リーダー長くとりすぎたマンin浜松サーフ

20151111top20

残り少しのリーダーを使いきろうとして結んだら、おおよそ2mくらいあった件。

いつものタラシより若干長いので、どうしてもガイドに結び目が入って「カツッ」となることがある。

ノットがガイドに当たらずキャストできた時が気持ちいいんすよ(小並)。

スポンサーリンク

今日も今日とて、固定砲台の修行スタイル

夜明け頃に来てみたものの、『約束された固定砲台』という状況。間に入るのも微妙な間隔で並ぶアングラー達。

「もし魚がかかったら、どちらかに走られると終わる場所」は空いてたのでイン。

大丈夫、問題ない。かからないから

下げ始めは特に関係なく、雨の後だし河川も近いので濁り気味。水温もあまり変化しておらず、居れば食ってくるだろうという状況。

あと5mくらい横に移動すればパラダイスな気がするのに、8時くらいになっても隣の人だけは止めなかった。これも俺にかけられた呪いの一種だろうか。

探り歩くにしてもイシモチ狙いがそこそこいるし、面倒なのでなるようになれだ。

カマスとコノシロが跳ねているのは見たし、100m以内の底狙いはさんざんやったので、1時間が過ぎた頃から中層上をしゃくる。

潮の通り道だからワンチャンあるだろうけど、その部分に微々たる時間しか通せないのが難点。竿が10mくらいあればいい感じで通せるのに、なんでこいつは4mないくらいなのだろう(理不尽なDis)。

上がり1時間前、潮が大きく動き始めるタイミングでちょいと移動。

一投目で「なんでそこで根掛かりするのかな?」という所で”地球の一部”にガッツリフッキング。自作アシストの強度に舌を巻かざるをえない。

ノットの上から逝ってしまわれたので泣く泣く組み直し、そこを外しても次でまた根掛かるというね。「呪いはあると思いますか?」というアンケートがあったら100票くらい自演で入れたい気分。フックが曲がってくれたおかげでなんとか回収成功。

気を取り直してちょっと移動した先、レンジバイブでは当たるものの乗らず、他の物には目もくれないお手上げ状態。

2回の釣行で根掛かる理由がよくわからない場所で、3個も失うとさすがに凹みますね。海さんごめんなさい、フックボロボロにして外して岸に流れ着いてください。

2015111120

呪いがかけられている感をひしひしと感じるので、道すがらに神頼みしてみました。

ランダムだけど百度参りしちゃうゾ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

リーダー長くとりすぎたマンin浜松サーフ
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
花粉2016
スポンサーリンク