でキャストして反応がなければ次は90%で、あとは10%刻みで手前へ投げる。

10秒のフォールで反応がなければ次は9秒で、秒刻みでレンジを探っていく。

それでも反応がなければ、リグのバランスを見直して速く落とすか遅く落とすか考えたり、ワームのカラーを考えたり移動する感じでいい。

Mキャロサーベルは低活性時の”漂っているだけのタチウオ向け”のリグ。

なので、ワインドやジギングの方が釣れているのであれば、早い動きの”リアクション”に反応しているわけだから、頭を切り替えること。

そんな時のために、1/2ozのワインド用ジグヘッドも用意しておけば、Mキャロを付けたままでも対応できる。

向いてるワームは3インチ以内。他にもラバージグや小型シンペンも使える魅力がある

ワームのサイズは3インチで9cm以内ってところ。フックサイズから考えると、6cmがベストマッチかと。

ピンテールのワインド向けのワームがそのまま使えるし、アピールを強めたいならシャッドを使ってみるのもいい。

ライトソルトの最終兵器である「アイスジグ」を使うのにもオススメ。

小型のミノーを遠くに飛ばして、ちょっと沈めて高速巻きするほうが、カマスや小型シーバスは好反応する時もある。

6cm台のシンペンとなると飛距離がネックになるので、それを使うバランスも良くなる。

軽いルアーを使いやすくできるし、伴って組み合わせが広がっていくのも、Mキャロの魅力だと思う。

タックルバランスは中型シーバス用で十分

20161024tp114

特別長いロッドを使う理由もないし、硬いのを選ぶ必要もない。シーバス用の「ML~Mの8ftクラス」で十分。

ただしタモを使わずぶち抜くことを視野に入れるなら、水面まで6mとか高い堤防の場合は「Mクラス以上9ft」が望ましい。

リールは3000番のライトソルト向けで十分。

巻きやすいエギング向けのダブルハンドルで丁度いいくらい。

メインラインはPE1号前後。

リーダーは30lbだろうがタチウオの歯がまともに当たると切ってしまうので、Mキャロを繋ぐ箇所を25lb、ジグヘッドを繋ぐ部分を20~25lbにするかワイヤーを使用する。

不安であれば、夜光ビニールパイプなどで先端部を保護しつつ集魚を狙うのもいい。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク