【マグナムスプーン】厳寒期のソルトゲームでコノシロパターンを攻略する大型スプーンが流行りそう

20161128tp111

冬が寒いのは当たり前ですが、何故そんな時でも、アングラーは海へ向かうのか──

それは、デカイ奴(ランカー)を狙い撃てるから!

厳寒期の代表はコノシロパターン。30cm近いコノシロをバックバック食べるシーバスやヒラメを狙い撃てるため、冬はビッグベイトが熱い

──のだが、難点はルアーの重さと大きさにある。

ところがタックルの進化により、「ビッグベイトでも余裕で振れるし操作もできる」ようなロッドが多くなった。

今まではバスでポピュラーだったビッグベイト。

だが今冬はソルトが熱く、20cmもある大型スプーン『マグナムスプーン』が登場しはじめる。

スポンサーリンク

マグナムスプーンはバスフィッシングがリードする

ルアーフィッシングにおいて日本は後発組であるし、流行のリードはやはりアメリカにある。

数年前にバストーナメントの上位者のほとんどが使用してたと話題になったマグナムスプーン

8インチあるスプーンは異様に映るが、その効果は結果が物語っている

日本のソルト界隈でも、最近は大型スプーンの開発記を目にする。

焦点となるのは冬のコノシロパターン

同サイズのプラグよりコストダウンでき、飛距離とアクションの両立、コノシロパターンの周知でユーザーのタックルがそこに追いついたわけである。

サーフルアーでマグナムスプーンを使うための基礎知識

サーフはルアーフィッシングでも比較的重めを使うと思われている──が、視野を広くすればそうでもない。

サーフのヒラメ用ルアーで60g以上なんてないし、大抵30g前後に収まる。

これが枷となり、紹介するスプーンを扱えるタックルを持つサーフルアーメンは、3割居れば多いほうじゃないかな?

マグナムスプーンは2oz(56.7g)が当たり前のビッグなスプーン

でもこれは小さい方で、平均は80gほどになるから、投げれるロッドは10ftが多いサーフ専用モデルでは存在しない。

投げれないわけでもないが、操作性を兼ねたいとなると、その長さにするメリットもない。

ようするに「流行に乗るぜ!」でルアーだけ買っても、タックル総買い替えで「お買上げアリシャス!」であることを知っていただきたい。

今回の記事はサーフルアーに限定して、マグナムな重さと大きさのルアーを扱うための下準備の話になる。

ということで、「コノシロパターンを狙い撃つビッグベイトやマグナムスプーンを扱うにはどうしたらいいか?」についてまとめてみる。

【タックル選び】マグナムスプーンの難点は重さと大きさにある

この記事で取り上げているロッドでも、ビッグベイトに向いているロッドはごく一部。

それに対して10ftはハッキリいって長すぎる部類。ビッグベイト設計のロッドは7~8ft台が標準。

ボートがメインのバスで流行ったのだから、それに合わせたロッドが多いのは当然のこと。

アメリカのマグナムスプーンは……とても、大きいです……。

200mmは当たり前、3oz──4oz(113g)以上の物だってある。

この大きさは想像しにくいだろうので、身近な物で例えると、500mlペットボトルと同じ大きさのスプーンがマグナムスプーンです。

大谷投手に全力投球されると、体に風穴が開いちゃうレベル。

ジョイクロ178(48g)で重いというようじゃマグナムスプーンは扱えない

DAIWA : モアザン SB-スプーン – Web site

今冬発売予定のDAIWA『モアザン SB-スプーン』は、115mm35gと170mm73gのモデルがある。

115mmなら従来のサーフモデルで十分だが、170mmをNESSAで投げればへし折れる可能性は十分高い(熱い風評被害)

もともとDAIWAにはD-スプーンがあるし、SB-スプーンはぶっちゃけそれを多少変えた程度(暴露)

で、今国内にあるマグナムスプーンはほぼ全て輸入品。

アメリカンなサイズで、それゆえにデカイのである。

「9インチです。余裕の大きさだ、本場は違いますよ」

まあこれは密林レビューにあるように、国内の湖では大きすぎる部類。ロクマル以上が多い琵琶湖でようやくのクラスになる。

けれど、海ではマッチザベイトするシチュエーションとシーズンが多い。それがコノシロパターンとなる

シーバス界では20cm前後のマグナムスプーンの開発が熱いそうなので、その辺のサイズがぽこぽこ発売されると思っている。

このくらいが主に発売されるんじゃないかな? 180mm80gあたりがソルト用マグナムスプーンとして基準になると思う。

それ以下なら、”マグナム”と呼ぶ必要はなくない?

最低でもルアーウェイト100gを許容するロッドが欲しい

となると現状では、磯で使う「ロックショアキャスティング向けのロッド」になる。磯では長めが有利だし、10ftクラスのロッドも弾数はあるほう。

最高クラスで望むなら、ヤマガブランクスのブルースナイパー106PSや、MCworksのRagingbullシリーズみたいなスペックが欲しい。

100g超のウェイトを余裕で投げつつ10kgの青物とガチンコできて、たまに根魚を引き出す遊び心。

でもまあ──高価になってしまう。

別に最高じゃなくとも、投げて魚を掛けるだけなら、100gを許容しつつ長めのロッドを選べばいいだけ

『ジグキャスター106H』は1万円台で120gも投げれるから、試しに使ってみるのにいい。

SB-スプーン170を扱うのはこのくらいで十分、だけど──

マグナムスプーンの性質を知ろう

大型のスプーンは当然重く、幅広となれば抵抗も増大するし、アクションでロッドに負荷がかかりやすい。

この辺りを詳しく解説しているのはこちらのサイト。

秦拓馬プロが実釣でやっているリフト&フォールを、10ft台のロッドでやるのは正直ツライ。

100gのメタルジグで同様のことはやれるけど、抵抗が増えるスプーンで常にやるのは、ベイトモデルに比べてグリップエンドが長くなるスピニングモデルではやり辛く、どうしてもストレスがたまる。

専用モデルが出れば変わるけど、ビッグベイトパターンに合わせた時合狙いになるから、サーフだと「まずは投げる」で深く考えなくてもいいかと。

何故マグナムスプーンでロッド操作が重要視されるかというと、スプーンはアクションの自由度が非常に高いから。

レンジを一定に引くタダ巻きから、激しいジャークまで対応するロッドがあれば、魚にアプローチする方法も増えていく。

100gでもジャークで曲がりすぎず、確実にスプーンをリフトしつつ、魚のトルクに負けない──そんなワガママなロッドが要求される。

それを満たしたロッドもあるところにはある。

ユーザーは対象魚とポイントに合うモデルじゃないと、それが発揮されないと思い込んでいるし、他の魚へ目を向けないから視野が狭くなる。

深く考えずに、デカイ魚とルアーを使うなら、それを使えるタックルをスペックから選べばいいだけの話。

ルアーの起源でもある万能なスプーンのアクションに死角なし

サーフヒラメでスプーンは周知されているほう。

難点があるとすれば、幅広なので波に乗りやすい点──ようするに、アクションが瓦解しやすい

それもひとつのメリットだが、今までせいぜい30gだったので、その難点に気づかず、「釣れるけどこれより使いやすいメタルジグかHSミノーでよくない?」という理由から存在は薄かった。

それもサイズを上げることで逆転する。

20161127tp112

ただ巻きで同一レンジで魚を探す作業もこなすし、リフト&フォールでの不規則なフラッシングは、他のルアーには真似できない。重量で流れに負けないし底も取りやすい。

ただ重さのわりに飛ばせないのが難点だが……。マグナムスプーンは、座布団キラーとなる素質を持っているわけである。

サーフヒラメでメタルジグが流行ったが、その大人しい動きで引き出せる魚も減ってきている。

単純にいうと、アングラーも多いしみんな使うからヒラメも見飽きているわけ──。

誰も釣れていない状況で魚を引き出す人って、大抵他の人とは違うサイズやタイプのルアーを使っているものですよ?

リールは中堅クラスの4000番で十分

ベストマッチするリールは、ストラディック 4000HGMくらいのスペック。

2万円台ならルアーの重さと抵抗で「ハンドル重い!」なんてこともなくなる。

「ハイギアはパワーがない」といわれるけど、この値段ともなれば差はなく、ワンピッチジャークをする場合にはハイギアが絶対役に立つ

カゴに入れられている安物のリールでは、負荷をかけすぎるとハンドルがもげたりする。

高いリールは剛性が確約されているので、重いルアーと大きな魚に対峙するためのチケット代といえる。

【まとめ】次のフィッシングショーでソルトのマグナムスプーンが話題にならなければソルト業界が終わってる

マグナムスプーンは実際に使っている人もチラホラ。大きいシーバスを釣ったりと結果は出ています。

アメリカのバスフィッシングでこれが流行ったのは2年ちょい前。日本で発売されはじめたのは1年ほど前です。

「デカイ」「オモイ」「アタラシイ」でまとめると──

  • 「デカイ」からビッグベイトを食べているランカーサイズを狙い撃ち! 冬期に合う!
  • 「オモイ」からサーフの波と流れに負けず底をとれる。よってヒラメへのアクセスも抜群!
  • 「アタラシイ」においては、まだこれからなので、実際に使って結果を出せば余裕でテスターになれるかも? あと魚がこれに対してスレてない。

ってところです。

小さいルアー使って小さいヒラメをいちいち「ソゲ(笑)」っていうくらいなら、20cmのルアーを使って小さい魚をシャットアウトしてみたら? って思う。

魚のサイズを追い求めるスタイルなら尚更です。

それとは別に、次回のフィッシングショーでメーカーがそれなりにこれを話題にしなければ……物を売ることに必至になりすぎて、新しさがない腐った企業だらけだと感じてしまいます。

村岡昌憲プロがこの記事でポロッといってるように、デカイスプーンはシーズン的にもこれからが合います。

シーバスルアーはもともとブラックバスからはじまった物なので、フレッシュだろうがソルトだろうが、水質で浮力がどうのこうのいっても、沈むルアーなら関係ない。

試そうとしなければ、新しい物は生まれないわけです。

「あんなクソデカイスプーンで釣れるわけないだろ…」ってのが、マグナムスプーンを目にした人たちの感想でした。

しかしバストーナメント最終戦で、入賞アングラーの大半が使用していたこのデカイスプーンが話題となって、日本のバスフィッシングにも輸入され、このたびソルトも注目しだしました。

フックを増やしただけのジグで満足してんじゃないぞと。デカイ魚だけ狙えるルアーもありゃいいじゃないかと。

良くも悪くも”万能受け”を狙いすぎて、製品は日進月歩じゃなく旧態依然です。

その中で良い悪いをユーザーが背比べしているだけだから、プロの構想が受け入れられず、無難な物しか生まれていない気がします。

メガバスのEELERみたいな、

「泳いでたウナギをパクッとしたもんだからさ、俺の好みで試しに作ってみたら釣れたけど、一般受けしそうもないし──どうする? やっちゃう?」

そんな誰得の尖っている製品が出てくれてもいいと思うんだ……。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

【マグナムスプーン】厳寒期のソルトゲームでコノシロパターンを攻略する大型スプーンが流行りそう
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
マウンテンシティ
スポンサーリンク